金の指を持つゲルギエフ - マリインスキー劇場

ウラジーミル・プーチンは、ロシアの指導者としての10年目を始める。2つの作品のうち一つが、彼のより印象的な友人たちの一人によってランドマークの劇場のこけら落としを特色づける

ある日、1988年以来サンクトペテルブルグのマリインスキー劇場の芸術監督を務めるヴァレリー・ゲルギエフのために彫像が建てられるだろう。それは、皇帝アレクサンドル2世からその妻マリアへの誕生日の贈り物として1960年に名づけられた古いマリインスキー帝室劇場と、7億ドルをかけゲルギエフ氏がその60回目の誕生日の5月2日に開いた新しいものとの間に建つだろう。暗く半分閉じた目で強力な存在感を持つゲルギエフ氏は、たとえその指揮者がずっと静かになるのを想像するのが難しかろうとも、彫刻家への贈り物だ。

新しいマリインスキーへのこけら落とし公演は、その指揮者の真髄を捕らえた。ゲルギエフ氏が、セルゲイ・プロコフィエフの『ロミオとジュリエット』からの劇的なモンテギュー家とキャプレット家の組曲に彼の交響楽団を突っ込んだとき、背景映像が新しい劇場を飛び回るクリスタルボールを示した。輝く階段を登り、ロビーを通り、更衣室を出入りし、屋根を越え、そして空へ上がったのだ。

ゲルギエフ氏も、その足をほとんど地面につけていなかった。しかし、彼は、プロコフィエフの指揮であれ、建物の点検であれ、彼がしていることに何でも集中し続ける。その新しいマリインスキーを届けているのは、進んだり止まったりする計画の長い年月にもかかわらず、この集中と精力の結びつきだった。

ロシアでは、ゲルギエフ氏は、そのウラジーミル・プーチンへの忠誠と、その才能をますます後退する体制の正統化に貸していることで、非難されている。マリインスキーは、明白にプーチン氏の後援から利益を得ている。帝国劇場は、それ自身では成長しないのだ。

ゲルギエフ氏にとって、「帝国劇場」は依存よりもむしろ品質の印だ。その卓越、哲学、そして仕事倫理の点で、マリインスキーは、その直接の対照物としての現代ロシア国家の外観ではほとんどない。クレムリンがますます孤立主義者になる一方で、マリインスキーはかつてないほど開かれ、拡張主義者になっている。ゲルギエフ氏の次の野望は、マリインスキーのバレエとオペラの生中継を3D方式で世界中に発することだ。その名指揮者は、ロシアについてのニュース報道が、特に西側では、抑圧、殺人、そして不正の物語で支配されていることにかなり気づいている。開幕の夜に申し分のない英語で外国記者向けに演説をして、「ロシアはとてもしばしば、考えるがいつでも十分に深いわけではなく、いつも正しいやり方で行動するわけではない国であるとみられている。ロシアを含んだ全世界は、間違いを犯す。そして、ありがたいことにロシアを含んだ、全世界はよいことをする。」と彼は説明した。マリインスキー2世はよいことだ。

その2,000の座席と注意深く作られた音響で、その劇場は印象的な技術的柔軟さを提供する。一つの特にロシア的な詳細は、蹄鉄型の観客席の真ん中に設置された(ツァーリ席として知られる)大きなVIP席だ。開幕の夜の正装ガラコンサートでは、ツァーリ席はゲルギエフ氏の家族が占領した。開幕演説の中でゲルギエフ氏を賞賛したプーチン氏は、87歳のバレエの女神マイヤ・プリセツカヤを含んだロシアの文化的人物の間の小部屋で見られることを選んだ。

音楽と政治は、いつでもロシアでは一心同体で、その開幕ガラコンサートでもそうだった。しかしながら、プーチン氏の重警備にもかかわらず、たとえ政治的含みを持っていたとしても、それは主として芸術的な祭典だった。5つの回転舞台を含んだその劇場の技術は、継続性と伝統を強調するために展開された。女王のドレスの裾に似せて1914年にアレクサンドル・ゴロヴィンによってデザインされた物のコピーであるカーテンは、古い宝石箱のマリインスキー劇場のモデルを現させるために上がった。子供たちや若い芸術家たちが、その薄緑の入り組んだ座席やバルコニーを満たした。古いものと新しいものの間の鏡の幻想が、『ボリス・ゴドゥノフ』からの戴冠のシーンの驚くべき効果を示した。古いマリインスキーの王室席から現れたその英雄は、観衆の中にはプーチン氏を見るものもあらわれたアリアとともに、新たな舞台に上がった。

わが魂は悲しい!

秘密の恐怖が私にまとわりつく。

悪い予感で私の心は

息苦しくなる…。

現代ロシアツァーリへの暗示は、間違えようがないにしても、はかなかった。その君臨が「動乱時代」として知られるときに終わったボリス・ゴドゥノフのストーリーは、ロシアの観衆が簡単に忘れるにはあまりによく知られている。

政治は、しかしながら、ゲルギエフ氏の心の中の最後のものだ。オーケストラピットの中に建ち、彼はより切迫した問題を持っていた。「私が考えているのは、止まらずに舞台を回す機構のことだけだ。」起こったように、イーゴリ・ストラヴィンスキーの『春の祭典』を5月13日に始まる予定のサシャ・ヴァルツの現代版の試演への再構築によって、その舞台は過去から未来に切れ目なく動いた。そのガラコンサートの閉幕の時、ゲルギエフ氏のお気に入りの歌手の一人、ツェルリーナ役のアンナ・ネトレプコは、その名指揮者自身によって連れ去られる前に、それぞれがかつてないほど大きなバラのブーケを持った4人のドン・ジョヴァンニによって求婚された。

しかし、彼がもしそこで止めたのならば、それはゲルギエフ氏ではないだろう。そのパーティーはさらに2日間続いたのだ。ハイライトは、ゲルギエフ氏とその友人たちが思う存分演じた、次の日遅くのコンサートだった。ギリシャ人ヴァイオリニストレオニダス・カヴァコスが、ブラームスのヴァイオリン協奏曲ニ長調で気持ちを盛り上げた。ピアノではデニス・マツーエフがラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲で観衆の目をくらませた。72歳のスペイン人テノールプラシド・ドミンゴは、ヴェルディの『ナブッコ』からの序曲を演じて、驚くべき現れ方をした。

そのコンサートは、深夜遅くまで終わらなかった。それは、25年後でさえもじっとしているのが不可能だとわかった指揮者のはためく指によって呼び出された、純粋な音楽的魔術の瞬間だった。
 

発行日: 
2013-05-11
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加