きれい、安全、そして自動運転 - 自動車の未来

車はすでに我々の生き方を変え、再びそうしそうだ

ほかの種のように、発明の中には、定期的な跳躍をしているように見えるものもある。車はそのうちの一つだ。カール・ベンツがそのもともとの小規模車生産を始めたのと、車を現代の都市風景を規定するどこにでもある大規模市場のものに変えた1913年のヘンリー・フォードと彼の技術者による突破との間には、25年の時があった。T型の生産をデトロイトの彼の工場の床に置かれた動く組み立てラインの上に置くことによって、フォードはそれを作るための時間、そしてその費用を抜本的に削減した。このようにして個人の可動性の革命が始まったのだ。

現在、車は別の進化の爆発への準備ができているようだ。その一つの変わり方は、排出に関わる。新興市場が豊かになるにつれて、新しい消費者の一群が彼らの1台目の車を要求している。全世界がアメリカの所有水準に追いつくためには、地球中の全車両は4倍にならなければならないだろう。その成長のほんの一部だけでも、混雑や燃料価格から、汚染や地球温暖化まで、恐ろしい挑戦を贈るだろう。

しかし、より厳しい規制とより賢い技術により、車はかつてないほど、よりきれいに、より燃料効率がよく、そしてより安全になっている。その町がスモッグで窒息している中国は、有毒な窒素酸化物と細かいすす粒子の排出抑制を課すことでヨーロッパに続いている。ほとんどの大きな車市場は、車の排気ガスから排出される炭素酸化物の大きな削減を要求している。そして、車の生産者は従うやり方を見つけるのに著しく発明的になっている。

その通り、電池搭載自動車は失望させている。それらは高いままで、移動範囲が狭く、例えば石炭火力発電所からの電気で走ればそれらは見た目よりも汚い。しかし、車会社は、他のきれいな技術に大きく投資している。将来の車運転手は、超燃費の良いガソリンとディーゼル車、(電気と内燃エンジンを切り替える)ハイブリッド、そして天然ガスか水素で走る形式の、広がった選択肢を持つだろう。純粋電気自動車については、その時は疑いもなく来るだろう。
 

運転手なしの、ほとんど衝突なしの車に向かって

一方、運転から多くのストレスを取り除くだけではなく、多くの事故を防ぐ、多様な「運転手補助」技術が新しい車で現れている。さらに多くの新車が後方駐車ができ、交通標識を読み、安定した交通の中で安全な距離を維持し、衝突を避けるために自動的にブレーキをかけることができる。自動車生産者の中には、歩行者や自転車を検知して、再び運転手を無効にし、彼らに衝突する前に自動車を止める技術を約束するものもいる。グーグルを含んだいくつかの会社が、管理する人なしに目的地を選んで自動運転する車を作り出すことによって、その論理的結論へ運転手を補助しようと忙しくしている。それが面白くなっているところだ。

グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリンは、5年以内に運転手なしの車を消費者に売る準備ができるだろうと予測する。それは楽観的かもしれない。しかし、カリフォルニアの高速道路に沿ってその職員(と本誌からの訪問者)を運ぶのにグーグルがすでに使っている試作品は印象的だ。グーグルは、一から作った無人自動車を世界に提供しようとしているが、それは段階を踏んで進化し運転手に受け入れられそうだ。

センサーと運転補助ソフトがその事故を減らす能力を示すにつれ、規制者はそれをすべての新車に義務付けるよう動くだろう。保険業者はすでに、運転手がどれだけ注意深く運転しているか測るブラックボックスを受け入れるよう彼らに圧力をかけている。これらは、自動運転の車をしばしば人が運転するよりも安全にすることを示しそうな大量のデータを提供するだろう。コンピューターは決して飲酒運転や携帯メールを打ちながら運転しない。

車が完全に運転手なしになった時、これを欲する人々にとっては、その利益は巨大だ。グーグルは目隠しした人を試作品にのせ、お持ち帰りタコスを買うために運転される彼を映像に映した。多数の高齢者と障碍者が、個人の可動性を取り戻すことができるだろう。若者は、ひどい自動車保険に支払う必要がない。彼らの無謀な手と足はもはや車輪やアクセルに触れることがないからだ。アメリカだけで年に200万人が病院を訪れ、世界で年に120万人が亡くなる、巨大な犠牲者数は、医療制度や保険費用とともに、転げ落ちてしかるべきだ。

自動運転車はまた、混雑を緩和し、燃料を節約して当然だ。コンピューターは人間よりも早くブレーキをかける。そしてそれらは、前の車がブレーキをかけた時、察知することができる。だから、自動運転車は、人間が安全に運転できるよりも、お互いもっと近づいて運転できるだろう。自動車道路では、それらは燃費の良い「道路列車」を形成し、前の車のスリップストリームの中に沿って滑るように動くことができるだろう。車によって通勤する人は、毎日の通勤、急速、または新聞を読むことで何時間も節約するだろう。
 

道路封鎖が前にあります

車メーカーの中には、この未来が(ヘンリー・フォードがかつて歴史について行ったように)寝台だと考えているものもいる。人々は、彼らがコントロールできない車の中で自動車道を飛ばすことは怖くてできないだろう。コンピューターは壊れないのかい?その自動運転技術が事故に巻き込まれた自動車メーカーは、法外に高い訴訟に直面するかもしれず、それを開発し続ける気が無くなるかもしれない。

しかし、多くの人々はすでに、もはや人間の運転手を必要としない飛行機や列車で、知らず知らずに旅をしている。これらの技術で、運転手なしの車に向けての動きは徐々に起こっている。車のソフトは、人々が危険を避けるために使う技を学ぶ。例えば、ボールが道路に転がり込んでくると、子供がそれを追っかけてくるかもしれないので、ブレーキをかける。グーグルの自動運転車はすでに多くの人間がこれまでに運転したよりも多くの70万キロ以上に達しており、彼らの学んだものすべては、そのソフトを使った全ての他の車で利用できるようになる。責任問題について言えば、もし事件が起きた時には法廷が自動運転技術の全体的な安全上の利益を考慮に入れることを確保するよう、法は変わるべきだ。

もし運転手なしの車が角を曲がるという考えが不自然に聞こえるのならば、テレビや空気よりも重い空飛ぶ機会もかつてはそうだったことを思い出すといい。ある日、人々はなぜ前世代が、人間と同じように謝りやすい運転手のように、自動車と同じくらい危険な機械をずっと信じていたのか不思議に思うかもしれない。
 

発行日: 
2013-04-20
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加