Viewpoint

未来に帰る - 非同盟運動

9月
25

非同盟運動は時代錯誤的に見えるかもしれない。そうではない理由がある

今年の初めに、私の家族と私は、高齢の門番が近づいてきたとき、メキシコ市人類博物館で恐ろしいアステカのフリーズを見つめていた。彼は、我々がどこから来たのか知りたかった。「インドだ」我々は言った。すぐに、彼の唇は笑みで歪んだ。インドは導いた、と彼は解説した。それは社会主義の過去を持ち、帝国主義に持ちこたえ、反植民地運動の望みを提供した。私の初歩のスペイン語では残りについていけなかったが、彼は初代インド首相のジャワハルラール・ネルーの名前を言うとき、胸をたたいた。ネルーの娘で首相でもある、インディラ・ガンジーは「私の母親」のようだ、と彼は言った。

我々は非常に驚かされているが。彼の感情はそれほど驚くべきことではない。最近のほとんどのメキシコ人がガンジーをその母親だと参照するのを想像するのは難しい一方で、その門番のインドへの愛情は異常ではなかった。実に、そのような夢見るようなまなざしの団結はかつて北の国々の外に住んでいた前の世代の全世界観を形作った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Viewpoint を購読