Science and Technology

しっかりしろ! - ビアグラス

9月
23

どんな種類のグラスから飲むかで、どれだけ早く飲むかが予測できる

「まっすぐなグラスにしますか、それともジャグにしますか?」というのは、かつては英国のパブの客がパイントを頼むときに一般的だった反応だ。ゆで卵は尖った方かそれとも丸い方から割るべきかを議論した「ガリヴァー旅行記」のリリパット人のように、ビール愛好家は、彼らの好きな形のグラスで飲むときにその酒が最もおいしいということに断固としていた。

まっすぐなグラス、時には唇の少し下に膨らみを持っているものは、かなり勝利を得ている。ジャグ、取っ手のついたずんぐりとしたへこんだ円柱のグラス、は、今では珍しい。しかし、それはたぶん、まっすぐなグラスの愛好家がその仲間に彼らの見かたの美徳を説得したためと言うよりもむしろ、その方がバーの店員が集めて重ねるのが簡単だからだろう。にもかかわらず、ビアグラスの形は、問題だ。ブリストル大学の研究者グループが、それが人がどれだけ早く飲むかを規制しうると示しているからだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

狂った考え? - 宇宙リフト

9月
23

月面へのリフトを作ることは、定期的な訪問を可能にするかもしれない

8月25日に亡くなったニール・アームストロングが人類にとっての大きな一歩を踏み出したとき、彼は月探査モジュールとして知られる型の一回限りの宇宙船であるイーグルからそうした。アームストロング氏とその協同飛行士のバズ・アルドリンを月軌道から月面へ100キロ往復する仕事をしたイーグルは、軌道上で彼らを待ちはるばる地球までほぼ40万キロの旅をした指令サーヴィスモジュールのほぼ半分の重さだった。指令サーヴィスモジュールの上の月モジュールの重さが、なぜアポロの宇宙飛行士たちを宇宙に飛ばしたサターンⅤロケットが、今まで飛んだ中で最も高く、重く、そして最も強力を必要とし、その記録が依然として保持されているかの主な理由だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

多かれ少なかれ - 人口動態変化

9月
23

なぜ、人々は豊かになるにつれ、少ししか子供を持たないのか?

現代史におけるもっとも重要な現象の一つは、人口動態の変化だ。人々が豊かになるにつれ、彼らはより小さな家族を持つ。この、経済発展に伴う繁殖の鈍化は、なぜ人口が食料供給を超えることによるトマス・マルサスの災害の予測が実現しそうもないのかということの理由だ。短期的には、マルサスの運命は、食料供給を増やした革新によって浸食されている。しかし、長期的には、人類を救う役に立つ需要の天井がありそうだ。現在70億人程度である世界人口は、今世紀の終わりに向かって、ちょうど100億人を超えるところで横ばいになると予想されている。

けれども、なぜその人口動態の変化が起こるのかは、明らかではない。この人口の多さに対するホモ・サピエンスの反応は、生物学的にくるっているように見えるからだ。環境が改善した時、ほかの種は繁殖率を抑制するのではなく上げることによって反応する。ロンドン大学公衆衛生学・熱帯医学大学院の、アンナ・グッドマンとその同僚によって英国王立協会紀要に発表されたばかりの研究は、人間がすることは実にバナナのすることだと示唆する。グッドマン博士は、その変化について生物学者によって進められた指導的な説明は、現代世界の文脈では、実際には期待通りにやっていないと示した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

後ろ向きの走りは宣告する… - 時の矢

9月
23

物理学者を助けることに、時は本当に好ましい方向を持っている

時間は無情にも一方向に流れるように見える。表面的には、それは物事が年齢とともに衰えるためで、これはひいては無茶苦茶な混乱よりも秩序あるやり方で粒子を並べるやり方がほとんどないためだ。既存の配列へのどんな変化も、それ故にその無秩序を増しそうだ。

けれども、少しだけ深堀すると、時の矢は神秘的になる。粒子は、独力では、無秩序にはなれないので、孤立状態でその行動を調べると、過去と未来は区別するのが難しい。もしその動きを映像化し、その映像を他の人に与えれば、彼はその粒子の行動からだけではプロジェクターを通してどの向きでその映像が流されているかわからないだろう。本質的に、そうする二つのやり方は対称だ。または、物理学者も1960年代に反対への兆しが表れるまでそう考えていたものだ。今、カリフォルニアのスタンフォード大学のそばのSLAC国立加速器研究所の研究者グループがこれらの印を支える最初の物理的証拠を見つけている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

父親の姿 - 遺伝的損傷と父親年齢

9月
16

父親の年齢はその子供の遺伝子に警告的な影響を持つ

女性は生殖を早くしなければならない。閉経がそれを切り詰め、その前ですら女性の繁殖力は齢を追って顕著に下がる。少なくともその意思のある相手を見つけることのできる男性は、有名人の高齢の父親の多くの物語が証明するように、まったく同じようには悩まない。しかし、その子供が遺伝的な病気に平均よりも大きくさらされているという証拠が積みあがっているので、おそらくそのような高齢の女ったらしは、考え直すべきだ。

