ため息の橋 - コロンビア川横断橋

時に何が建てられているのか謎だ

太平洋岸北西部で珍しく晴れた日に、雪をかぶったフッド山はI-5号線を通ってコロンビア川を渡る運転手に壮観な光景を贈る。もし彼らがラッシュアワーに運転していれば、彼らはその光景を楽しむたっぷりの時間がある。オレゴン州ポートランドとワシントン州ヴァンクーヴァーをつなぐ1マイルの橋は、1日のうち4-6時間は混雑している。2本の3車線道の一つを封鎖する事故は、大規模な交通渋滞につながりうる。船が通るために毎日上がる橋は、20分間車を止める。I-5は合衆国西部を端から端まで走る。ここは、しばしばカナダとメキシコの間のたった一つの停止サインだとしてさげすまれる。

何千人ものヴァンクーヴァー人がポートランドに通勤しており、その橋は多くが近くの港で下された貨物を運ぶローリーの重要な経路に横たわっている。役人たちは何十年にもわたってその橋を取り換えることを考えており、今彼らは計画を持っている。二人の知事は、公的に賛成している。連邦の役人は熱心なように見える。地元の事業は契約している。そして、バラク・オバマは老朽化した社会資本の取り換えを重要なテーマにしている。しかし、その提案は行き場がないかもしれない。

オレゴン史上最大のそういった計画である、その35億ドルのコロンビア川横断橋(CRC)計画の下で、2つの橋梁構造物は安全路肩を含んだ10車線の構造にとってかわられるだろう。川の両側で5マイルの道路やインターチェンジが建設されるか更新されるだろう。運転手はわたるのに通行料を支払うだろう。その収入は資本借り入れの返済に役立つだろう。多くのヴァンクーヴァー人が使うために川を渡る、ポートランドのしゃれた軽鉄道は、彼らの側まで延伸されるだろう。建設は来年はじまるだろう。

しかし、提唱者が橋を21世紀に合うものだとみているのに、地元経済学者のジョー・コートライトは「1950年代の高速道路建設の考え方の最後の喘ぎ」を見る。CRCが頼っている交通成長の予測は、絶望的に時代遅れだ、と彼は主張する。アメリカ人は最近あまり運転しておらず、通行料が導入されれば交通は減るかもしれない(これはシアトルの似たような計画で起こった)。CRCの雇ったコンサルタントでさえも、2016年に交通料が始まれば交通が25-50%下がると予測している。料金を避けた車は、近くのI-205の橋を渋滞させうる。

批判者はまた、その計画の裏にある財務仮定があまりに楽観的だという。もし連邦政府が期待したほど力を貸してくれなければ、2つの州が何十億もの鉤に残されうると彼らは心配する。リベラルなポートランド人は、環境被害について心配し(そして訴訟を起こし)、保守的なヴァンクーヴァー人は、「犯罪列車」が水を渡って怠惰なものたちを運んでくることについて心配している。「それは、みんなが憎むものを意味する、みんなのためのものだ。」左寄りのシンクタンクサイトライン研究所のクラーク・ウイリアム=デリーは語る。

しかし、最大の障害は政治的なものかもしれない。オレゴンはCRCのために4.5億ドルの基金を承認したが、共和党が運営するワシントン州では、上院が(同じ)額にあわせるのに急いでいない。立法者は、連邦基金を確保するためには9月30日までに資金が準備されなければならないという警告を退ける。負担のあまりに多くを背負うよう言われていると示唆するものもいる。「我々は、どれほどオレゴンがこの計画を望んでいるかを見つけた。」共和党上院議員のアン・リヴァースは語る。

環境主義者と保守的な批判者をまとめた「緑茶党」の話は、早すぎるかもしれない。しかし、反対者は、もし現在の計画が捨てられれば、より良い設計が現れうる、と言う信念を分かち合っている。それがどのようなものだろうか、と言うのは別の問題だ。上流の事業への接続を確保するために、橋の高さを上げたいと思っているものもいれば、軽鉄道をなくすことに取りつかれているものもいる。通行料が交通に与える影響がわかるまで活動しないことを勧める者もいる。CRC支持者の立場としては、慎重に考え、拒絶した議論に対しての彼らの不満をほとんど隠さない。1年遅れるごとに、費用が5-7,000億ドルかさむ、と彼らは語る。

すべての公共事業計画が、特に2つの州を巻き込んだ舞踊術の困難さと言った、CRCの挑戦に直面しているわけではない。しかし、それは、アメリカの社会資本の差が、単にワシントンD.C.の現金の塊によって埋められると考えている人々にとっての警戒的な話としての役割を果たしている。
 

発行日: 
2013-04-06
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加