微妙な物語 - カンヌ映画祭

アブデラティフ・ケシシュの映画『アデルの人生』が最高賞を獲得する

フランスで国民全体が落ち込んでいるときに、カンヌ映画祭は貴重な瞬間だ。それが依然としてもっとも名声のある映画祭を開催でき、スターがちりばめられたパーティーを催すことができ、そして最高のハリウッドのタレントを惹きつけることができるということを世界に示す機会なのだ。何年にもわたって、カンヌはまた、その産業が言い分を述べる機会になっており、それはその祭の最高賞であるパルムドールの今年の受賞者に簡単に見ることができた。それは、チュニジア生まれの監督アブデラティフ・ケシシュによって監督された3時間の官能レズビアンドラマの『アデルの人生:La vie d'Adèle』の下に行った。「完璧な象徴だ。」リベラシオン誌は思いを巡らせた。

リールの多文化学校の生徒であるアデルは、先生になりたい。演ずるお告げである19歳のアデル・エグザルコプロスによって演じられた彼女は、自由で知的な環境のアートの学生でおてんばな身なりで青く染めた髪をしたエマ(レア・セイドゥ)との爆発的な情事によって混乱に、そして恍惚に、更に憂鬱に投げ込まれる。それは、女性についての感情的ではない成年映画で、情熱と怒りの物語で、弁解をしない生き生きとした愛の物語だ。

アメリカ人監督で今年の審査委員長のスティーヴン・スピルバーグは、どんな政治的象徴主義も退けた。「政治は、我々と同じ部屋にはいなかった。」彼は語った。しかし、そのパルムドールは、フランスでの同性婚を合法化する新しい法律に対する大衆デモに人々がパリの街路に繰り出したその日に、そして同性愛暴力によって注目されて期間の後で、授与された。二人の女性の間の情事を掘り下げることによって。そのチュニジア系フランス人のケシシュ氏はまた、女性の自由についての勇敢な主張をしている。そして彼はその賞を、「彼らが自由に生きるよう感銘を与えるために」フランス、チュニジア両国の若者に捧げた。

カンヌは衝撃を与える必要があるのか?過去の審査員たちはいたずらな政治的選択をすることに喜んでいる。マイケル・ムーアが2004年に反ジョージ・ブッシュのドキュメンタリー『華氏911』で賞をとった時、彼は20分の総立ちの喝さいを受けた。最近では、その勲章はクリスチャン・ムンギウの『4ヶ月、3週と2日』(中絶)や、ケン・ローチの『麦の穂をゆらす風』(アイルランド独立)といったイライラさせられる主題を掴んだ映画にしばしば行く。

しかし、ほとんど全員一致であることから判断して、『アデル』は、政治的重要性と芸術的長所の両方を結合させている。リベラシオン誌はそれを「幻惑させ、ほかのものすべての上に浮かぶ映画」と呼んだ。ル・モンドはそれを「感情的で官能的な衝撃」と表現した。ヴァラエティ誌はそれを「焼けるような、個人的な、性格の研究」と呼んだ。かなり移民社会のフランスを舞台にした、ざらざらした、しかし魅力的なドラマ(『身をかわして』、『クスクス粒の秘密』)でよりよく知られたケシシュ氏の最新作はまた、多くの点でフランスの主流の産物でもある。きわどい映画、クローズアップ映像、独立と情熱の祝福、二人の白人主演女優、そして単なるエキストラとしての少数者だ。

彼の北アフリカの感受性にもかかわらず、ケシシュ氏はいますべての部分がフランスの映画製作の主流派の一部のようだ。
 

発行日: 
2013-06-01
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加