United States

ヘルハウンドの小道 - ブルース観光

6月
24

デルタの町が成功し始める

引き出しの隣に、ロジャー・ストールの素晴らしく散らかった店のキャットヘッドに詰め込んだCD、レコード、DVD、書籍、Tシャツ、ビールジョッキ、ポスター、ギターのピック、そしてほかのブルースに関わった品々を過ぎると、「クラークスデイルが好き」と読める小さなボタンを見ることができる。最初にそれらを売り始めた時、人々は笑ったものだ、とストール氏は言う。クラークスデイルは、アメリカのもっとも貧しい州の最も貧しい地域であるミシシッピーデルタの大きい町の一つだ。綿(そして農業一般)は、デルタの中で依然として王様かもしれないが、機械化が農業をかつてと比べてはるかに労働集約的ではなくしている。クラークスデイルの周りのコーホマ郡の住民の37%以上、そしてその子供たちの半分をかなり超える人々は、貧困の中で生活している。多くが愛するものをほとんど見ていない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大西洋横断転換点 - 自由貿易協定

6月
11

アメリカとヨーロッパとの間の歴史的貿易協定は救済を必要とする

ちっぽけな政治の時代には、アメリカと欧州連合は何か大きなものを達成する可能性がある。一撃で世界貿易の1/3を自由化するだろう大西洋横断協定だ。新興国がイライラする西側に早く接近する時には、アメリカとEUを覆う自由貿易圏はより多くを提供するだろう。うまくすれば、それは、開放性、自由市場、自由な国民たち、そして国家資本主義の閉鎖的で管理された見通しに対する法の支配を好む大西洋横断経済モデルに錨をおろすことができる。

たった今、その協定は小さな考え方と相互疑念によって包囲され、困難を抱えている。これは狂気だ。自由貿易協定が、ホワイトハウスの西棟と同様にヨーロッパの大臣たちの支持をこれほど得たことはない。それは説得力のある論理に裏付けられている。しかし、支持者たちはまた、時が絶望的に短いことも知っている。この政治的な窓は、たった18か月で閉じるかもしれない、とその過程の中心にいるあるヨーロッパの高官は語る。これは、「タンク一つのガス」で迅速になされなければならない、とあるアメリカ人高官は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カネの話 - 銃規制

6月
11

大きな違いをもたらすほどには騒がしくないけれども

今月の初め、議会に最後には失敗した銃規制法制を可決するようバラク・オバマ政権が圧力を増したとき、ローズアイランドの役人はその選挙区民の火器を買い戻すよう提案することによって、銃暴力を抑制する独自の運動を始めた。

アメリカ最小の州は、4月6日に銃買戻しの日を開き、97のショットガンやライフルと89の拳銃で計186の火器を、その銃の種類と状態に応じて50-200ドル相当のギフトカードで補償し、匿名で集めた。リサイクル業者のSIMS金属管理を含んだいくつかの会社がそのイヴェントに提供し、その銃は融かされた。そこの市長アンゲル・タヴェラスは、そのようなイヴェントが「地元政府がほしくない火器を街路から取り除く一つの方法だ」という。

それはそのような最初の計画では決してないが、銃の買い戻しは、20人の子供たちが殺された12月のコネチカット州ニュータウンの恐ろしい射撃以来浸透しているようだ。アリゾナ、カリフォルニア、メリーランド、そしてニュージャージーの町が、それ以来そのようなイヴェントを行い、記録的な数の武器を集めたところもある。ロサンゼルスでのある買戻しでは、2台のロケットランチャーがあらわれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

正確に誰を助けるのだ? - 援助政策

6月
11

オバマ政権はアメリカの海外食糧援助の遅れた改革を提案する

ある政策に「甘い点」を占めさせることは、アメリカの海外食糧援助の悲しい運命だ、とコーネル大学のその問題についての専門家クリス・バーネットは語る。どの国のものよりも大きいその予算は、貪欲な特別利益を惹きつけるには十分大きいが、その恥ずべき非効率性がめったに見出しを飾らない程度には依然として十分に小さく複雑だ。

