Technology Quarterly

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

沈黙の音 - 技術と社会

デザイナーは、エネルギーを節約し売上を上げることができる、少ししか雑音を出さない製品の考案に、より注意を払っている

気を散らせる雑音の迷惑を規制する努力は、シュバリスのギリシャ植民地が血の気の多い男どもと一緒に板金工と陶工は騒音を出すので町の外に住まなければならないと命じた、少なくとも紀元前6世紀にまでさかのぼる。25世紀程度後に、コンピューター研究の先祖の一人として思い出される英国の数学者チャールズ・バベッジは、手回しオルガン奏者などのストリートミュージックに対する一連の運動を行った。デザイナーが雑音を少なくする製品を考案するのに最近より注意を払い始めたことを、どちらも確かに認めるだろう。

まず手を洗いなさい - 生物医学

賢い消毒剤取り出し機は、医療職員に手をより頻繁に洗うよう巧妙に勧めることにより、命を救うことを約束するかもしれない

1800年代には誕生は危険な事業だった。多くの女性がそのあとすぐに亡くなったのだ。当時ウィーン総合病院で働いていた産科医のセンメルヴェイス・イグナーツは、患者に触る前に漂白剤で手を洗うことによって、死亡率を90%減らすことができた、と観察した。これはルイ・パスツールが細菌論を打ち立てるよりも前で、センメルヴェイスはその関連を説明することができなかった。けれども、彼がその発見を公開した後で、多くのその同僚はその手がきれいではないという示唆に立腹した。結局医者は紳士で、別の産科医のチャールズ・メイグスがいうように、「紳士の手はきれい」なのだ。くじかれたセンメルヴェイスは鬱になり、最後には精神病院に送られた。彼は看守に残忍にたたかれた後で14日後に亡くなった。

病院での衛生は、センメルヴェイスの時から大きく進歩している。しかし、まだ改善の余地がある。毎年、アメリカだけで10万人近くの人々が、病院での防ぐことのできた感染で亡くなる。英国のスキンケア会社デブ・グループのポール・アルパーによって考え出された発明が、これを変える役に立つかもしれない。

審判はロボットだ - 技術とスポーツ

サッカーの審判を助けるためのゴールライン技術の展開は、将来のさらなる決定補助のための道を開くかもしれない

2014年7月13日。最終ホイッスルの数分前に、イングランドのウェイン・ルーニーはドイツディフェンスの裏にけりこみ、サッカーワールドカップ決勝の唯一のゴールを決める。しかし、リオのマラカナ競技場のイングランドサポーターの歓喜は、線審がその旗を揚げると掻き消える。映像がそうではないことを示しているのにもかかわらず、そのゴールはオフサイドで認められない。ドイツチームがPK戦で勝つ。

イングランドがワールドカップの決勝に進むという考えがこのシナリオを幾分奇抜なものにしているけれども、間違ったオフサイド判定はむしろより頻繁に起こりそうだ。前回のワールドカップでの明らかな誤審が、ゲームのルールを決める国際サッカー評議会(IFAB)にこの夏にゴールライン技術の導入を容認するよう説得した。これは、ミスを犯しがちな審判を助けるために技術をより広く利用することに向けた単なる第一歩かもしれない。