格安の食事 - ビッグ・マック指数

通貨への我々の気楽な指針は、ユーロ圏を近くで見てみる

連邦準備銀行による資産購入終了の見通しは、外国為替市場での回転を惹き起こしている。新興市場通貨が下落し、ドルへの強気の買いが増すにつれて、パンの間を読むべき時だ。ビッグ・マック指数は、エコノミスト誌の為替レートのはかりだ。それは、長期的には為替レートは財とサーヴィスの同一のバスケットの価格が国境をまたいで同じになるように調整してしかるべきだという購買力平価(PPP)理論に基づいている。我々のバスケットには、ひとつのものしか含まれていない。(牛ではなく鶏肉を使ったインドのマハラジャマックを例外として)ほとんどどこでも同じ内容物を使っている、ビッグ・マックだ。バーガーを買うには、アメリカで4.56ドルなのに対して、ノルウェーでは市場の為替レートで7.48ドルかかるので、ノルウェーのクローネは我々のはかりでは65%過大評価されている。

ほかの通貨はとても生焼けのように見える。ドルは、アメリカよりも南アフリカでは2.5倍多くバーガーを買え、インドでは3倍買える。しかしながら、労働費用がより貧しい国では低いので、先進国の価格を途上国のものと比べるのは、問題だ。中国の元は我々の基本的なはかりでは43%過小評価されている。一人あたりのGDPで調整すると、それは公正価格のたった4%下なだけだ。

ユーロは、我々のバーガー指数では2%過大評価されている。この数字はユーロ圏加盟国のGDPによって重みをつけられた統合的ビッグ・マック価格に基づいている。現実には、バーガーの価格はユーロ圏中で異なっており、2.60ユーロから4.10ユーロ(3.34ドルから5.27ドル)に広がる。もっとも高価なバーガーはフィンランドで見つかる。「フィンランドユーロ」は16%過大評価されているのだ。強いユーロが輸出を傷つけるというフランス人の把握は、バーガノミクスによって裏付けられた。ユーロはまたイタリアにとっても強すぎるようだ。

ユーロ圏の中で最も安いバーガーの中には、ギリシャやポルトガルで見つかるものもある。ギリシャは特に、きついやり方で競争力を回復している。2012年に労働単価が6%下がり、今年の第一四半期の賃金は1年前より10%低かった。2年前、その指数は「ギリシャユーロ」が15%過大評価されていたことを示した(ユーロ全体としては21%も強すぎた)。それ以来、ギリシャでのビッグ・マックの価格は20%下がっており、次に大きな下落をしたアイルランドの倍になっている。ギリシャユーロはいま、27%過小評価されている。
 

発行日: 
2013-07-13
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加