別のソマリア? - ギニア湾

西アフリカでの海賊行為が盛り上がっている

アンティグア・バーブーダ船籍のコンテナ船MVアモイ市は、完全武装の14人の海賊がその船に乗り込みその隠し部屋に押し入った4月25日の夕方に、ナイジェリア沿岸から約160キロ離れたところにいた。彼らは、発表されていない額の現金と、たぶん身代金が支払われた後の5月13日に解放された5人の船員を連れて逃げ去った。

その事件は西アフリカのギニア湾での典型的な海賊行為だ。それは暴力的で、素早く、そしてほぼ全員がナイジェリア人だった。1990年代に、ニジェールデルタでの政府の不正に対する平和的な抗議運動は、暴力的で犯罪的な反乱に堕落した。武装したギャングが漁船を捕らえ、石油をパイプラインから盗んだ。石油会社はより多くの操業を海上に移すことによって反応した。ギャングは後を追った。2006-09年の反乱の高みの間に、彼らはその広がりをナイジェリア海域を超えて拡大した。それ以来、南はガボンから西はリベリアに至るまでの間で、船が目をつけられている。

世界で海賊行為を追っている国際海事局によって集められた人々は、その地域の攻撃頻度が満ち引きしていることを指し示す。しかし、安全保障専門家は、西アフリカの海賊行為は悪くなっているという。報告された事件は、2011年の44件から2012年の62件に跳ね上がっている。今年は、今までのところ28件が起こっているが、かつてないほど悪くなりうる。2012年の湾岸での船への攻撃のうち10件はハイジャックで、それは世界合計の1/3を超えている。もっとも面食らうのは、海賊が洗練さを増していることだ。その事務所の理事補佐キュロス・ムーディーは、攻撃が海のより遠くで起きており、沿岸から140カイリの所で起きているものもあるという。そして、誘拐が依然として珍しい一方で、その行為も増えているかもしれない。

海運会社は船の安全を増している。身代金要求とともに、保険料率も上がっている。この過熱は、いくつかの西アフリカ諸国が会場の石油やガスを見つけているまさにその時にやってくる。ヨーロッパのおよそ40%と北アメリカの29%の石油消費が、アンゴラからを含んだ、ギニア湾を通ってくると言われる。

ソマリア沿岸の海賊行為は、外国の介入のおかげで、去年ほとんどゼロに下がっている。しかし、その主権侵害を恐れる西アフリカ政府は、今のところ西側の海軍の警備の考えを歓迎していない。さらに、地元の治安関係者の中には海賊から支払いを受けているものもいるかもしれない。諜報を分かち合い調和して反応するための地域作戦センターを打ち立てるための努力は、その場所を巡るけんかの中で、失敗している。もっとも明白な選択肢であるナイジェリアは、その隣国たちによって拒否された。
 

発行日: 
2013-05-25
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加