空間を作る - メシャック・ガバの芸術

テート・モダンで「現代アフリカアート博物館」が開かれる

現代アフリカアート博物館とは、どのようなものだろうか?一つのギャラリーは、焼き物の鶏の足、刻まれたカネのバッグ、そしてアフリカの国旗のパズルのピースで満たされうる。他のものは、異なった宗教のトーテムを取り上げ、職業タロットカード読みを含むかもしれない。レストランがあるだろうが、食事はその作品が展示されているアフリカ人アーティストによって作られるだろう。店の品物は、木のパレットの上に並べられうる。

これは、少なくとも、主導的なアフリカ人アーティストメシャック・ガバの将来像だ。彼のおどけた「現代アフリカアート博物館」は、その作品を去年購入したロンドンのテート・モダンで、7月3日から展示される。1997-2002年の大規模な5年計画のガバ氏の12部屋の「博物館」は、挑発的になるよう設計されている。それは、彼の「アフリカの芸術に場所を作るための戦い」だと彼は説明する。本当の博物館がないので、彼は自分で一つ作り出すことを決めたのだ。

フランスから独立を勝ち取った翌年の1961年にベナンで生まれたガバ氏は、植民地後のアイデンティティを作り出す挑戦を考える作品をつくるアフリカ現代芸術家の世代の一部だ。彼は、現地の工芸とヨーロッパの美学を、アフリカの過酷な歴史と現在の貧困を参照して、雑多に混ぜ合わせる。

ガバ氏自身のアーティストとしての生活と経歴は、彼の作品が橋をかけたいと思っている文化的分割をまたぐ。(彼の「博物館」の結婚室で記録にとどめられた儀式の中で)オランダ人キュレーターと結婚して、彼は年の半分をロッテルダムで過ごし、残りを故郷のベナンで過ごす。彼はアートづくりをそこではじめ、日々の生活を彼の主題にしている。「私は現代アートの存在を知らなかった。」彼は語る。

彼の突破は、彼が地元と外国で絶賛を勝ち取った、カネと政治についての作品の中で使用中止になった紙幣を使い始めた時、やってきた。1992年に、ガバ氏は、近隣アフリカ諸国とともに、パリの国立アフリカ・オセアニア美術館での展示に招待された。彼はそれから、フランスで研究したよりもアフリカ芸術について予断が少ないだろうと信じた、アムステルダムの王立アカデミーでアート研究をつづけた。

しかし、彼は、彼や仲間のアフリカ人アーティストが作っていたコンセプチュアルアートのようなもののためのギャラリースペースがないことに不満を持っていた。「民族誌学博物館に現代アフリカアートのためにたった1区画があるだけだろう。」彼は含み笑いしながら言う。「人々は、アフリカアートが実験的になりうるということを理解しなかった。」だから、彼の王立アカデミーでの2年目に、彼は彼の「博物館」についての考えを持った。12全ての部屋を実現するために、一連のヨーロッパの博物館での常設展と展示会を費やした。いくつかは、それから、ドイツのカッセルでの2002年のドクメンタアートショーで展示された。

ガバ氏の「博物館」は、相互に作用し、皮肉っぽく面白い。アーキテクチャー室は、子供たちの煉瓦から自分の博物館を作るよう、訪問者を招く。ゲーム室は、パズルで遊ぶためのものだ。図書室は、バイクで生み出された電気で走るいくつかの古いコンピューターと同様に、そのアーティスト自身の本を取り上げている。テートはその作品を現代アフリカアートにスポットライトを当てる2年のプログラムの一部としてそれを取得した。これは、その作品をバラバラで売ることに抵抗していたガバ氏の軸だった。彼は、彼の周り全ての箱の彼の「博物館」と一緒に、大きなつめたいスタジオの中で彼の家族とともに、数年生活したのだ。たぶん、これは「ほかのアフリカ人アーティストの可能性を開くだろう」と彼は語る。
 

発行日: 
2013-06-29
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加