チャイナ・シンドローム

アメリカ人のその地政学的ライヴァルへの不平は、力ではなく、別のことについてだ

ヴァージニア州スミスフィールドのハム愛好家にとって、なぜ中国の大物が間もなく彼らの町を支配する大豚肉生産者を所有するのかを説明するのがアメリカの弱みだ。ピーナッツのえさを与えられた豚を原料にしてそれからヒッコリーで燻製にされた地元のハムは、植民地時代に最初に名声を得た。スミスフィールドでは、豚のイメージは、誇りの象徴としてのアメリカの国旗と競い、店先、学校の運動用具、そして町の給水塔を飾っている。しかし、もし数十億ドルの買収が進めば、その町にある世界最大の豚生産者であるスミスフィールド・フーズは、中国の屠殺業者上海国際の子会社になる。

その買い注文のニュースは、アメリカ大統領と中国国家主席との間の6月7,8日に設定された首脳会談のすぐ前に入ってきた。承認されれば、それは、アメリカでの中国の最大の投資を記録し、さらなる投資が確かに続くだろう。それは、相対的な経済力について、そしてその二つのライヴァルが相互依存の新たな段階に踏み出す時どちらが上手を取るかについての疑問を提起する。その相互依存は、民主主義と法の支配についての哲学的違いは言うまでもなく、市場開放と企業秘密のサイバー泥棒についての困難な経済的論争と共存するので、なお一層特筆すべきだ。

スミスフィールドでは、中国の勃興と意図についての特定の問題は、より緊急になりえなかった。スミスフィールド・フーズは、断然最大の雇用者だ。しかし、大通りでの蒸し暑い最近の朝に、中国の意図はそれほど大きく言及されなかった。

代わりに、仰天した現地の人々は、そのアメリカ人社長のことについて話した。その会社は、職の安全を誓ってきた。外国人に売った後に、いかにして経営者たちは何かを約束できるだろう、と町の人々はあざけった。これらの外国人の性質はそれほど議論されなかった。その話は、アメリカ企業が外部の人の手に落ちたのを見ている悲しみの変わりだった。ある女性は、それが自己省察の瞬間だったと示唆した。聖書の中で、イザヤは外国人が神に仕えそこなう人々の土地を奪うという、と彼女は助言した。中国の買収を考えると、アメリカ人たちは「明らかに」落ちこぼれていた。

誰もストライキを予言したり政府にハムが(フランスのヨーグルトのように)戦略産業だと宣言するよう要求したりしなかった。あきらめの雰囲気があった。陽気に聞こえるよう努めたものもいた。その取引は健全なもののようだ、と市長のカーター・ウイリアムズは思い切って行った。中国はよりきれいな食品を必要とし、アメリカは世界市場を必要としているのだ。運が良ければ、スミスフィールドは、中国への輸出が沸くにつれて、新たな工場を作らなければならないかもしれない。いずれにしても、それについて我々ができることは世界に一つもない、とその市長は付け加えた。

もしウィリアムズ氏の現実主義が称賛されるのならば、他のアメリカ人の中には更なる憂鬱に向かい傾向がある人もいる。ピュー・リサーチ・センターによる地球規模の姿勢についての2012年の調査は、中国かアメリカのどちらがいま世界の経済的指導者だったかという質問に対してアメリカ人がほとんど均等に別れたことを見つけた。中国の回答者は、アメリカが依然として一番だと(正しく)言いそうだ。バラク・オバマの外交政策と経済支援の中で、あまりに多くのアメリカ人が中国の方が今より豊かだと考えている「神秘化」を情報源は報告する。その政府は時折、そのような悲観主義を押し戻そうと試みている。副大統領のジョー・バイデンは2011年に成都で学生に顎を突き出して演説をし、その中で彼はアメリカを、創造性と革新(すなわち彼が言及できたことのいくつかとは違って)を促進するために立ち上げられた教育制度と社会を持って、依然として「世界史上でもっとも豊かな国」として認めた。

スミスフィールド・フーズの社長のラリー・ポープは、彼自身の事業について似たような自信を持った議論を押し出す。アメリカは、良い豚肉を効率的に作ることになると、世界を打ち負かす、と彼は論ずる。彼の新しい中国の提携者は、世界を乗っ取りたいのではなく、その国民を養いたいと思っている。にもかかわらず、彼はアメリカ人が中国を恐れていると心配する。

彼はそれをあまりに強く言っているかも知れない。アメリカ人は、ヨーロッパ人よりもはるかに中国について注意しているが、最近生意気な隣のいじめっ子に突然気づく「日本の瞬間」を経験していない。彼らは、中国の技術的魔法のいくつかが、アメリカが二番手で中国が一番の国だと際立たせる「スプートニクの瞬間」すらも持っていない。ワシントンの政策立案者は、中国の軍事力について年が過ぎるにつれてより心配する。しかし、世論調査は、アメリカの大衆がむしろそれに懸念を持っていないことを示す。つまり、中国について不平を言う多くのアメリカ人は本当に何かほかのものについてのようなのだ。
 

偏狭さの危険

しばしば、「中国」はグローバリゼーションの化身だ。左側の多くにとって、それは、その労働者に寄り添うよりもむしろ職を他のところに輸出することを意識的に選ぶアメリカの社長たちの想定された強欲を意味する。オバマ氏は、ほとんどのアメリカ人にとって、「中国」は、特に製造業での失われた職を意味する、と側近たちに語っている。その1期目に、その大統領は企業にアメリカで勤め口を保ったり作り出したりするよう勧めることによって何百万もの職を取り戻す役に立つかもしれない中国政策を繰り返し探った。オバマ氏が実際的に経済的関与を追及することによって暗黙のうちに認めているように、そのような魔法の中国政策は存在しない。

一方共和党員は、世論調査をすると、「中国」の脅威をアメリカの公的債務と最も強力に関連付ける。彼らは、オバマ氏がアメリカを外国の債権者のなすがままにする債務をかさませて、怠惰な貧者の票を福祉やほかの贈り物で買っていると非難する。

これらの場合、中国についての政治的議論はスミスフィールドの大通りでの議論に似ている。それらはほとんどアメリカとその認識された内部の弱さについての議論なのだ。中国の政治家は、時に「アメリカ」の認識しがたい戯画を中国の開発と決意の全目的テストとして使って、逆に似たようなゲームを行う。しかし、もし二つの地政学的ライヴァルが、そうしなければならないように、共存するならば、彼らは戯画と自己陶酔を越え、お互いを理解するよう努力する必要がある。彼らは、他のことをしようとするには、あまりに大きく、そしてあまりに近くなりすぎている。

Lexington欄より
 

発行日: 
2013-06-08
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加