United States

地下へ行く - 炭素捕獲

9月
05

いかにして石炭をきれいにするかの新たな取り組み

気候変動のペースが加速するにつれ、エネルギー専門家は工学的手法を通して温室効果ガス排出を制限するやり方を見つけるのに殺到している。一つのやり方は、二酸化炭素を液化し地下深くに押し込む地質学的炭素捕獲貯蔵(CCS)だ。2000年代の初めに、議会はCCS調査のための基金を強化した。アメリカはたくさんの石炭を持っており、その電力の1/3以上をそれに頼っている。地球温暖化を緩和しながらこの国内資源を使い続けるために、二酸化炭素は、大気中に噴出する前に発電所でとらえられ、地下に安全に詰め込まれなければならない。

しかし、数年前にCCSを魅力的にした政治と経済は、アメリカでも他の所でも劇的に変わっている。合衆国は発電所からの二酸化炭素排出を利用することを捕らえて詰め込むよりも高くするだろう厳格な炭素政策の施行に失敗し、国際的な気候変動の話し合いは進展していない。いくつかのCCS計画が過去数年でほとんどが高すぎる費用のために撤退するか棚上げされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ライアン・ロードショー - 共和党候補

9月
05

新副大統領候補はアイオワの拠点を活性化させる

珍しく、アメリカは理想によって設立された国だ、と、ポール・ライアンは8月13日にミット・ロムニーの副大統領候補として初めて一人で現れたアイオワ・ステート・フェアで、群衆に語りかけた。武闘派野次将軍のその若い議員はさらに説明した。アメリカ人はその権利が自然と上から来ており、政府からではないと信じているので、彼らはヨーロッパ型の福祉国家ではなく、勤労に報いる自由な社会を欲している、と彼は語る。

あいにく、ライアン氏もまた理想を具現化しているので、普通ではない副大統領候補だ。彼は妊娠中絶から環境規制に至る問題で頼もしく保守的な見方を持っているけれども、彼が42歳にして全国的に目立つようになったのは、彼が一つの議論の名人であることによる。アメリカが、課税と支出をあまりにしすぎる政府によって、債務危機に直面している、というものだ。ライアン氏は代替案の作者としてもっともよく知られている。下院の仲間の共和党議員の多くによって好意を持って取り入れられた、抜本的に小さい連邦予算案だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

子供っぽいことを無視して - 十代の妊娠

8月
07

アメリカの十代妊娠率は40年来の低さになっている

テキサスは長い間、禁欲のみ運動の中心だった。2006-08学年度の間に990の学区で使われた学校教材に基づいた2009年のテキサス・フリーダム・ネットワーク(TFN)の報告は、禁欲以外の何らかの選択肢について教えようとしている学区はたった4%であることを見つけた。残りの多くは、避妊についての正しくない情報を中継するか、派手に恥をかかせたり恐れさせる戦術を始めている。性教育だけがたった一つの要素ではない。避妊へのアクセスも大きな懸念だ。テキサスは、その国で最大の10代妊娠率を持つ州の一つだ。

しかし、テキサスとその国中で事態は変わっている。疾病管理センター(CDC)の2012年6月の報告によると、1990-2008年の間で、10代妊娠率は、全国で40%下がったという。テキサスでも、その下落はほとんど同じくらいだった。それは、ここ40年以上で、全国的に最低記録水準だ。もし1991年の水準に出生率がとどまったのならば、1992年から2010年の間で10代にさらに340万の子供が生まれただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

United States を購読