性の戦い - 大統領選

女性票の取り合いが選挙戦の特徴を定義している

その年の多くで、戦いの兆候は明白だ。最初に、ある候補者の妻が「人生において一日として働いたことがない」と表現された時の突風で、それからある学生が彼女のヘルスケアプランが無料の避妊法を含むべきだと言ったことにより「売春婦」と呼ばれた時の嵐で、そして政治の辞書への「正当なレイプ」や「強制経腟超音波検査」といった新語の到着だ。

ある意味で、女性有権者に対する苦い戦いは何の驚きもなくやって来て当然だ。2008年に、バラク・オバマは女性得票で13ポイント上回った(56%-43%)。今回の彼の反対派、ミット・ロムニーは、もし勝ちたいのならば、ジョン・マケインよりもよくやる必要がある。女性は投票で男性よりも数で上回り(前回の選挙で1,000万人)、高い率で投票すると判明し(2008年で60%vs56%)、民主党に投票しがちである。オバマ氏が心地よく女性で縁取っていることは依然として明らかだが、今では少し弱いように見える(YouGov世論調査によれば53%-43%)。さらに、ロムニー氏の男性の縁取りは、世論調査によってはこのリードのすべてかほとんどを侵食している。

表面上は、女性たちは(男性も同様に)弱い経済がこの国の直面している最も重要な問題だと一貫して表現しているので、それはロムニー氏が女性について勝つのを助けて当然だろう。ロムニー氏の主要な攻撃線は、オバマ氏の経済政策によって女性が不釣り合いに影響を受けていると論ずることだ。共和党は、彼の任期中に純減した職の92%は女性が占めていると主張する。

これは、多くの点で議論になりうる。一つ目は、議会共和党の反対のために2009年にオバマ氏が要求したよりも少ししか刺激策を得られなかった州と地方政府のせいで、これらの失われた職の多くは教育だということだ。より重要なことに、オバマ氏の到着に先立った下降は、単に男性が支配的な製造業のような産業を最初に襲い、女性が支配的な産業を後から襲ったにすぎないということだ。現在、オバマ氏が着任した2009年9月と比べてたった2.9万人しか女性は少なくなっていない。おそらく、ロムニーの運動さえもオバマ氏の政策が特に女性にとって悪いとは信じていない手がかりは、ロムニー氏の経済改善の処方箋のどれも女性を特に狙ったものではないということだろう。

ヘルスケア、教育、そして妊娠中絶といった問題は女性有権者の投票の優先事項として現れてはいないけれども、それらが選挙の日に問題とならないと推測するのは間違いだろう。この一つの理由は、「ウォルマート・マム」と呼ばれる人たちに調査を行っている共和党系世論調査会社のパブリック・オピニオン・ストラテジーズのパートナーのアレックス・ブラッティによれば、女性有権者が経済について少し違って考えているということだ。

ウォルマート・マムは18歳以下の子供を持ち前月にその店で買い物をした女性たちだ。この有権者グループは、オバマ氏の若い女性の間での優位はとても大きく、一方既婚女性は民主党が提案する社会的保護をそれほど必要とせず共和党の好む税制優遇をより必要とする傾向にあるので、共和党にとっては重要だ。

ブラッティ女史が焦点を当てる揺れるウォルマート・マムのグループは、彼女たちが男性よりも個人的な目で経済を見ていることを明らかにする。彼女たちは、いかに事態がキッチンテーブルの周りのその家族のためになるかを見、そして彼女たちはオバマ氏が直面している困難に同情的だ。さらに、経済のすぐ後ろに、彼女たちが毎日について心配する2つの重要な問題がやってくる。(大学費用の増加を含む)教育とヘルスケアだ。

ヘルスケアでは、オバマ氏は強い申し立てを持っている。彼のヘルスケア法は、家族はその子供たちが26歳になるまで(たとえ家を離れていても)彼らの保険契約の中に入れておくことができるようにする。それは、保険業者に自己負担なしでの「無料」の避妊填補を提供するよう強いている。そしてそれはまた、女性をそのヘルスケアにはるか高い掛け金に変える行動を終わらせている。しかし、ブラッティ女史は、大部分のウォルマート・マムが、そのヘルスケアが将来さらに高くなり、得ることが難しくなり、以前ほどよくないだろうことを恐れて、心配なままだと論ずる。

ロムニー氏へのこの好機にもかかわらず、社会問題は幾つかの鍵となる州で針をつき、彼の政治的弱点のままになりうる。同性結婚、妊娠中絶、そして家族計画集団のプランド・ペアレントフードへの資金供給といった問題について、ロムニー氏、副大統領候補のポール・ライアン、そして彼の党は、特に若者の、女性の間で大きな選挙の弱点を抱えている。

ライアン氏の妊娠中絶に対する態度は、オバマ氏の選挙運動に共和党の候補者たちが過激だと定義することを許している。彼は、強姦、近親相姦、そして母親の命の危険がある場合ですらも、妊娠中絶に絶対反対で、今年、妊娠中絶をしようとする女性に強制的な超音波検査をするよう(その法は親切にもその手続き中に目をそらすことを許しているが)要求する法案を共同提出した。ライアン氏によって共同提出され、「女性を死ぬがままにしろ」法案とあだ名された別のものは、たとえ妊娠中の女性の生命が危険でも、宗教的な理由から病院に妊娠中絶の拒否することを許すだろう、と反対派は言う。

このすべては、揺れる州で民主党を刺激し、ロムニー大統領が州に妊娠中絶を禁止できないようにする1973年の最高裁判決であるロー対ウェイド事件を持ち出すだろうという恐れをすでに確信している女性の権利の活動家に動機づけをするだろう。彼らはまた、繰り返しシャーロットでの民主党大会で取り上げられ共和党員によって強く反対された主題である保険業者に無料の避妊を提供させるオバマ氏の要件を好んでいる。

ウォルマート・マムは、それが「女性に対する戦い」だとして、活動家よりもその考えに抵抗している。しかし彼女たちは、候補者について何を知っているか、そして彼女たちがどれほど彼に関係していると感じているかにより大きな重要性を置いている。彼女たちはオバマ氏を知っていると感じているが、ロムニー氏とライアン氏は彼らのつながりを封印することからとてもかけ離れている。
 

発行日: 
2012-09-15
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加