犯罪の下落の興味深い事例

 

犯罪は豊かな世界で急落している。これを下げ続けるために、政府は刑罰ではなく予防に集中すべきだ

1990年代に、保守的なアメリカの学者ジョン・ディルリオは、「超捕食者」の新種、「人間の生活に全く何の尊敬も払わず、未来に何の感覚も持たない子供たち」が、ほぼ無期限にアメリカを恐怖に陥れるだろう、と論じた。彼だけではない。専門家は、犯罪が増え続けるだろうと納得した。法を守る市民たちは、ガードに警備された門のある共同体に退却するだろう。政治家と警察長官は、怒鳴って統計をごまかそうとすること以外にほとんど何もできなかった。

ディルリオ氏はのちに撤回し、悲観主義者が間違っていたことがはっきりとしている。彼が書いてすらいるように、アメリカの犯罪の波は壊れているのだ。その町は大きくより安全になっており、残りの先進世界も続いている。日本からエストニアまで、財産と人々は1970年代以来ほとんどどの時よりも安全だ。予想を困惑させることに、景気後退は下降傾向を邪魔していない。アメリカがトレイヴォン・マーティンの射殺について激しく議論している時でさえ、新しいデータは、若いアメリカ人の殺人率が30年来の低さにあることを示している。

犯罪の中には、ほとんど死に絶えているものもある。1990年代には年に500件あったイングランドとウェールズでの銀行、住宅組合、そして郵便局への武装強盗は、去年たった69件だった。1990年には、14.7万台ほどの車がニューヨークで盗まれた。去年は1万台以下だった。オランダとスイスでは、道の麻薬密売人と詐欺師は町の中心から追い出されている。中毒者は今では高齢の男で、しばしばアルコール中毒で州のホステルに住んでいる。リトアニアやポーランドと言った国々では、1990年代に人々や薬物を密売倍していたギャングは、詐欺のようなそれほど暴力的ではない活動に動いている。
 

退潮

大事にされる社会理論は、捨てられている。伝統的な核家族の減少と増加する民族多様性が止められない犯罪の波を解放すると主張した保守主義者は、間違いだと証明されている。若者たちは、ますますひとり親によって育てられそうで、たくさんのコンピューターゲームで遊びそうだ。しかし、彼らは以前の世代よりもはるかに良い行動をする。不平等が減らなければ犯罪は決して抑制されることはないと論じた左翼は、同じようにばかげているように見える。

その減少に単一の原因はない。むしろ、いくつかが同時に起こっている。西側の社会は高齢化し、ほとんどの犯罪は若者によって犯される。特にニューヨークやロンドンのような大都市で、警察は犯罪の発生分析にコンピューターを使って、その活動はここ数十年大きく改善している。マンハッタンのいくつかの部分では、これは強盗率を95%以上減らすのを助けた。クラック・コカインやヘロインの蔓延は、燃え尽きているようだ。

最大の要素は、単に治安手法が改善していることかもしれない。車の車止めは、車泥棒を殺している。防弾スクリーン、保安ガード、そして印をつけられたカネは、ほとんど銀行強盗のためだ。警報とDNAデータベースは、侵入犯が捕まる可能性を増している。同時に、侵入犯への褒美は、電化製品がとても安くなっているので、下がっている。小さな店ですらも、今CCTVカメラと安全タグに投資している。犯罪の中には、今とても危険なように見えるものもある。そして、すべての犯罪者調査が示すように、犯罪を犯す主要な抑止力は、捕まることの恐れなので、それは重要だ。
 

カフスを緩める

多くの保守主義者は、このリストが犯罪が減少した主要な理由を省略していると考えるだろう。過去20年間にわたって、大西洋の両側ではるかにより厳しい実刑が導入されたのだ。100人に一人のアメリカ人の大人が、今刑務所内にいる。これは明らかにいくらかの影響を持っている。獄中の若者は、車を盗むことができないのだ。しかし、厳しい実刑が原因ならば、受刑者の数を減らしているオランダとドイツでは犯罪は下がらないだろう。ニューヨークの受刑者人口は1999年以来1/4下がっているが、その犯罪率は多くの他の町よりも速く下がっている。

厳しい刑罰と特にある種の犯罪への長い刑期付き有罪は、ますます非生産的なように見える。アメリカの刑務所は老人であふれており、その多くは罪を犯してからかなりたっていたり、治療でよりうまく行っていただろう非暴力の薬物使用者だ。刑期付き有罪の開拓者カリフォルニアでは、受刑者の1/5以上が50歳を超えている。一人を中に入れておくために、納税者に年に4.7万ドルの負担がかかる(スタンフォード大学の学費とほぼ同じだ)。そして、刑務所はリハビリよりも懲罰を強調するので、犯罪問題に残っているもののほとんどは、本当に常習犯問題だ。例えば、イングランドとウェールズでは、初犯の数は2007年以来44%下がっている。15以上の有罪判決の人の数は増えている。

政治家は、これを把握しているようだ。アメリカでは、議会によって規定された新たな刑期付き有罪の数は、減っている。共和党が強い南部でも、リック・ペリーやボビー・ジンダルと言った知事たちが、薬物使用者の投獄よりも治療を好む政策を採用している。英国はその受刑者に加えるのを止めている。しかし、人々が刑務所から出た時に支援し、中毒者を助けるために、さらに多くのことができる。オランダとスイスでは、ひどい薬物中毒者は、刑罰よりも治療によって減らされている。アメリカの中毒者は、対照的に、しばしばカウンセリング以上にほとんど何もされない。

警察業務も鋭くされうる。そして、緊縮の時代には、そうしなければならないだろう。今、警察官は車泥棒や侵入犯に反応するのに、その足を飛ばしていないので、彼らは予防に集中できる。犯罪を予想しようとするのにデータを使う予報警備は、特に見通しがある。さらに多くの国で、英国やオランダで使われている種類の、街路を巡回しより高給の警察官を犯罪解決に有効活用できるようにする、文民の「共同体支援官」を使うことができる。

より良い訓練を受けた警察官は、新たな犯罪に集中することができる。伝統的な手法は、クレジットカード詐欺や脱税と言った金融犯罪を含まない傾向にある。これらはめったに正しく記録されないので、それらは犯罪の大きな下落に貢献していない。強姦や殺人とは違って、それらは大衆の恐れを惹き起こさない。しかし、警察が技術時代に適応するにつれ、それは同じく犯罪者もそうしているということを思い出させるものでもあるのだ。
 

発行日: 
2013-07-20
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加