United States

海運ニュース - 五大湖

2月
24

問題にもかかわらず、五大湖での海運の復活が期待される

春がやって来て五大湖の凍った岸が長くかかって雪解けした時、北アメリカの水上高速道路のセントローレンス川は、30年で最大のその船団の更新を見てしかるべきだ。(その川のアメリカ側を運営管理する)セントローレンス川開発公社の副社長のクレッグ・ミドルブルークは、約30隻の新しい船がその水路を往復するために作られていると説明する。

始められた最新のものの一つは、モントリオールのフェドナヴ・グループによって委託されたフェデラル・サツキだった。それは12月にクリーヴランドから出航した。この船団の更新の理由の一部は、中国や日本のような外国で建設されたカナダの旗艦への税金をなくすことだ。別の理由は通貨変動により新しい船を手に入れることが安くなったことだ。

船会社のCSLグループのCEOのロッド・ジョーンズが言うように、「我々は機会を買うのを待っている。」そして多くのほかの会社が同じことを感じている理由は、五大湖地域が長期的経済成長への準備ができているという見方が広く持たれていることだ。船会社はそれへの準備をしたいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ドルを求めて - アメリカの海洋社会資本

2月
24

港と内陸水路への過少投資はアメリカの競争力を危険にさらす

ニューオリンズの産業運河閘門は、アメリカの二つのもっともトン数の大きな水路をつなげる。その穀物、トウモロコシ、大豆生産のほとんどと同じく、6,000の海洋船舶、15万のはしけ、そして5億トンの荷物を毎年取り扱うミシシッピー川と、精製所が多くあるテキサス南東部からフロリダに向けて流れるメキシコ湾沿岸内水路の二本だ。船は片方からもう片方に1921年に作られた閘門を経由して通り抜け、現代の閘門の半分の長さの600フィートの利用できる長さしかない。その取り替えは1956年に承認された。取り換え工事は1998年に承認され、それから訴訟によって止まっている。アメリカの内陸水路を管理するアメリカ陸軍工兵司令部の最も楽観的な予測では、新たな閘門の完成は2030年だとみている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

得られた教訓 - さよなら、ティム・ガイトナー

2月
05

やめてゆく財務長官が最後に語る

共和党がアメリカの政府債務の天井を上げなければ、市場は「混乱」し、その国は危機へと逆戻りするだろう、と1月14日にバラク・オバマは語った。その財務長官のティム・ガイトナーは同じ日にこれはわずかひと月で起こりうる、と注記した。

しかし、もしすべてが計画通りに行けば、ガイトナー氏はその時にはそこにはいない。彼はその手綱を現在ホワイトハウスの首席補佐官のジャック・ルーに手渡す。それは残念なことかもしれない。何千人もの人々が金融危機について学んでいるが、ガイトナー氏ほど実際に把握している人の名前を上げるのは難しいだろう。1990年代にビル・クリントンの財務大臣ロバート・ルービンとラリー・サマーズの下で働いている間に、新興世界のいたるところで通貨と銀行危機に取り組んだ。2007年に世界金融危機が起こった時、彼はニューヨークの連邦準備銀行の総裁だった。ここで彼は、ベアー・スターンズや保険会社のAIGの救済、そしてリーマン・ブラザーズの破綻の決定を含んだ連銀の反応で鍵となる役割を果たした。オバマ氏の財務長官として、彼は、最終的には担保差押えの雪崩を抑制するのにほとんど役に立たなかった複数の抵当計画と同様に、銀行制度を安定化させるストレステストと資本注入を設計し、実行した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ラメントーソ - アメリカの金に困ったオーケストラ

1月
27

ピットの中の困難

ほとんどのアメリカ人に対して偉大な組織での賃金闘争について尋ねれば、彼らはたぶん去年NFLに課された管理締め出しについて思い出すだろう。それは一時的にプロの審判をアマチュアで代用することにつながった。

それは、しかしながら、誰かの給料や組織の威信に深刻な損害を与えることなく比較的早く終わった。アメリカ最高の交響楽団のいくつかはそれほど幸運ではないかもしれない。その理由を見るために、その国最高のものの一つであるミネソタ交響楽団を見るといい。

景気後退のおかげで、過去6年間でチケットの売上と寄付は約10%下がっている。今のところ、その不足は交響楽団の基金を取り崩して埋めている。これが過去数年間のみすぼらしい投資収益とあいまって、オーケストラの経営陣が2007年にその団員との最後の契約に合意した時に予想したものと、その楽団が今実際に持っているものとのかなりの差を生み出している。

差を埋めることに絶望して、その楽団の経営陣は、団員たちに対してその補償を50%切り下げることになる給与と福利の削減を提案した。団員たちはその提案を9月に拒絶した。経営陣はコンサートをキャンセルすることによって反応した。早くても2月の中ごろまでないのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

性の戦い - 大統領選

10月
02

女性票の取り合いが選挙戦の特徴を定義している

その年の多くで、戦いの兆候は明白だ。最初に、ある候補者の妻が「人生において一日として働いたことがない」と表現された時の突風で、それからある学生が彼女のヘルスケアプランが無料の避妊法を含むべきだと言ったことにより「売春婦」と呼ばれた時の嵐で、そして政治の辞書への「正当なレイプ」や「強制経腟超音波検査」といった新語の到着だ。

