天朝経済

2030年までに、中国経済は英国の1870年代やアメリカの1970年代と同じくらいに大きく現れるだろう

それは恐らく、その終結がしばしば予言されてきたアメリカの経済大国としての弾力性を測るものとなる。1956年に、ロシア人たちは礼儀正しく西側に「歴史は我々の側にある。我々はあなた方を葬り去るだろう。」と通知した。1980年代には、かわりに歴史は日本と共にあるように見えた。今では、それは中国にあるようだ。

これらの予言は、バラク・オバマ大統領の元経済顧問のラリー・サマーズによれば、「自己否定」だ。幾らかはアメリカが彼らを受け入れたためにそれは実現せず、そして彼らに挑むよう駆り立てたためだ。「我々が未来について心配する限り、未来はより良くなる。」彼はホワイトハウスを去る直前に述べた。彼の演説はピーターソン国際経済研究所のアーヴィンド・サブラマニアンにより、新著「エクリプス」で引用された。サブラマニアン氏は、中国の経済的強さは、人々が考えるよりも早くアメリカのそれを陰らせると論ずる。彼は、彼の予言が自己否定的であることを否定する。アメリカがその警告に注意を払っても、それについてできることはほとんど全くない。

サブラマニアン氏が論ずるには、中国の隆盛には3つの力が影響している。人口、集中、そして「重力」だ。中国はアメリカの4倍の人口を持っているので、一人あたりでアメリカの1/4生産すれば、アメリカの総産出を上回る。実に、サブラマニアン氏は、その町の外で多くの地元のものやサーヴィスに課されている低価格を正当に計上すれば、中国はすでに世界最大の経済だと考えている。中国経済は大きいけれども、また、幾分「遅れている」。それにより、技術的最先端に到達しても、アメリカよりも遥かに小さい日本経済とは違って、追いつき型成長の余地がかなりある。

それらの二つの力に勇気づけられて、中国は2030年までには、購買力平価で世界のGDPの23%以上を占めるだろうとサブラマニアン氏は計算する。アメリカは12%以下となるだろう。中国はアメリカの輸出入の2倍を占めて、貿易でも同じように支配的になるだろう。この予測は、国の間での商業は経済的な重さと距離によると推測する、貿易の「重力」モデルに依っている。中国の貿易は、中国自身の経済が急速に拡大するのと、その隣人たちがアメリカの裏庭よりも早く成長するだろうことから、アメリカを凌ぐだろう。

サブラマニアン氏は世界の国々のGDP、貿易、そして海外投資の割合を結合し、経済「支配力」指標を作る。2030年までに、中国の世界的経済力の割合は、1970年代のアメリカや、その1世紀前の英国に比肩するようになるだろう。分別のあるアメリカ人戦略家たちが、、その国民を「多極」世界のために準備させるのは間違っている。世界経済は「G1」に支配される一極のままだろうとサブラマニアン氏は論ずる。そのひとつはアメリカではなく、中国だろう。

サブラマニアン氏の結論は議論を呼ぶ。その前提は、しかしながら保守的だ。彼は、「大きな金融危機」を除外していない。彼は、中国の一人あたりの収入がこの先20年に渡って年に5.5%伸びると予想する。それは、過去20年かそこらの3.3ポイント近い成長だ。サブラマニアン氏のことを「中国弱気論」だというかもしれない。彼は、当時のアメリカの25%に等しい生活水準に達し、その後の20年間で一人あたり5.5%以上成長したいくつかの国(日本、香港、ドイツ、スペイン、台湾、ギリシャ、韓国)を並べる。彼は、彼が中国について予想したよりも悪い、前述のレヴェルに達しかつ更に悪い減速に悩まされた例を、ニコラエ・チャウセスクのルーマニアの1例しか見つけることが出来なかった。

彼は、中国の高齢化によって引き起こされる問題にだけ、かなり楽天的だ。この先数年で、中国の被扶養者に対する労働者の割合は、上昇をやめ、下降に転ずる。彼は、人口構成の逆転は2030年をすぎるまで中国の成長には重くはのしかからないだろうと論じて、それを脚注に追いやった。

もちろん、中国もアメリカも人々を脅かしうる。もし、中国の政治体制が破綻をきたせば、「全ての考えはダメになるだろう。」とサブラマニアン氏は認める。比較のためにインドネシア経済を挙げれば、スハルト大統領の32年に渡る支配を終わらせて金融危機から元に戻るのに、4年以上かかった。しかしその大変動すらもインドネシアの進歩を止めることなく、妨害しただけに過ぎない。アメリカもまた、サブラマニアン氏の推定する1.7%ではなく、一人あたり2.7%成長することによって、1990年代の活気を再発見するかもしれない。しかしその感動的な復活ですらも、2倍の速さで成長する中国経済の影でのアメリカ経済の低落を止めることはできないだろう。だから、アメリカ人が、彼らの「優勢がアメリカを負けさせる。」と考えることは間違っている。
 

反抗的か、融和的か?

もし中国がアメリカの地位を強奪すれば、どのような種類の覇権が起こるのだろう?それが「未熟な」超大国になるだろうと論ずるものもいる。豊かになる前に大きくなるので、それは国内の要求に安住して、世界的な義務を無視するだろう。もしそうなれば、世界は、英国に世界を先導する能力がなく、アメリカにその意思がなかった戦間期の無極世界経済に似ているのかもしれない。しかし、サブラマニアン氏は、中国を早熟の超大国として描くことを好む。それは世界でもっとも豊かな経済ではないかもしれないが、貧しくもないだろう。その生活水準は、2030年のアメリカの約半分で、今のヨーロッパよりも少し高いくらいだろう。

運が良ければ、中国は経済発展の早熟と経済外交のゆっくりとした保守性を結びつけるかもしれない。中国は、開放的な世界経済を維持することに関与し続けるべきだ。全く、中国のGDPに対する貿易依存度はアメリカよりも遥かに高いので、その関与はより深くなるかもしれないのだ。

サブラマニアン氏が指摘するように、中国の優越にはまた限度がある。1940年代のアメリカとは違って、戦争によってきれいにならされた空白の組織を受け継がないだろう。経済秩序は、目立った新しいものにはそれを明け渡さないだろうし、中国もまた、それを提供しそうもない。どうしてその地位を一番上に上げるのに役立った仕組を壊すためにその地位を使うのか?今週公表した白書の中で、中国国務院は、「中国は地域的覇権や、勢力範囲を求めない。」と主張した。それが未熟であれ早熟であれ、中国もまた、ためらいがちな超大国である。それが未来について心配し続ける限りにおいて、そのライヴァルはそれほど心配する必要はない。

Economics Focus欄より
 

発行日: 
2011-09-10
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加