恥ずかしくも、やっとそれをカヴァーする。アメリカが余剰の小麦、トウモロコシ、植物油などの農産品を世界の飢餓者たちに60年前に寄付し始めて以来、その計画は議会からの多くの助けを得て、農業権益、輸出業者、そして自発的組織の「鉄の三角形」にとらわれている。規則では、ほとんどの食糧援助はアメリカの農業者から買われアメリカで加工されなければならないとなっている。少なくとも半分はそれからアメリカ船籍の船で運ばれなければならない。競争がひどく抑制されているので、海運が最大の食糧援助計画フードフォーピースの予算の16%を食い尽くしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

汚い戦い - 北西部の石炭輸出

6月
02

アメリカの石炭をアジアに送る計画についての毒々しい残り物

アメリカが「石炭との戦い」を宣言したというミット・ロムニーの突撃は、彼を去年の大統領選挙で勝たせなかったかもしれない。しかし、このかつて強かった産業は、天然ガスの急落する費用と厳しい新環境ルールの奔流によって搾られ、苦労している。2007年にはアメリカの電気生産の48.5%が石炭から来ていたが、去年は37.4%に下がった。エネルギー情報事業団は、ガス価格が這い上がっているので、今年それは少し上がると予想している。しかし、発電所からの排出についてのさらなる制限が予想されており、シェール革命が押し寄せている。もし石炭に未来があるのならば、それは確かにほかの所だ。

多くにとって、それはアジアを意味する。原子力への依存を減らしているので、福島後の日本で石炭輸入への需要は増えている。インドでは、国内の供給が成長する経済に追いついていない。そして、最もじれったく、中国では世界の石炭のほぼ半分を燃やしており、2009年にその純輸入国になった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ごまかし(Shell)ゲームの終わり - 治外法権

5月
29

多国籍企業へのいくつかの良いニュース

ジョージ・ワシントンとジミー・カーターの政権の間、外国人不法行為請求権法(ATS)は眠っていた。その法令は、アメリカの地方裁判所に、「国際法または米国が締約国である条約に違反して行われた不法行為に限り、外国人によって提起される民事訴訟」の第一審管轄権を与える。190歳で、それは1979年4月6日に、二人のパラグアイ人がパラグアイで犯された不法行為について元パラグアイの警察官を訴えることを許すのにつかわれた時、生き返った。

それ以来、ほぼ150件の訴訟が、アメリカやほかの会社が世界中で犯した活動に対し、提起された。4人の現地原告がATSを使って、ミャンマーで石油パイプラインの建設中に犯されたと申し立てられた人権侵害で、ロサンゼルスの連邦裁判所にユノカルを訴えた。ある人権機関は、二人の中国人民主活動家のために、中国でヤフーの子会社によって犯された活動に対して同社を訴えるのにそれを使った。とりわけ、ダイムラークライスラーとリオ・ティントに対するATS訴訟は保留中だ。ほとんどのATS訴訟は退けられたり解決されたりしているけれども、解決の費用は高くなるかもしれず、負の広報効果がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

捕まったくっつく手 - メープルシロップと犯罪

5月
12

樹液泥棒の蔓延

メーン州の土地保有者と森林レンジャーは、驚くべき問題に直面している。泥棒がメープルシロップを作るために違法にカエデの木からねばねばする樹液を採っているのだ。

レンジャーたちは、約5年前からそのような泥棒の報告を始めたが、シロップ生産者が彼らの木に穴をあけ小さな噴出孔を差し込み樹液をバケツに集める3月に始まる4-6週間である、今年の「製糖期」の間に頂点に達した。

