合衆国でそれを作る事情

 

好むと好まざるとにかかわらず(私は好まないが)、アメリカが競争力を保つためには製造業政策が必要だ
 
最近の1面記事でニューヨークタイムスは、いかにしてアップルのアイフォンが最後にはアメリカ国外で作られるようになったのかを詳報した。安い労働力、豊富な技術者、素早い転換など様々な作用した力を描写して、その新聞は中国の工場を訪れ、その電話のタッチスクリーンのためのガラスを正確に切ることができるかどうかをみた、アップルの役員について書いた。アップルのチームがそこについた時、工場所有者たちがすでに新しい工場を建てていた。「これはあなたたちが我々と契約を結んだ時のためだ。」その所有者は説明した。いかにして彼らはそのようなぜいたくをする余裕があるのか?タイムス誌が書くには、彼らは中国政府から補助金を受け取っていたとわかったという。
 
そのものがたりは傾向の一部なので、私の目をひいた。オバマ大統領は1月24日の一般教書演説で、アメリカで製造業を生き返らせる重要性について力強く語った。経済学者は、それが、税制、通商と規制政策、為替レートそして教育技術を伴った複雑な問題だと語る。その通りだ。しかし、高度な政策から特定の事例に降りてくると、ほとんど語られることのない一つの要素がしばしば見つかる。特定の融資、補助金、合理化された規制、そして特権により国内製造業を応援する外国政府の役割だ。事実上、いくつかはヨーロッパにもあるが多くがアジアにあるこれらの政府は、製造業を助けるための国による産業政策を持っているのだ。
 
2009年に、光放射チップの製造者であるブリッジラックスが新しい工場用地を探していた時、その会社は合衆国かそれ以外かでの建設費用を考えた。シンガポールの政府は工場立ち上げ費用の半分を支払うことを提案した。「なぜ我々はここ合衆国でそれができないのか?」CEOのビル・ワトキンスは尋ねた。「世界のほかの場所では我々を生きたまま飲み込もうとしている。」ダウ・ケミカル社のCEOアンドリュー・リヴリスもまた、製造業を生き返らせることを目指した国家政策について論ずる。彼はその著書「それをアメリカで作る」の中で、会社は国とは競争できないと書く。リヴリスは、製造業政策がよい長期的な仕事を生み出すだろうだけではなく、それはまた革新し続けるために重要な労働技術を格上げする、と論ずる。「革新は研究者によって実験室の中で起きるだけではない。」と彼は私に語った。「それは工場の床で起こる。ものづくりの過程は、新製品を実験し生産する役に立つ。もしすべてが中国で作られれば、そこの人々は革新への技術、知識、経験を手に入れる。そして我々は取り残されるだろう。」彼は、iPadやキンドルといったタブレットがほとんどアジアで作られると、それらの製品の次の世代はそこで創造されるだろうと彼は心配する。
 
合衆国でかなり発明されたがその製造がほとんど中国に移った産業である太陽光発電を例にとってみる。エヴァーグリーン・ソーラーのCEOマイケル・エル=ヒロウは、費用を削減するために工場の一つを中国に移さなければならないと決めた。「2008年12月に、我々のウェファー技術に触発された中国企業のJiaweiが近づいてきた。」彼は詳しく話す。「中国政府は、我々の中国事業の拡大の費用の2/3の融資を助けることに合意した。」対照的に、マサチューセッツ州政府によって提案された補助金は、その会社の合衆国の工場の5%の費用を持つだけだ。去年、エヴァーグリーンは、安い中国の競争者に疑いもなく破滅させられ、破産を宣告された。しかし、エヴァーグリーンの中国工場は、Jiaweiがその技術とノウハウを受け継いで操業し続ける。
 
または、風力発電機を考えてみるといい。中国最大の風車製造業者、シノヴェル・ウインド・グループ社とXinjianゴールドウインド・科学技術社は、国有銀行から155億ドル以上の融資を受け取っている。結果として、品質について多くの懸念があるにもかかわらず、彼らは去年最初の外国からの大きな注文を受けた。彼らは、中国の合衆国初になるものを含むいくつかの工場を設立することを計画している。次第に、彼らは経験を得、品質を改善し、さらに費用を削減する。次々にほかの産業でも同じ傾向が現れる。
 
理論的には、私政府の産業政策について深く懐疑的だ。政府はどのように勝者と敗者を選ぶかの方法を知らない。それは失敗し、その過程は政治化する。これはすべて真実だ。そして、私が中国、韓国、そしてドイツや日本を見た時、政府が重要な役割を果たしているのも見る。彼らは失敗する。ソリンドラの彼ら版だ。しかし、彼らはヴェンチャー・キャピタリストがするだろう方法に見ているようだ。彼らの役割は、多くの会社のためをまくことで、その中のほんの少しだけが成功する。ひとたびこのような会社が見つかれば、政府が大きな合衆国多国籍企業と競争するよう助ける。これは、純粋な共産主義経済からの逸脱について語るだろうマルクス経済学者へのジョークになったものだ。「同志よ、それは実際には機能するかもしれないが、理論的には機能しないのだ。」それが、産業政策が最近どのように見えるかだ。その理論は意味をなさないが、その結果について論ずることは難しい。
 
 
発行日: 
2012-02-06
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加