未来に帰る - 非同盟運動

非同盟運動は時代錯誤的に見えるかもしれない。そうではない理由がある

今年の初めに、私の家族と私は、高齢の門番が近づいてきたとき、メキシコ市人類博物館で恐ろしいアステカのフリーズを見つめていた。彼は、我々がどこから来たのか知りたかった。「インドだ」我々は言った。すぐに、彼の唇は笑みで歪んだ。インドは導いた、と彼は解説した。それは社会主義の過去を持ち、帝国主義に持ちこたえ、反植民地運動の望みを提供した。私の初歩のスペイン語では残りについていけなかったが、彼は初代インド首相のジャワハルラール・ネルーの名前を言うとき、胸をたたいた。ネルーの娘で首相でもある、インディラ・ガンジーは「私の母親」のようだ、と彼は言った。

我々は非常に驚かされているが。彼の感情はそれほど驚くべきことではない。最近のほとんどのメキシコ人がガンジーをその母親だと参照するのを想像するのは難しい一方で、その門番のインドへの愛情は異常ではなかった。実に、そのような夢見るようなまなざしの団結はかつて北の国々の外に住んでいた前の世代の全世界観を形作った。

西側では、人々は20世紀の後半を振り返り、資本主義と共産主義、自由民主主義と全体主義の間の衝突である冷戦の二元論の紛争だけを見る。しかし、それはいつでもそれよりもはるかに複雑だった。世界のほとんどは、依然として帝国の影や人種差別や外国による搾取の遺産から浮かび上がっているところだった。生まれたばかりの国々は当時の核武装した二つの超大国とほとんどかかわりを持ちたくなかった。

合衆国とソ連の両方の影響から自由になる道を切り開こうとする国々のブロックである非同盟運動(NAM)は、独立の精神で1961年に設立された。NAMのピーク時に、そのメンバーはインドネシア、ユーゴスラヴィアからアルゼンチンにまで広がっていた。その貧者にやさしい反戦政治は、国連の原子力機関やその開発計画といった組織を押し上げるのにつながっただろう。丁寧でケンブリッジで教育を受けたの弁護士で、1947年にインドが自由を勝ち取った時、その瞬間を「長く抑圧された国の魂が言葉を見つけた」時と話したことが有名なネルーよりもこの計画で目立つ政治家はほとんどいない。彼はアフリカからラテンアメリカまで第三世界の仲間に感銘を与え続けた。

しかし、それはその時のことだ。先週、NAMの傘の下に120か国程度からの元首や高位の人々がテヘランに集まった時、郷愁の余地はほとんどなかった。冷戦が終わって、NAMはほとんどいつも古臭い要点を得ない遺物として退けられた。いくつかの点で、そのブロックは失敗だ。南の世界を代表する機関として、それは1979年のソ連のアフガニスタン侵攻や1990年の合衆国の最初のペルシャ湾干渉を食い止めるにはあまりに弱く分断されていた。何十年も平和と非武装を要求してきた後で、NAMの中核的加盟国は今では世界の主導的な武器購入国の中に位置づけられる。NAM創設者の社会主義者の人の好さは、BRICsの厳然たる冷血さに道を譲っている。インドでさえも、ニューデリーのエリートの中にはネルーの国際主義的道徳主義は素朴で自滅的な厄介者だと語るものもいる。

NAMが国際的な前面に最近到達してすらいるということは、その継続的な適切さの結果というよりも、よりその敵のためだった。イランはNAM指導部の持ち回りの3年間のマントになると推測されており、それはテヘランの核計画に国際的な圧力を提起しようとするアメリカとイスラエルのタカ派には大きな無念だった。合衆国国務省は、そのイスラム共和国の人権記録について怒りを発し、国連事務総長の潘基文に参加しないよう促した。しかし、その要求は無視された。その組織が始まって以来NAMの首脳会談を欠席した国連の長はいない。

代わりに、合衆国がその周辺諸国に不平を言った時、NAMは新しい現状維持を反映するように見えた。エジプトのイスラム教徒大統領ムハンマド・ムルシーは、幾分かはシリアでの血なまぐさい紛争への解決を見つける外交的包みを送るために、テヘランに飛行機で飛んだ。それはワシントンが自分で成し遂げるてこをほとんど持っていないことだ。彼の国のイランとのつながりへの何か月にも及ぶアメリカのいじめを無視して、インド首相のマンモハン・シンはイラン大統領のマハムド・アハマディネジャドとの本質的な話し合いをした。その議題の中心は、合衆国とNATOの軍隊が2014年の終わりに引き揚げてから長く両国にとって頭痛になり続けるだろうアフガニスタンの安定化についての両国が分かち合う関心だった。

「NAMは今では単なる地域主義の名前だ。」コネチカットのトリニティカレッジの国際関係学教授のヴィジャイ・プラシャドは語る。「そして、世界政治の未来は、合衆国国務省ではなく、この地域的な考えの中にある。」古い団結は無くなったかもしれないが、その場所の中には、はるかに現実の何かがある。権力だ。
 

発行日: 
2012-09-10
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加