沈黙の音 - 技術と社会

デザイナーは、エネルギーを節約し売上を上げることができる、少ししか雑音を出さない製品の考案に、より注意を払っている

気を散らせる雑音の迷惑を規制する努力は、シュバリスのギリシャ植民地が血の気の多い男どもと一緒に板金工と陶工は騒音を出すので町の外に住まなければならないと命じた、少なくとも紀元前6世紀にまでさかのぼる。25世紀程度後に、コンピューター研究の先祖の一人として思い出される英国の数学者チャールズ・バベッジは、手回しオルガン奏者などのストリートミュージックに対する一連の運動を行った。デザイナーが雑音を少なくする製品を考案するのに最近より注意を払い始めたことを、どちらも確かに認めるだろう。

アップルのスティーヴ・ジョブズはこれに関する先駆者だった。彼は、1984年に発売されたもともとのマッキントッシュコンピューターが内部冷却ファンを持つべきではなく、静かさを保つために代わりに還流冷却に頼るべきだと主張した。(これは静かにはしたが過熱する傾向にあり、後のモデルでファンが付け加えられた。)しかし、他のもののように、コンピューターでは、静けさは買い手がひどく重要だとみなす品質にはならない傾向にある。英国の国立物理学研究所の元音響部長のマイク・ゴールドスミスによると、製品を買うときにたった約25%の人しかどれだけそれがうるさいかについて考慮しないと調査は示すという。しかし、彼らの多くはこれに後悔するようになっており、そのような不機嫌な買い物客の半分は、半分しか雑音を出さない製品に50%までなら追加で支払うだろうという。

去年、英国の非営利会社のクアイエット・マークは、製造業者がより静かな製品を作ることを奨励し始めた。それは、1959年に雑音減少協会を設立したジョン・コネルの孫娘のポピー・エリオットによって創設された。エリオット女史は、静かな環境が人々に知的で創造的な潜在性を満たさせるのに必要だと信じている。彼女は、西ヨーロッパでは環境的な健康障害を引き起こすのに余計な雑音が空気汚染に次いで2番目だと見つけた、2011年の世界保健機関によって出版された雑音の健康影響についての報告を指し示す。クアイエット・マークは、より静かな製品のために活動し、やかん、ブレンダー、ドライヤー、洗濯機、そしてホテルや静かな楽器すらも含んだ、雑音を最小化する製品や計画に認証を与える。

余計な雑音はふつう無駄や非効率性の兆しなので、静けさには経済的な意味がある。より静かな製品は費用が高くなるかもしれないが、それらは運転費用の掛かるエネルギーを一般的に少ししか消費しない。ボーイングは、例えばその燃費の良い787型機はまた、その階級で最も静かな飛行機だと主張する。雑音の少ない飛行機は、飛行場や航路のそばに住む人々によって歓迎されるが、それらはまたその中で旅をする乗客をよりストレスなく飛ばす。

それが、なぜアメリカの宇宙機関であるNASAが、宇宙飛行士の経験する雑音水準に近づいて注意を払うかの理由だ。それは、より静かな労働環境が集中力を増し疲れを減らすということに基づいて、宇宙に送る装置の産物である音を注意深く測りモデル化する。それは、その地上の設備に厳格な雑音水準を設けて地球上の細部に同じ注意を応用し、2009年に「静かなものを買う」購入計画を導入した。2012年からのその計画についての報告は、労働環境で雑音を減らすことは、生産性を上げると同時に、補償請求と医療費を減らすので、財務的な意味があると指摘する。NASAは、購入後に騒音除去設備を取り付けるのは10-15倍かかりうるので、たとえ一般的に5-10%費用が高くても、低騒音の装置を買うことによって、これが最もよくなされると語る。

しかしながら、物事は時にあまりに静かになりうる。電気自動車は低速度では聞き取るのが難しくなるかもしれず、歩行者や目の見えない人々にとって危険になりうる。中国の都市では、危険は電気やハイブリッドの車ではなく、人気があり(ほとんど無音の)電気自転車からやって来る、と革新コンサルタントのフロッグ・デザインのジャン・チップチェースは語る。今年の初めに、アメリカの運輸省は、いくつかの車に発音機を要求するかもしれない、新たな最低音要件を提案した(その提案されたルールは、悲しいことに、個人向けにされたダウンロード可能な「ヴルームトーンズ」を使うことを利用者に禁ずる)。すでに、電気自動車のルノーのゾエは低速度で使うための発音機を、そしてレクサスIS300hハイブリッドは、その4気筒エンジンに電力で動いている時でさえもV6の音を与えるよう設計された「アクティヴ・サウンド・コントロール」システムを持っている。よく作られた「雑音サイン」は、運転経験を改善する、と日本の自動車メーカーのノイズ振動専門家トーマス・ケッペンスは語る。

車に発音機を追加することは、いかに音が(デジタルカメラによる人工シャッター音のように)いくつかの製品に動作音を提供したり、(高級車でドアを閉じるときに出る音のように)品質をもたらすのに注意深く設計できるかの良い例だ。ならばその狙いは、「無音」ではなく「正しい種類の音」であるべきだ。けれども、全体として、それは普通はより多くよりむしろ少ない雑音を意味するだろう。
 

発行日: 
2013-09-07
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加