悲しくて遺憾な衰退 - アフリカ民族会議

ネルソン・マンデラの下で勝利を収めた与党は洗浄をひどく熱望しおり、さもなければそれは最後には打ち負かされるのに値するだろう

与党アフリカ民族会議(ANC)は、多くの古い革命組織と同じように、記念日を好む。有権者たちに世間の注目を集めている英雄的なネルソン・マンデラのイメージとともに過去の闘争と勝利を思い出させることは、依然として選挙に地滑り的に勝つ役に立つ。2009年の前回、次点の白人が率いる民主同盟(DA)のたった17%に対して、それは投票の2/3を勝ち取った。その100周年を祝うグランドファンファーレを調整した後で、ANCは民主主義支配20周年を記念して2014年に別の大きなパーティーを準備している。

それは、誇りを持つべきいくつかの理由がある。多数の黒人南アフリカ人が、アパルトヘイト下よりも良い生活をしている。公的な数字によれば、300万以上の家が1994年以来貧者のために建てられている。さらに多くが今、電気ときれいな水に接続できる。マンデラ氏の後を継いで大統領として1999-2008年に務めたターボ・ムベキの下での陰鬱な割れ目にもかかわらず、南アフリカはついに試験と治療の運動でHIV/AIDSの災難を撃退している。去年始まった「国家開発計画」は、それをいかに実行するかははっきりしないが、貧困と不平等に取り組む思慮にとんだ方法を提案する。

人種間関係は以前よりも好ましい。過激派集団は、白人も黒人も弱まっている。犯罪と殺人率は、依然として世界最高水準ではあるが、少なからず下がっている。2010年に、サッカーワールドカップは、南アフリカ人をまとめ、彼らの美しい地を見せびらかした。

しかし、多くの他の側面で、ANCは躓いている。トップによって設定された黙認の調子で、腐敗は広がっている。大統領ジェイコブ・ズマは、彼に対する告訴は専門的手続きで取り下げられたが、武器取引スキャンダルで以前に汚された。より最近には、彼は、納税者の富を彼の田舎の家屋敷を美化するために費やしたとして非難されている。その問題への公的報告は、トップシークレットに宣言されている。

同じように大きなANCの記録への汚点は、失業だ。もし「くじかれた労働者」も含めれば、労働年齢人口の37%に職がない。地球規模の景気後退の高みにあった2009年には、ズマ氏はその年の終わりまでに50万の新しい職を約束した。代わりに39.5万が失われた。アパルトヘイトの不正義を矯正するための黒人強化計画は、ANCにつながった人々を豊かにするために広く濫用されている。ズマ氏の親類や仲間が大きく利益を受けている。一方、労働争議でひびの入った鉱業部門に率いられた経済は衰えている。マリカナプラチナ鉱山で34人のデモ参加者が射殺された去年に、それは最低になっている。他の所での不穏さは続いている。

問題の一覧は続く。強姦率はひどい。公的病院はとてもひどいので、人々はそこへ回復のためではなく死ぬために行くのだ、と言う。ANCに対する不満で最近自分の政党を立ち上げたアパルトヘイトの闘士マンペラ・ランペレは、公的教育がアパルトヘイト時代よりも悪いという。不正と無能さを通して、多数の教科書が毎年消えている。

ひどく必要とされる土地改革は、実現に失敗している。ANCは、「意思のある売り手、意思のある買い手」計画の下で2014年までに農地の30%を黒人に移転する約束をしたが、たった7%だけが持ち主を変えているにすぎない。ANCは、その問題に取り組むつもりがあることを示すための努力として、更にお祭りの夕食で人種差別的な土着民土地法の100周年を記録した。ポピュリストは単に白人所有の商業農場を没収したいと思っている。

ANCの外交政策は、ほとんど効果的ではない。ジンバブエに対する主要な地域仲介者として、南アフリカは明白にロバート・ムガベを取り除くのに失敗している。リビア危機解決のためのズマ氏の遅ればせながらの試みは、困惑させる失敗だった。中央アフリカ共和国を改善するために今年送られた南アフリカ軍は、反乱軍がその14人を殺害した後に、尻尾をまいて逃げ出した。

ズマ氏は、見通しと堂々たる態度にかけていると広く考えられている。より若い指導者たちは、まだ現れていない。ANC青年同盟の幹部は、その大言壮語するボスのジュリアス・マレマがズマ氏に背いた後で解散した。多くの若い南アフリカ人は、その国に仕えるためではなく、明白に事業上のつながりを獲得するためにその党に参加する。

ANCは、来年5回続けて民主選挙に勝つことが確実だ。しかし、事実上1党支配であるものに感染している腐敗に有権者が飽き飽きするのに従って、それはもう1-2期しか圧倒的多数を享受しないかもしれない。DAに率いられた野党は、徐々に成長している。さらに、労働組合の強力な連盟とのANCの同盟は、すり減っているかもしれない。ANCの組合に率いられた派閥と共産主義者は、どちらもアパルトヘイトとの戦いで鍵となる提携者だったが、いつの日かANCのより欲得ずくの既得権益層から別れるかもしれない。より重大な政治的競争が、まさにその国が必要とするものだ。ANCの悲惨な衰退によってその最後の日々を悲しまされているネルソン・マンデラは、確かに合意するだろう。
 

発行日: 
2013-06-29
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加