E-教育 - 教育と技術

長く遅れていた技術的革命が、ついに進み始める

「人間の知識のすべての枝を動画で教えることは可能だ。」トーマス・エジソンは1913年に観察し、本が教室で間もなく時代遅れになるだろうことを予言した。実際には、動画は教育にほとんど影響を持っていない。最近まで、同じことがコンピューターにも当てはまった。1970年代以来、シリコンヴァレーの夢想家が彼らの産業が教室を事務所と同じくらい根本的に変えるだろうと主張し、その裏でたくさんの技術を学校に売っている。子供たちは調査、論文制作、そしておしゃべりにコンピューターをつかう。しかし、その制度の中核は中世以来ほとんど変わっていない。「舞台上で賢明な」教師が、学生の列に、「授業」をとうとうと弁ずるのだ。トム・ブラウンとハックルベリー・フィンは、それを瞬時に、そして震えて認識するだろう。

いま、ついに革命が起こっている。その中心には、「フリーサイズ」の教育からより個人的なやり方に、いくつかの場合適応性のあるコンピュータープログラムで、他の場合何らかの「スーパースター」教師によって、技術がそれぞれの子供を異なった速度で教えることができるようにし、一方教室の先生の仕事は演説者から指導員に動く。狙われた助けが必要な時に機械によって見つけられた子供たちに、個別の注意を与えるのだ。理論的には、教室は、より多くの情報が家で画面から供給され、一方教室での時間は(今宿題がしているようなやり方でより効率的に)その知識を深く留め、磨きをかけ、そしてテストするのに費やされるように、「ぱらぱらめくられる」だろう。その約束は、低い費用で何百万もの子供によりよく教えることだが、政治家と教師がそれを取り入れれば、の話だ。

なぜ今回は違うのか?かなりが、多くの変化が同時にやって来ているからだ。高速モバイルネットワーク、安いタブレット装置、大量のデータを安く加工する能力。洗練されたオンラインゲーム、そして適応性のある学習ソフトだ。例えば、継続的成績調査が組み込まれた新しい相互作用デジタル教科書は、何にどれだけ生徒がそれを使って学んでいるかによってリアルタイムで変更できる(時に生徒たちは自分たちがテストされていることに気付かない)。新しいデータマイニングのソフトは特別な注意なくいつ生徒が読書や数学で失敗しそうかを予言でき、遅くなりすぎる前に先生が介入できるようにする。
 

イエス、我々はカーンだ

高等教育は先駆者だ。始まってからやっと1年で、「大量公開オンラインコース」を提供する開拓者の一つコーセラは、いま世界で390万以上の学生を自慢し、彼らは83の提携機関によって供給されるコースをとっている。大学はいつも技術を使った実験に熱心だ。英国のテレビに基づいたオープン大学はいま44歳だ。しかし、今回学校が続いている。サルマン・カーンが、数学のビデオを作ることに焦点を当てるためにヘッジファンドでの職をやめて4年後に、カーン・アカデミーは、1日に300万の問題を解く(または解こうとする)600万の登録利用者がおり、それはそのカリキュラムを数学をはるかに超えて広げている。それはアメリカも越えて広がっている。世界でもっとも豊かなものの一人カルロス・スリムは、彼の母国メキシコで学童たちのためにカーン・アカデミーのカリキュラムの一種が開発されるよう支払っていると言われる。

教育技術はほかの印象的な提唱者も集めている。ビル・ゲイツはこれを教育への「特別な瞬間」だと呼ぶ。民間部門の資金が積み重ねられている。バラ色の眼鏡をかけた技術マニアでは決してないルパート・マードックは、アメリカだけで間もなく440億ドルの価値を持つだろうとニューズ・コーポレーションが計算する教育技術市場を支配することを望んで、彼のデジタル教育事業アンプリファイが今年約1.8億ドルの損失をかさませることを許している。ドバイの教育供給者GEMSは、遠隔地の子供たちに到達するために、その技術の使用をインドとガーナに広げたいと思っている。

他の人たちはそれほど確かではない。多くの親たちがすでに「もっとも間抜けな世代」があまりに多くゲームをし、いつもコンピューターをいじり、無学のテキストを打っているとして非難している。教師たちは教育技術のウェブサイトを使うかもしれないが、彼らの組合は、学校がより少ない教師でやっていけるということを示唆するものには疑念を持っており、マードック氏のニューズ社のような会社が教育から金を稼ぐという考えを嫌う。プライヴァシーに関する心配もある。教育技術会社は最後には生徒たちについての個人情報を大量に貯めることになる。
 

それはうまく行きそうだ

これらの恐れのほとんどはやりすぎだ。営利企業は長い間印刷の教科書を売ってその事業の中におり、個人情報保護法が学生に拡大できない理由はない。最大の問題は残る。子供たちはより多く学ぶのだろうか?それは、最高の技術ですらも教師の支援がなければどこへも到達できないので、結局は教師次第だ。

教育技術の効能の証拠は、かなりがアメリカから来る。そのほとんどは、教師が適切に訓練された時、それはうまく行くと示唆する。同じくその技術を使っているカリフォルニアのサンノゼのチャータースクールチェーンのロケットシップの低所得の学生は、その州のもっとも豊かな地区に住んでいる人々よりも良い成績を収める。様々なパイロット計画でよくやって、カーン・アカデミーの適応性のあるソフトウェアプラットフォームはいま、アメリカでもっとも豊かで成績の良い学校区のロス・アルトスで展開している。

教育技術は、豊かな、特に私立学校で最も熱狂的に取り上げられ、一方資金不足の州の学校は貧しい学生たちが追い付くのを助けるだろう技術を買うためのカネを見つけるのに苦労するかもしれないので、短期的には不平等を広げるだろう。政府は彼らが追い付けるように投資しなければならない。すでにしているものもある。韓国では、高速インターネット接続が学校で標準的だ。バラク・オバマは最近アメリカが後に続くことを約束した。生徒たちが年齢によるグループよりもむしろ似たような学習段階にある人たちと一緒に学ぶことができるように、法も変えられなければならないかもしれない。しかし、多くの政治家にとっての最大の挑戦は、巨大に強力な教師組合と対決することだろう。

親と納税者は、政治家の脊椎を固めるべきだ。教育は、技術がほかの職にもたらしている生産性の改善に頑固に抵抗力があることがわかっている。この教育技術の波は、それを変えることを約束する。技術は1世紀以上にわたって教育を変えるところにあると思われている。今回、それはそうしそうな感じだ。
 

発行日: 
2013-06-29
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加