サンダーバードたちは過ぎ去る - 過去の将来技術

ある英国の防衛企業が、飛ばなかった空想の飛躍を明らかにするその記録を公開する

ある時代の読者は、アンダーソンが言うところの「スーパーマリオネーション」で映像化したジェリーとシルヴィア・アンダーソンのSF人形劇『スーパーカー』、『 宇宙船XL-5』、『 海底大戦争 スティングレイ』、『 サンダーバード』、そして『 キャプテン・スカーレット』を覚えているかもしれない。『 キャプテン・スカーレット』を特に覚えている人は、この絵のうち一つを特に不自然に親しみを感じるかもしれない。空飛ぶ空港であるイングリッシュ・エレクトリックのジェット戦闘機離陸プラットフォームは、不死身の船長が動かしたクラウドベースのようではない。しかし、それは、その空想上の対応物のように、自身が離陸している間に飛行機の発着をすることを意図していた。それは、そうでなければその上に乗っている飛行機が接続できない例えばジャングルの開拓地に垂直に離発着しただろう。

イングリッシュ・エレクトリックは、最後にはBAEシステムズになったものに合併された企業の一つで、BAEは最近その文書保管を終わらせ、設計者の想像が実際性や予算をほとんど考慮することなく暴れまわることが許された1960年代の栄光の日々に夢見られたその計画のいくつかを公開している。例えば、MUSTARD(複数単位空間運輸回復装置)は、英国航空機会社(BAC)によって設計された。それは、ヴァージンが間もなく有料顧客を宇宙の端に連れて行きたいと望んでいるヴァージン・ギャラクティックのスペースシップ2にも似ているけれども、『 宇宙船XL-5』か『スーパーカー』から何かを変形しているかもしれない。1層だけが軌道上にのせられただろうが、それは3層の宇宙船だっただろう。他の二つは再利用可能の補助ロケットだった。

BACも持っていたアンダーソン版の「空飛ぶジープ」は、国際救助のためのその使命の一つでのサンダーバード2によって運ばれたポッドから簡単に現れたかもしれない。垂直離陸のテーマを続けて、そのジープはその吹込みが溝のような障害物を越えるのを助けただろう12のファンを持っていただろう。そして、ポケットのハンカチと比べてもそれほど大きくない都市部の空港に着陸できる旅客機として意図されたホーカー・シドレーの都市間垂直揚力機は、国際救助隊のロンドンの代理人レディ・ペネロープ・ クレイトン=ワードを、メイフェアのペントハウスからニューヨークへ日帰りの買い物のために軽々と運んだだろう。

悲しいことに、これらの幻想はどれも具体化しなかった。それらは、アンダーソンの人形劇のように仮想上のもののままだ。高すぎる。またはうるさすぎる。または単にあまりにばかげている。(ホーカー・シドレーが世界を驚かせたハリアーで示したように垂直離陸戦闘機を作ることができるときに、なぜ垂直離陸できる飛行場を作らなければならないのか。)しかし、それが未来についての奇妙なことだ。昨日の明日についての夢ほど速く年老いるものはないのだ。
 

発行日: 
2013-06-22
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加