World News

部族がソマリアの脆弱な勝利を脅かす - ソマリアの安全保障

11月
29

その国は内紛と平和維持部隊の引き揚げという双子の挑戦に直面している

ファラー・アブドゥルサメドは、ソマリアの混沌とした現在のより抑圧的な象徴が彼の昼食を突然止めた時、ソマリアの遊牧民と植民地的な遺産の二つの象徴である、ラクダのステーキとスパゲッティを腹に詰め込んでいた。

二人の自爆テロリストが素早く成功したのだ。「私が一番近くにいたんだ。何とか逃げ出したよ。」血と肉片が飛んできたとき急いで壁を登ったアブドゥルサメド氏は語る。今月の首都のモガディシュの攻撃で、一人の警備員が殺された。

これらのような凶行は、ほとんどすべてシャバブ民兵がソマリアに残したものだ。そこは、1991年の崩壊以来地球規模のテロリズムと海賊行為の同義語になっている。過去20年にわたって何十億もがその地域を安定化させるための努力として治安と援助に費やされてきた。

今、アル=カーイダにつながったジハーディストたちは領地と資金の両方を失っている。去年モガディシュを放棄し、2か月前には彼らの金融の中心キズマヨの港を放棄したのだ。「シャバブは本当に困難にあり、衰退している。彼らは主要な収入源を失っており、彼らの軍隊は北に移っている。」元国連専門家でサハン調査シンクタンクの部長であるマット・ブライデンは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

難しい場所を好む起業家 - ベニー・シュタインメッツ

11月
04

ベニー・シュタインメッツは、天然資源の豊富な見通しのある辺境市場へ踏み込むという評判を持つ数少ない鉱業起業家の一人だ

今年の初め、シュタインメッツ氏は、ナイジェリアの陸上石油と発電部門が新たな投資に開放されるので、そのグループは何十億ドルもそこに投資する計画をしている、と本誌に語った。

「誰もが今電力部門に投資するためにナイジェリアに行くことができるが、知っているかい、彼らは終わっているのだ。そこにはストライキがあり、内戦の話、そして汚職がある。しかし、我々は難しい場所に投資する。(ベニー・シュタインメッツ・グループ・リソーシズは)積極的なやり方でこれらの機会を追い求める。それを実地でやらなければならないのだ。」

天然資源子会社を含むベニー・シュタインメッツ・グループ〈BSG〉は、その会社によれば、過去3年間のそれぞれで35億ドル以上の収入を持つ民間所有のコングロマリットだ。だが、シュタインメッツ氏は低い地位を保っている。彼は、その受益者がシュタインメッツ家である財団を構成するそのグループの子会社の非役員の顧問として働いている、と本誌に語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ギニアの金持ちたちが25億ドルの取引を危険にさらす乱闘 - ギニアの鉱業

11月
04

アフリカの鉱業のヴェテランの言葉を借りれば、それは「大当たり」だった。2010年4月に、アフリカなどでのダイヤモンド取引で富をなした勇敢なイスラエル人億万長者のコングロマリットが、そのギニアでの鉱業利益の51%を25億ドルで売るという取引をした。

ベニー・シュタインメッツの標準でさえも、ブラジルの鉱業大手のヴァーレへのその売却は、かなりの収益のように見えた。彼の会社は、熱い緑に覆われ鉄鉱石でいっぱいの山であるシマンドゥの半分を採掘する権利にたった1.6億ドル費やしただけだった。

今では、しかしながら、いくつかの世界で最も切望される鉱床の故郷であるその熱帯の西アフリカの国でのそのグループの見通しは、脅かされている。ギニアは、その国の宝物を、当局が厳しく見るかつての独裁制のもとで行われた鉱業取引として、数十億ドルの乱闘を再燃させている。

本誌は、ある政府委員会が不正の調査を始めており、どのようにしてベニー・シュタインメッツ・グループ・リソーセズ(BSGR)が、2年前に英豪系の鉱業会社リオ・ティントから取り上げられたシマンドゥの半分の権利を2008年に保全したのかの答えを要求していることを聞いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ナイジェリアに引き寄せられたジンバブエの農民は生き残りに苦闘する - 農業

11月
03

農産物生産を助け、上昇する食糧輸入の請求書を減らすために、改革が始まっている

65歳で退職して太陽を求めて外国に引っ越すものもいる。グラハム・ハッティは熱帯雨林から農場を作り出すためにナイジェリア中部に旅をした。それは2005年の1月のことで、彼が40年間ジンバブエで所有してきたメイズ農場がその国の土地改革計画の下で押収され元軍長官に与えられたところだった。

荷造りしている間に、ハッティ氏は、あるナイジェリアの知事が立ち退かされた白人のジンバブエ人農民にクワラ州で1,000ヘクタールの土地と立ち上げ資金を提供しているとの話を聞いた。ハッティ氏を含んだ13人がそれを受け入れた。彼はその農場をヨルバ語で「望み」を意味する「イレティ」と名付けた。

「私は子供たちの負担となりたくなかったので、「なんてこった」って思ったね。」今73歳で依然として畑に出ているハッティ氏は語る。「世界中のどこにもこんな機会を得られるところはなかったのだ。」

これは慈善活動でも何でもなかった。そのジンバブエ人農民たちは、アフリカで最も人口稠密な国で「商業的農場ができるのかどうか」を見る実験の一環だったのだ、とハッティ氏は語る。さもなければ、少なくとも再びうまくいくのか。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
World News を購読