サハラの聖戦 - マリとアルジェリアの危機

フランスが聖戦士たちがマリを乗っ取るのを止めはじめるとすぐに、アルジェリアの彼らの共鳴者たちは彼らの地域的到達を示すために別の蹂躙をしでかした

半年間、その地域のアフリカの政府と特にフランスや合衆国といった様々な西側諸国は、アル=カーイダにつながった反乱軍が国の北半分を乗っ取ったマリについて苛立っている。今年の初めに、聖戦士たちが突然南に押し出し首都のバマコすらも脅かしたとき、問題は劇的に悪化した。

だから、フランス大統領のフランソワ・オランドは行動することを決めた。1月11日、フランスの飛行機が襲いかかり、反乱軍とその基地を爆撃した。さしあたりバマコは安全だ。しかし、フランス大統領は自身にひるませるような仕事を課している。彼の作戦が正確に何を狙っているのか、そしていつどのようにして彼の軍隊が出ていくのか誰も知らない。

さらに、聖戦士たちは彼ら自身の国境を越えた広がりを、アルジェリア南東部のイナメナスのガス油田設備を急襲することによって、劇的に示した。フランス人、英国人、そしてアルジェリア人が一人ずつその攻撃で亡くなったと言われる。自身をイスラム聖戦士血盟団と呼ぶそのテロリストたちは、多数のアルジェリア人と一団の外国人を人質としてとらえた。その数は41人だと攻撃者たちは言う。彼らは人質に爆薬付のベルトを巻き、彼らを殺すと脅していると伝えられ、フランスとその西側同盟国にマリでの作戦を中止するよう要求している。マリの聖戦士たちをくいとめる努力が続いているので、アルジェリアの砂漠でのイライラさせるにらみ合いはありそうに見える。

今年の初め、トゥアレグ族と多くが外国から来た雑多な聖戦士たちが混ざり合ったマリの反乱軍は、ゲリラたちがアフガニスタンのタリバンの線に沿った厳しいイスラム主義の支配を課している巨大なサハラ領域のかなり南のコンナの町を突然陥した。こんなから、彼らはセーヴァレーの町のそばの軍事空港を脅かし、マルカラでニジェール川に架かる橋の範囲内にいた。もし彼らがそれを陥せば、彼らはバマコに向かっただろう。

オランド氏の行動は彼らを止めているけれども、その紛争なとても終わったとは言い難い。反乱軍はたった2,000余りの数かもしれないが、彼らはよく武装しており、勇敢だ。誘拐されたヨーロッパ人に支払われた身代金に支えられて、彼らは北で侵略したマリ軍の基地やムアンマル・カダフィ没落後のリビアから得た武器を持っている。イラクやアフガニスタンのヴェテランもいる。ほとんどは、フランス軍やその地域の15か国が加盟する西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)から送られると期待される軍隊よりもはるかによくその砂漠を知っている。

コンナへのフランスの反撃の後で、反乱軍の別動隊が1月14日にバマコの約400キロ北東にあるディアバリーを攻撃することによって反応した。その反乱軍がのちに脱出したのか単に時期を待ち身を伏せていたのかははっきりしない。すべて4月以来反乱軍に抑えられていたガオ、キダルと並んで北部の三大都市の一つトンブクトゥの住民は、聖戦士たちの中には去ったものもいれば残ったものもいるという。男たちは依然として道でたばこを吸うのに神経質になっている。女性はヴェールをしないで外出するのを恐れている。反乱軍のすべてがコンナから追い出されたわけでもない。ある報道官は、フランスとその国民に対して業火の脅しを発した。

1月16日までに、マリにいるフランス軍の数は750人以上にまで増えた。更に2,000かそこらが差し迫って期待された。フランスの高官は、彼らがマリ軍と密接に行動を共にしていると語り、できるだけ早くECOWASの軍を迎えるのに熱心だ。190のナイジェリア人が1月17日に着くことになっており、さらに数百人がすぐに続く。しかし、フランスはしばらくの間戦いの負担に確かに耐えるように見える。英国空軍はフランスに供給品を空輸している。アメリカは諜報と兵站を、たぶん無人機と一緒に提供するかもしれない。しかし、どちらの国も兵を送りそうにはない。

ECOWASはフランスの作戦をはっきりと支持しているけれども、その地域のいくつかの国は、依然として緊張している。アルジェリアはその領空のフランスの飛行機に使わせているが、その発端に慎重なように聞こえる。しかし、その国内での人質事件は、マリでの反聖戦士作戦をより熱心に保証させるかもしれない。マリ独自の弱い軍隊は、去年の3月にアマドゥ・サノゴ司令(現在は将軍)に率いられたクーデター以来、逃亡と分割に悩まされている。

いずれにしても、ほとんどのマリ人はオランド氏に満足しているようだ。「ヴィヴァ・フランス!」の文字が新聞の見出しに踊る。女性が眠りを誘うようなまりのメロディを大音量でかけ仕事や店に行くためにスクーターに乗るのにその明るいドレスをまくり上げる、バマコの混雑した通りの一つで、バー・ブラ・ブラのオーナーセイバ・ケイタは、マリ人が世俗で人情がありのんきだと説明した。「全国民がイスラム主義に反対している。」彼はさらにビールをつぎながら語った。

しかし、自分の政府を大きく信頼しているマリ人はほとんどいない。先月、サノゴ将軍は急にその文民首相をくびにした。大統領代行のディオンクンダ・トラオレは、その国の言い争う政治家や軍人たちに選挙への時間割を受け入れるよう強いるにはあまりに弱い。ちょうど反乱軍が押し出そうとした今月の初めに、バマコでデモがあり、軍の任命した人物がトラオレ氏にとってかわるよう要求した。オランド氏は聖戦士たちを寄せ付けないかもしれない。しかし、マリをバマコの政治的混乱から救うことは全く別の問題で、彼は解決しようとするのを避けるだろう。
 

発行日: 
2013-01-19
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加