ある意味で、女性有権者に対する苦い戦いは何の驚きもなくやって来て当然だ。2008年に、バラク・オバマは女性得票で13ポイント上回った(56%-43%)。今回の彼の反対派、ミット・ロムニーは、もし勝ちたいのならば、ジョン・マケインよりもよくやる必要がある。女性は投票で男性よりも数で上回り(前回の選挙で1,000万人)、高い率で投票すると判明し(2008年で60%vs56%)、民主党に投票しがちである。オバマ氏が心地よく女性で縁取っていることは依然として明らかだが、今では少し弱いように見える(YouGov世論調査によれば53%-43%)。さらに、ロムニー氏の男性の縁取りは、世論調査によってはこのリードのすべてかほとんどを侵食している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

招かざる - 西ナイルウイルス

9月
20

感染性の病気が外国から這いこんでいる

1999年に、ニューヨークのカラスが普通でない数で死に始めた。しかし、2羽のフラミンゴや1羽の鵜がブロンクス動物園で死んだことを含む、役人が犯人を見つけるためのさらなる手がかりのために数週間かかった。西ナイルウイルスがニューヨークを侵略したのだ。そのウイルスが西半球で記録されたのはそれが初めてだった。それ以来、西ナイルは毎夏繰り返されている。8月29日時点で、症例は1週間前よりも40%増え、1,590人に達し、うち66人が亡くなった。

蚊が、感染した鳥の血を吸った時に、そのウイルスを媒介する。それから、彼らの典型的な気前の良さで、彼らはそれを人に与える。80%は何の症状も見せない。残りは、発熱、吐き気、発疹するかもしれない。しかしながら、約150人に1人、脳炎といった深刻な病気に発展する。今年の勃発は、主にその規模で注目すべきもので、将来に同じような破壊を浴びせるという心配がある。ほぼ半分の症例はテキサスで、漠然とした聖書の中に出てくるような事件を知っている。その冬は温和で春と夏は暑かった。年間を通して、断続的に雨が降った。つまり、蚊にとって理想的な条件だったのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

苦い終わり - ロン・ポールの選挙戦

9月
20

ある理想主義者の混沌とした最後の万歳

戦いはしばしばアイスホッケー場で起こる。しかしながら、ふつう、それらはアイスホッケーの試合中に起こり、主要な政党大会でではない。しかし、共和党全国大会の初日に、その党は発声投票に二つのルール変更を採用した。一つは、州法が彼らに支持するよう要求しているもの以外の候補者に投票する代表者へのペナルティ強化で、もう一つは共和党全国委員会(RNC)に会議自体で彼らに完全投票をさせるよりもむしろ会議の間に党のルールを変えるのを許すことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

副大統領ライアンを提案する

9月
06

新しい共和党副大統領候補は、ミット・ロムニーではないすべてだ

メディアをそれを「親密」とあだ名するが、「同胞」がより良い言葉かもしれない。ミット・ロムニーはポール・ライアンへの彼の賞賛を表す言葉をほとんど見つけることができない。彼は「並外れた男」、「知的な指導者」、「素晴らしい人柄の男」、ワシントンの偏狭な考えへの「輝く例外」だ。ロムニー氏はライアン氏を副大統領候補として選んだので、その一組は、カメラの前で、一緒に笑い、一緒に泣き、抱き合い、おどけ、一緒に顔をしかめる。ロムニー氏はかつて、ライアン氏が、その緊密な関係から考える人がいるかもしれないような、息子の一人ではない、と冗談を言った。ワシントン型の人のための新聞およびウェブサイトのポリティコによれば、ロムニー氏は彼の副大統領候補に「自分自身を少し見ている」という。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

よい支払いを受ける - ソーシャル・インパクト・ボンド

9月
05

若者を牢獄から出し続ける役に立つ枠組みがアメリカにやってくる

小さな教室で、4人の10代の少年がお互いの冗談に笑って目をきょろきょろさせる。時にスペイン語で話すその教官は、彼らに将来について考えるよう促す。一人は、家族のために、「とても大きな家を買いたいんだ。」という。車について働きたいと思っているものもいる。3人目は家族の再会が素晴らしいと考えている。その教室は、ニューヨーク市最大の牢獄であるリッカーズ島にある。その若者たちは、認知行動療法を通して彼らが個人的責任に焦点を当てる役に立つ青年行動学習経験(ABLE)計画に参加している。その計画の目標は、若者の間の再入獄率を減らすことで、それはソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)を使って資金供給を受けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

極端なクーポニング - 教育

9月
05

インディアナは教育改革の静かな旋風を起こしている

2011年夏に、ダヤナ・バスケス=ブカーという16歳の少女が、インディアナポリスの南部にあるよい私立学校であるロンカリ高校の受付に到着した。彼女の両親は8,030ドルの授業料を払うことのできないメキシコ移民だった。だが、バスケス=ブカーさんはロンカリが現在の彼女の公立学校よりも良いだろうと思い、授業料のほとんどを支払うだろう新たな学校ヴァウチャー学校計画について聞いたと言った。彼女は正しかった。現在、彼女はロンコリの学生で、大学に行く途上にある。

潜在的にはアメリカ最大であるそのヴァウチャー制度は、インディアナの知事ミッチ・ダニエルスと彼の学校部長によって率いられた大きな教育改革パッケージの一部として1年前に立ち上げられた。これらは、生徒の成績が考慮に入れられた教師評価が含まれ、校長により大きな自治を与え、チャータースクールの成長を奨励する。ワシントンの提言集団の教育改革センターの長ジーン・アレンは、インディアナが、多くのほかの州がやっているように部分的なやり方を取るのではなく、教育改革を「全体性」で見ているので、ユニークだという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

United States を購読