United States

死にゆくとき - 合衆国農業

7月
30

2012年の干ばつは農家の利益をへこませ、食料価格を押し上げる

2012年の旱魃は、冬季のほんの少し少ない雪と喜ばしい春の早い始まりで、十分に罪なく始まった。しかし、夏が過ぎ去るにつれ、一連の暑さの記録がアメリカ中で打ち立てられた。水不足と極端な熱気の両方があいまって55年間で最悪の旱魃を作り出した。今後数週間さらなる乾燥した天気が予想されている。

アメリカ中で、農地は干からび、トウモロコシはしおれ、貯水池は水位が下がり、川は干上がり、野火がユタとコロラドで起こっている。深刻な旱魃状態が隣接する48州のほとんどで忍び寄り、国立気候データセンターからの新しい報告では、7月10日の時点で、合衆国大陸部の55%が、穏やかから極端な旱魃で、1/3が深刻から極端な旱魃状態であるという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

道の上のつぎはぎ - 社会資本支出

7月
18
運輸法案は惨事を避けるが、多くでもなく、それほど長くも続かない
 
ドウェイト・アイゼンハワーが州をまたいだ高速道路ネットワークの建設を承認する法案に署名してから正確に56年後、6月29日に議会は運輸法案を可決した。下院運輸委員長のジョン・ミカは、「アイゼンハワー以来もっとも重要な運輸改革法案」を可決したことを自慢した。上院環境委員長のバーバラ・ボクサーは、議会がアイゼンハワーの作った交通ネットワークを「救った」として大喜びした。
 
実際は、彼らには自慢することはほとんどない。そう、これは前回のものが2009年の9月に期限切れになって以来最初の長期的な運輸法案だ。そして、彼らはそれをここぞというときに可決した。一連の短期の延長の最後のものが次の日に期限切れになる予定だったのだ。しかし彼は、予見でき全く必要のない悲劇を避けることによって、アメリカの交通ネットワークを「救った」だけだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

夢のブランド - 国際観光

7月
12

アメリカは、初めて、外国の観光客を懇願している

人々にアメリカについてどう考えているかを聞くと、意見の多様性はその国自身の多様性によってのみ釣り合っている。その外交政策が不愉快だと思うものもいれば、それが打ち立てた理想を賞賛するものもいる。しかしながら、何も見ずに反応するものはほとんどいない。地理的に無学で政治的に無知なものでも、合衆国について聞いたことがある。

しかし、5月に新しい旅行促進事務所のブランドUSAは、外国からの訪問者をひきつける、アメリカ史上初の運動を始めた。雄大な景色の背景と魅力的な人々が楽しんでいる写真に反して、ロザンナ・キャッシュ(ジョニーの娘)と多文化を取りそろえた音楽家たちは、「それは見た目よりも近い。来てあなたの夢の国を見つけなさい。」と教える。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

チャイナ・シンドローム - 軍事戦略

6月
25

空海戦闘が今ではペンタゴンの優先事項だが、それには批判者もいる

10年のうち最善の部分に、産業規模の対反乱作戦への要求がアメリカの支出の優先順位を決め、その戦略的思考者に取りついてきた。しかし、今では新しい軍事的流行がとってかわった。先週末、アジアの防衛大臣のシンガポールでのシャングリラ対話で、レオン・パネッタは、軍事的資源の意味で、アメリカのアジアに対する「最均衡」が何を意味するのかということに詳細を加えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

United States を購読