審判はロボットだ - 技術とスポーツ

サッカーの審判を助けるためのゴールライン技術の展開は、将来のさらなる決定補助のための道を開くかもしれない

2014年7月13日。最終ホイッスルの数分前に、イングランドのウェイン・ルーニーはドイツディフェンスの裏にけりこみ、サッカーワールドカップ決勝の唯一のゴールを決める。しかし、リオのマラカナ競技場のイングランドサポーターの歓喜は、線審がその旗を揚げると掻き消える。映像がそうではないことを示しているのにもかかわらず、そのゴールはオフサイドで認められない。ドイツチームがPK戦で勝つ。

イングランドがワールドカップの決勝に進むという考えがこのシナリオを幾分奇抜なものにしているけれども、間違ったオフサイド判定はむしろより頻繁に起こりそうだ。前回のワールドカップでの明らかな誤審が、ゲームのルールを決める国際サッカー評議会(IFAB)にこの夏にゴールライン技術の導入を容認するよう説得した。これは、ミスを犯しがちな審判を助けるために技術をより広く利用することに向けた単なる第一歩かもしれない。

皆が認めるわけではない。IFABの会議で票の半分を持つサッカーの国際監督機関のFIFAは、ゴールラインの決定は特例であると論じ、いかなるほかの技術的支援にも反対する。しかし、スペインのラ・リーガの最高責任者のフランシソ・ロッカは、今年の初めに、彼とその同僚たちがすでにオフサイドシステムを見始めていると明らかにした。

バスケットボール、アメリカンフットボール、野球、そしてラグビーのようなほかのスポーツで行われているように、審判がその場で再生映像を見ることができるようにすることを求める声が長い間ある。それが試合の流れを壊すだろうという立場でそれに反対するFIFAの理事長ゼップ・ブラッターの見方を多くが共有する。しかし、この批判は審判のエラーを緩和することができるかもしれない様々な発展段階の新たな装置やシステムに向けられることはない。

6月にブラジルで行われたFIFAコンフェデレーションズカップ期間中に使われたゴールライン技術のドイツの提供者であるゴールコントロールは、すでに新たな審判の判断支援について動き始めている。その既存のシステムは、それぞれのゴールに焦点を当てた7つの高速カメラと、2次元映像をボールとその軌道の3次元の描写に変えるソフトを使う。更なるカメラと個々の選手を区別できる追加ソフトで、強力版は多様な審判の判断をすることができる。その会社は、選手の手と腕の後を追うことによって、それはハンドすらも見つけることができると主張する。「我々はゴールライン技術に集中しているが、そのシステムはオフサイドとペナルティも検知することができる。」ゴールコントロールの社長ダーク・ブローハウゼンは語る。

テニスとクリケットでの決定支援を開発しているソニーが所有する英国の会社ホーク=アイは、今英国のプレミアリーグで使われているゴールライン技術の裏にいる。その発明者のポール・ホーキンスはその会社がオフサイド判定について働いているかどうかを議論しようとしないが、ゴールコントロールのものと似たような映像に基づいたシステムで、それはほかのことにも適応することができる。

日本の慶応大学の研究者たちは、オフサイド攻撃を見つけることができる16台のカメラのシステムを案出している。それはまた、実際にはボールに触っていないオフサイドの位置にいる選手の状況を見分けることができる。生の試合中の最近のテストの中で、そのシステムが正しくオフサイドを宣言し、審判が間違えた、2つの事例があった。

これらの画像加工システムは、町での試合だけではない。ドイツのエアランゲンにあるフラウンホーファー集積回路研究所の技術者たちは、無線に基づいたスポーツ追跡システムであるRedFIRを開発している。ボール内の小さな衝撃耐久力のある無線機と、選手のすね当てに入れた同じようなものが、それらの位置をピッチの周りの受信機に1秒間に2,000回送ることができるようにする。

そのような装置をプロの試合で使いにはルール変更が必要なので、RedFIRはいま、トレーニング中のパフォーマンスデータを提供するために開発されている。そのソフトウェアにより、監督は走る頻度やパスの成功度合いといったことを見ることができる。しかしそれは、オフサイド判定、コーナーやスローインといった審判の支援を含んだ更なることができる、とRedFIRのチームのレネ・ドゥンクラーは語る。

正しくないオフサイド判定以上にサポーターを激怒させるのは、不当なペナルティを得るためにダイヴをする選手だ。2011年にロンドンでのデモ試合中に使われた対ダイヴのすね当ての試作品は、そのような愚行を止めることができるかもしれない。これらは、ダイヴを正当なタックルと区別するために、相手の足の影響を区別するための加速度計と磁気近接センサーを使う。それらは、完全な自動システムというよりもむしろ判断支援として設計された、とそれを設計した英国企業のスモールフライのダニエル・バートラムは語る。しかし、自動システムも作ることができる。

そのような技術の長所についての多くの意見の相違があるけれども、人間の審判が誤りがちであることを議論するものはほとんどいない。例えば、ホームチームはより多くのペナルティを得、ファールを少ししかとられず、負けているときにあ外ロスタイムを得る、ということを調査が示す。人間よりも正確な笛を吹くことができる自動システムが洗練され証明されるにつれ、サッカーの擁護者はその採用への圧力が大きすぎて抵抗できなくなることを見つけるかもしれない。
 

発行日: 
2013-09-07
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加