この影響についての最新の研究は、アイスランドの素晴らしい医療実績とその独特な系統学の歴史を利用するために設立された、レイキャヴィクに拠点を置く遺伝的分析会社のdeCODEジェネティクスの、カリ・ステファンソンと彼の同僚によって、ネイチャー誌に発表されたばかりだ。最近の移民は別にして、その島のほとんどみんなの、ほかのすべての人との関係は、1703年の最初の国勢調査までさかのぼると知られている。多くの場合、それは、874年のその島への最初の人の居住までさかのぼって知られる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

NEONライト - 陸上生態学

9月
16

アメリカの生態を研究する30年間の計画が始まろうとしている

「大科学」という言葉は、ロケット、望遠鏡、そして分子加速器といったことを思い起こさせる。大きな科学的行為、そしてそれとともにいく資金のことになれば、陸上生態学の名で双眼鏡や捕虫網を振り回す人々はめったに訪ねられることはない。彼らの研究する生息場所、すなわち乾燥地が、実際には人類に占められているものだ、ということは驚くべきことだ。しかし、デヴィッド・シメルに率いられるアメリカの生態学者グループは、この状況をただすことを意図している。彼らは、全国生態学的観測所ネットワーク(NEON)を設立することによって、陸上生態学を改造し、大科学の規模と広がりにそれを導入する計画をしている。

コロラド州ボルダーに拠点を置くこの計画のための資金を見つけることは、簡単ではなかったが、10年間の議論と計画の後で、アメリカの全国科学財団は議会を説得してそれを立ち上げるために、質素なロケットの価格である4.34億ドルを向けさせた。運営予算は年にだいたい8,000万ドルだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

事実上そこにある - 薬の再利用

8月
30

コンピューターが古い薬に新しい人生を与えるかもしれない

ほとんどの薬は副作用を持っている。一つの理由は、それらが特定の病気を治療するために狙いをつけたもの以外のたんぱく質と相互作用を起こすからだ。しかしながら、別の見方をすれば、これは、もし一つの薬への副作用がほかのものへの中心的な影響になるのならば、薬の中には1回以上使いうるものがあるということを意味する。既存の薬は、患者を助けるだけではなく、問題となる物質が安全であるということを示すために再試験する必要がないので、製薬会社の時間と開発費用を節約するような、新しい療法に再利用できるかもしれない。

しかしながら、彼らは、問題の薬が相互作用するのがどのほかのたんぱく質なのか、そしてそれ自身が高価な仕事なのかを算定しなければならない。しかし、もしワシントンD.C.のジョージタウン大学の分子生物学者シヴァネサン・ダクシャナマーシーによって提案された方法が機能すると判明すれば、それは間もなく安くなるかもしれない。ダクシャナマーシー博士は、このテストの最初の部分をコンピューター内部でやることを計画している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

家族を尋ねる - ヒトの進化

8月
30

人の先祖はもっと複雑だ
ホモ・サピエンスについてもっとも奇妙なことの一つは、彼が一人だということだ。語り手は、森の妖精から山の巨人に至るまで、世界を創造上の原人で 満たしているが、本当のことの兆候はいまだに見つかっていない。しかし、過去にはそれは本当ではなかった。4万年前までは、地球上には人の三つのほかの種 類があった。ヨーロッパのネアンデルタール人、インドネシアのフローレスの「ホビット」、そして中央アジアに住んでいたデニソワ人と呼ばれる最近発見され 未だに謎の生物集団である。そして今、200万年前を少し下った人類の歴史の初期に、アフリカに似たような多様性が存在した証拠がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鐘型の天候 - 気候変動

8月
30

統計分析は、いかに事態が本当に暑くなっているかを示す

熱波はかつてよりも一般的になっているのだろうか?それは、全国科学学会報で発表されたばかりの論文で、ジェームス・ハンセンとその同僚によって扱 われた疑問だ。彼らの結論は、彼らが、そして彼らが利用したデータが現在の北アメリカの多くを乾かしつくしており、その収穫を脅かしている暑い日を含んで すらもいないということだ。そのチームの発表方法は、しかしながら、科学論文は証拠の伝達に冷静であるべきだと感じている人々の間に騒ぎを起こしている。 その届ける証拠は興味深いけれども、その論文は冷静とは言い難い。

ニューヨークに本部を置くNASAの支部であるゴダード宇宙学研究所長のハンセン博士は、人造の地球温暖化のリスクの論客だ。政府系研究所を運営す る彼の仕事にもかかわらず、彼は彼がそのような気候変動の原因となっていると考えているものに抵抗する三つの場合に没頭している。彼は彼の恐れを懐疑的な 大衆に運ぶやり方を探していた、とその論文の導入部ではっきりと述べている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Science and Technology を購読