ペニーが落ちる - 硬貨鋳造

小さな金属のかけらに反する事例

ほとんどの人々は1セントのものに2セントは支払わないだろう。しかし、アメリカの政府はただそれをするのに去年1.16億ドルを費やした。その金を失う購入はお金そのものだ。主にその主原料の亜鉛の価格のために、2006年以来生産するのに1セント以上かかるペニー玉だ。

カナダが学んでいるように、鉄鋼はもっとよくない。そこの政府は最近その鉄でできたペニーを捨てた。アメリカの政治家は、その北の隣国の教訓を学ぶのに気が進まない一方で、気づいているかもしれない。2月14日のオンラインフォーラムで、バラク・オバマはペニーがもはや彼が信じるところのお釣りではないとほのめかした。15年前、一握りのペニーがあればマクドナルドでハンバーガーが買えたが、インフレのために硬貨では今ではフレンチフライ一つも買うことができないことを意味する。瓶に追いやられ、クッションの後ろで無くなり、ペニーは商業の促進というその主要な機能を行うことができなくなっている。自動販売機と駐車メーターはそれを受け付けない。取引の度に数秒を費やし弄んで、ペニーは紙幣を苦しめ、経済に年に何百万ドルもの費用をかけさせる。

ペニー愛好家と亜鉛産業のロビイストは、商売人は最も近いニッケル硬貨(5セント)まで価格を切り上げるだろうので、その硬貨の消滅は消費者にとって費用となるだろう、と反論する。経済学者の中には、店主が例えば9.99ドルを10ドルにすることを避けるために、実際には切り下げるかもしれないと示唆して、同意しないものもいる。アメリカ人は、いずれにしてもペニーをなくす費用を受け入れる意思があるようだ。その証拠は、それを使わなかったり、紙幣に変えるときに手数料を取る貨幣計量機の成功での、自らに課した費用だ。

ほかの国は、少しもひどくない結果で低価値の硬貨をなくしており、そして実は、アメリカもそうしている。1857年に、アメリカは当時実質価値で現在の10セントに相当する半セントを捨てた。これは、ペニーと同様に、作るのに約10セントかかるニッケルをなくすことを示唆するものもいることにつながっている。

議会はまだその硬貨を捨てることを承認していないので、造幣局はペニーをより安く作る方法を研究している。オバマ氏は、一方、ペニーの象徴主義に価値を見出している。「政府に時系列でみることのできる一つのことは、それから機能するものに投資できるように、機能しないものを取り除くことが、とても難しいということだ。」大統領は語った。「ペニーは、我々の持っているより大きな問題のいくつかにとって、よい隠喩についになっているのだ、と私は考える。」
 

発行日: 
2013-03-02
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加