その影響は費用がかかり、それは1ガロン(3.8リットル)当たり65ドルで売れる失われたシロップの問題だけではない。ひどく開けられた穴は、ヴェニア板や床、または台所の棚を作るのにつかわれる木材として売られるその木を傷つけ最後には台無しにする腐朽の原因となりうる。上質の楓の1本の木材は数百ドルの価値があるかもしれないが、時にはその産業によって規定された5/15インチ(8ミリ)よりもはるかに大きい噴出孔を持った40-50もの群で見つかる違法な穴からの損害で、それはその金額のほんの一部の価値しかなく、薪にしかならないかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ため息の橋 - コロンビア川横断橋

4月
26

時に何が建てられているのか謎だ

太平洋岸北西部で珍しく晴れた日に、雪をかぶったフッド山はI-5号線を通ってコロンビア川を渡る運転手に壮観な光景を贈る。もし彼らがラッシュアワーに運転していれば、彼らはその光景を楽しむたっぷりの時間がある。オレゴン州ポートランドとワシントン州ヴァンクーヴァーをつなぐ1マイルの橋は、1日のうち4-6時間は混雑している。2本の3車線道の一つを封鎖する事故は、大規模な交通渋滞につながりうる。船が通るために毎日上がる橋は、20分間車を止める。I-5は合衆国西部を端から端まで走る。ここは、しばしばカナダとメキシコの間のたった一つの停止サインだとしてさげすまれる。

何千人ものヴァンクーヴァー人がポートランドに通勤しており、その橋は多くが近くの港で下された貨物を運ぶローリーの重要な経路に横たわっている。役人たちは何十年にもわたってその橋を取り換えることを考えており、今彼らは計画を持っている。二人の知事は、公的に賛成している。連邦の役人は熱心なように見える。地元の事業は契約している。そして、バラク・オバマは老朽化した社会資本の取り換えを重要なテーマにしている。しかし、その提案は行き場がないかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

(荒廃した)D+ - 社会資本

4月
26

少しだけよい道と鉄道だが、私はダムのそばには住まない

4年ごとに、米国土木学会(ASCE)は、その国の社会資本の維持と現代化について格付けする「全国報告カード」を発行する。今年、16の計測範囲のうち6つ(橋、飲料水、鉄道、道路、固定廃棄物、下水)での支出増加のおかげで、1998年以来初めて、悲惨なDから少しだけましなD+にその格付けは上がった。航空やダムと言ったほかの分野は、2009年の前回の報告カードと同じ格付けを維持した。全体として、ASCEは、アメリカが2020年までに社会資本に3.6兆ドル投資する必要があるだろうと考えている。

土木技師は建設するよう人々を駆り立てる自然の関心を持っているので、これらの報告は特別関心申し立てとみることができるかもしれない。しかし、世界経済フォーラムのようなほかの他の団体も、アメリカがその社会資本に対して過少投資で、されるべきより多くの必要があることに合意する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

機能していない - ヴィザ制度

4月
25

いかに無駄に経済を傷つけるか

この5年間で初めて、アメリカの移民サーヴィスは、民間企業によって求人された外国人がその国で働くことができるようにするヴィザの割り当てについて抽選を行う。4月1日に始まる毎財務年度にそれがアメリカの法人に発行する6.5万のH1Bヴィザへの申請者が、4月5日までに利用できる数を超えると予想されるからだ。5日間というのは、ビジネスヴィザが上限に達する記録ではない。2007年に、それは1日でいっぱいになり、2008年には2日だった。

これはより強いアメリカ経済のさらなる証拠だが、その希望の光は、とても暗い雲の中にある。ヴィザの上限は完全に裁量的で不必要であり、その国にほぼ確かに高い経済的費用を課す。世界開発センターの経済学者マイケル・クレメンスが指摘するように、2003年以来毎年、最近の景気後退の深みでさえも、事業からのH1Bヴィザの需要は上限を超えており、経済を押し上げただろう職を会社が埋めることができないままにした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

United States を購読