Special Report

チアリーダーと否定的な人々 - 南アフリカ

4月
06

誰がアフリカの将来について正しい呼び出しをしているのか?

過去10年にわたって、南アフリカ政府は、アパルトヘイト時代の象徴的な町のソウェトの改装に、鉱山収入を使っている。道路に穴はなく、警察の巡回は安全の手段を提供し、子供たちは学校へ行く。しかし、彼らの両親には仕事がない。多くがその日中を先進世界からまっすぐやってきたショッピングモールのマポニャモールで、そして夜を黒人が合法的にはバーに行くことができなかったときに最初に開店した民間の飲み屋街のシェビーンズで過ごす。公式な全国失業率は25%だが、本当の数字は40%を超えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

下にある富 - ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ

4月
06

商品は、潜在的にはの未来にとって最大の脅威だ

北ザンビアを2つに分けるグレート・ノース・ロード上のエアコンの効いた車の後ろから、アフリカが豊かでよく統治されるようになりうると論じることは簡単だ。その国の道路制度はとても良いので、多くの訪問者は車を借り、自分で運転する。警察は優しく、休息所はたくさんある。同じことアフリカは南部アフリカの多くで当てはまる。舗装道路は肥沃なサヴァンナと開けた砂漠にわたってすべての方向に広がる。

ほとんどの道路はその下に埋まっていたものを元手に作られている。鉱物と金属の富だ。1世紀以上前にセシル・ローズが到着して以来、現地の採掘者は巨万の富を生み出し、来るべきアフロ楽観主義を起こさせている。植民地時代の鉄道から現代的空港まで、公的社会資本はこの資源の富がなければ存在しないだろう。タンザニアの南西国境から車で1日のカッパーベルトの中央で、1895年以来銅が掘られている。煙を吐く精錬所とスラグ置き場の山が町の向こうに現れる。高電圧電線と2車線の道が田舎を切り裂いている。「最初の子は弁護士になってほしいんだ。」鉱山の警備をする3人の子の父親は言う。「できると思うんだ。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

私の方法でそれをする - エチオピアとケニア

4月
05

二つのまさに反対の経済モデルの間でのイデオロギー的な競争

メテマでの到着ターミナルでエチオピア国境警備がすべてのパスポートを手書きの望ましからぬ人物リストとあわせ、それらをはじき出す。ここは、国家がもっともよく知っている国だ。それは、訪問者にとって面倒かもしれないが、それはエチオピアをアフリカの開発の星の一つにしている。国境から離れる新たに建設された道路は、コーヒーについてエチオピアで二番目に大きな輸出品のゴマの集約的な畑に囲まれている。収穫された茎の黄金の束が、小川の脇の畑に置いてある。ボブ・ゲルドフがその国について「かつてなにも育ったことがなく/雨も降らず川も流れず/彼らは今がクリスマスの時期だって知っているのだろうか?」と歌った飢饉に襲われた1984年から長くたった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

頑張れ、わが勇者 - ニジェール、アルジェリア、リビア、エジプト、スーダン

4月
05

アフリカの中央は貧しくて紛争がはびこったままだが、行動主義が起こっている

その大陸の乱雑な中央部は、ナイジェリアの首都の1時間北から始まる。運転手は数マイルごとの関門で止まらなければならず、夜間外出禁止を遵守しなければならない。主要な北部の都市カノの郊外では、武装した兵士が銃身に固定された銃剣を持って道を警護している。その知事の事務所は要塞で、その周囲の道路はすべて人の高さのコンクリート障壁で封鎖されている。自身をボコ・ハラム(西洋の教育は罪)と呼ぶイスラム過激派集団は、自動車爆弾や奇襲隊襲撃で、年に何百人もの人を殺す。治安維持軍の高圧的な反応は、さらに多くを殺す。その知事は彼の設置した新しい街灯を自慢するが、住民たちはナイジェリアの石油の富をほとんど何も見ていないので、怒り狂っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大物よさようなら - コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア

4月
03

アフリカの多くでの統治は見た目に改善しているが、進歩は平たんではない

午前7時にコートジボワールの商業首都アビジャンを去ると、公務員ラッシュアワーと呼ばれるものに飛び込む。大統領は、行政官はその机に午前7時半につかなければならないと命令し、ほとんどはそうしている。ある西側の大使は疑い深い態度でいう。「もし会議に5分遅れれば、5分間失っているんだ。」

かさ上げされた2車線を走って事務所に向かうと、公務員たちがエレヴェーターに乗り込み、近代的なガラス張りの塔の上階の机に上る。こそこそと暇つぶしのためのiPadなどの電化製品を持っているものもいる。

コートジボワールの統治は見えるほどによいものではめったにない。賄賂は依然として会議よりも早く問題を解決する。野党は意地悪くもっとも最近の選挙をボイコットした。政治風景の間に深い裂け目が通っている。だがしかし、国家会計は秩序を保っており、債務は減っており、新しい道路が建設されている。これが、アフリカの多くでの絵だ。ナイジェリアのような資源の豊富な国では特にさらに多くのことをする必要があるけれども、ガーナでのように権力の分配はより公平になっており、その使用はより要求にかなうようになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争に飽き飽きした - ギニア=ビサウ、ギニア、シエラレオネ

4月
03

なぜ、その大陸の多くにわたっての戦いが近年静まっているのか

バスのヘッドライトが、国境を越えた最初の関門の垂れ下がったブッシュの間に立つ、肩に銃をかけた兵士の濡れた人影を浮かび上がらせる。彼は雨の中から急いで暖かいバスに入り、ほとんど思いつきのように彼がその国を通る短い旅をエスコートすると発表する。「我々は止まるが、誰も降りることができない。」彼は語る。

数日前、将校の一団がギニア=ビサウで権力を握った。これは異常なことではない。150万人の小さな国は、過去10年で5回のクーデターを経験している。1974年にポルトガルから独立して以来、任期を完遂した大統領はいない。しかし、これはセネガルからより大きな隣国であるギニアへそして更にシエラレオネとリベリアへのバスにはめったに問題を起こさない。今日のスケジュールのたった一つの変化は、首都のビサウでの正規のバス停で、乗客は乗るかもしれないが、降りることはないということだ。

その兵士は帽子を絞り、不便をわびる。「わかるだろ。」地元の人々はうなずき、それから彼に長広舌を始める。「雨が降っているのはお前のせいだ。」一人が叫ぶ。乗客たちは笑う。彼らは開発の欠如を手におえない軍のせいにする。時折の殺人だけでも十分に悪いが、腐敗はさらに悪い、と運転手は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

望みにあふれる大陸

4月
02

アフリカ人の人生はすでに過去10年で大きく改善している、とオリヴァー・オーガストは語る。次の10年はさらによいだろう

3人の学生が、世界で最も貧しい大陸の西の端のセネガルのヴェルデ岬のビーチカフェでiPadを覗き込んでいる。彼らは、ヨーロッパで最も悲惨な国の一つモルドヴァについてのオンラインのニュース物語を読んでいる。一つの見出しは「4人の酔っぱらった兵士が女性を強姦する」と読める。他のものは、モルドヴァの男性は過剰飲酒で死ぬ可能性が19%あり、58%が喫煙関係の病気で死ぬ、と言う。もう一つは正売買を取り扱う。そのような物語は、ギリシャからの緊縮の物語とともに、アフリカの反映するメディアの重要商品になっている。アフリカの病気と無秩序の物語が長い間豊かな世界でされていたように、それらは憐れみと信じられなさを引き起こす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Special Report を購読