United States

排水口を通って海へ - ロサンゼルス川

8月
04

その町についてたくさんのことを語る水路

1980年代に、ルイス・マクアダムスが非営利組織であるロサンゼルス川の友を設立したとき、「私の最初の仕事は川が存在しているということを人々に説得することだった。」その水路は、地元の人達にとっても、たしかに見過ごしやすい。その川がサン・フェルナンド渓谷から現れ、ロングビーチ港のそばで太平洋に注ぐ前に、ロサンゼルスの下町や様々な産業都市を通りぬける。その「川」は本当にほとんど全部が処理された下水で成っている哀れな細流だ。それは高速道路の下と線路沿いのコンクリートの水路を通り、ほとんどの人々の目に触れない。ライヴァルのギャングの縄張りを示した落書きがある。それは新鮮な水の匂いではなく、浮浪者の尿、屠殺場、そして工場の臭がする。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カラカラに乾いている - 南部の干魃

7月
25

本土48州のうちほとんど1/3を干魃が覆っている

毎年気候はその前の年より悪くなっている。毎年夏は暑くなり、冬はより厳しくなる。少なくともそれが人々が不平を言いたがることだ。時々だが、その印象は実際に正しい。7月12日のUS干魃機関の報告によると、陸続きの合衆国(アラスカとハワイを除いた48州)のほとんど30%の地で、干魃の影響を受けている。降雨量は普通の水準のほんの一部で、暑さは歴史的な高さだ。今週の温度は、蒸し暑い南部だけではなく、中部大西洋岸や春の洪水で水をたっぷりすった土壌が恐ろしい湿気をもたらしている大平原の一部でも、多くの場所で40℃を超えている。

その国のおよそ12%では、最悪の部類に入る「異常な」干魃になっている。その熱の帯の中心はテキサスで、カンザスまで北に伸び、西はアリゾナから東はジョージアまで広がっている。アメリカ海洋大気庁の予報によると、事態は良くなる前に悪くなるという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

食べるための苦闘 - 食料引換券

7月
21

議会が歳出削減について議論するに連れて、食べ物にありつくためだけに政府に頼るアメリカ人の数が増えている

7月8日に失業率が部分的に9.2%まで上がったという惨めなニュースがやってきたとき、共和・民主両党は、相手の党の政策の愚劣さを示したデータだと宣伝した。共和党が聞くには、経済がこれほど弱い時にどうして増税など考えることができるのか、ということだ。民主党はこれに対して、どうしたらこれほど多くのアメリカ人がひどく必要としているときに安全網の削減ということを共和党が提言できるのか、という。連邦政府の負債の法定上限を上げるという議論が頂点に達しているとき、弱い経済は、かつてないほど魅力のない予算のトレードオフを迫られている。

食料引換券を例にあげてみると、貧しいアメリカ人が十分食べられるように設計された計画だが、これは多くの共和党員にとっては維持不可能なように見えるし、多くの民主党員にとっては決して変えてはいけないものに見える。景気後退が始まって以来、支給者の数は増えている。4月までに、それはほぼ4,500万人に達し、7人にひとりのアメリカ人がそれを受給している。費用も当然増え、2008年に350億ドルだったものが、去年は650億ドルに達した。そしてこの計画を管理する農業省は、資格のある人のうち、たった2/3しか登録していないと計算している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

金持ちになるために、賢くなるために、 - 結婚の減少

6月
28

伝統的な家族は今では少数民族の領域だ

結婚とそれに関わる多くの浮き沈みは、未だに新聞、雑誌、放送で強力な影響力を行使している。2,300万人近いアメリカ人がウィリアム王子がケイト・ミドルトンと聖なる結婚生活に入るのを見た。さらに多くが、メイドとの間にできた息子を認知したと暴露された後のアーノルド・シュワルツネガーの結婚の終結に溺れた。そして下院議員のアンソニー・ウェイナーの溢れでたつぶやきは、彼の1年間の新婚生活の健全性とその妊娠初期の妻の辛抱についての終わらない憶測を引き越した。

興奮しないことは、アメリカ全土での結婚の惨めな状態が明らかになったことだ。国勢調査局からのデータによると、初婚のカップルは今ではすべての家庭の半分以下(45%)を占めるに過ぎないことを示している。

ひとつ屋根の下にパパ、ママとその子供たちが生活するという類型的なアメリカの家族は色あせている。2010年の調査によると、どの州でも、未婚カップル、子供のいない家庭、そして一人暮らしの数は、子供を持った結婚したカップルからなる家庭よりも早く増えている。後者は1950年には全家庭の43%あったが、今ではたったの20%だ。そしてそのトレンドには大きな階級要因が存在する。伝統的な結婚は、普遍的な儀式から、教育があり豊かな人々の贅沢品へと形を変えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

反ケインジアンの隆盛 - 共和党経済学

4月
18

ポール・ライアンの知的後背地

共和党が何十億ドルもの連邦予算の削減を提案したとき、民主党は仕事と成長が打撃を受けるだろうという経済学者による予測を広めた。共和党下院議員のション・ボエナーは自分の経済専門家であるスタンフォード大学のジョン・テイラーとともに反撃し、「基本的な経済、経験、そして事実により反しているものはない。」とテイラー氏はボエナー氏が引用した彼のブログで断言した。政府支出を削減することにより、共和党は民間投資を促進し仕事を作ることができると述べた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

United States を購読