ボールを見る - プレミアリーグ

世界でもっとも豊かなサッカーリーグはビッグデータを抱きとめている

リヴァプール・サッカー・クラブが8月17日にストークとの開幕戦に臨むとき、それを最も近くで見るのはアンフィールド競技場の4.5万人のサポーターではないだろう。212か国の8億世帯に広がった観念的な英国プレミアリーグ(EPL)ファンの一団も、そのゲームをもっとも詳細に見るわけではないだろう。EPLは新たな観察者の種を持っている。勝つための最善の方法を発見するために統計を使って注意深くそれぞれの動きの後を追う洗練されたデータ会社だ。

EPLでの賭け金は高い。大きなテレビ視聴者がそれを世界でもっとも豊かなリーグにし、今季31億ポンド(48億ドル)の純収入が予想される。しかし、EPLのクラブはたくさん稼ぐけれども、彼らはたくさん費やしもする。才能は値が張る。選手の給料は平均的なクラブの収入の70%を吸収し、その数字が94%にもなるところもある。プライド以上のものが懸かっているのだ。そのリーグよりも下の収入はEPLの1/4なので、規制は収入がその支出にはるかに及ばないクラブをそのままにできる。何人かが見つけたように、規制されることは死のスパイラルの原因になりうる。

チーム一覧に載ることは栄光と破産の間の違いを意味しうるので、最高の価格で正しい選手を見つけるために地球を旅行するスカウトを雇う。最近まで、彼らの情報収集はかなり旧式だった。勇敢なスカウトは雨の中で下位リーグの試合を見るのに何時間も費やしただろう。しかし今では、オプタやプロゾーンといった会社がたくさんの有益なデータを集め、料金を取ってクラブやメディアにそれを売る。ピッチ脇のアナリストは、一般的に試合ごとに2,000かそこらの「事件」についての情報を集めて、すべてのタックル、パス、そしてゴールの記録を取る。競技場の上で、カメラの塊が選手の動きの後を追い、その距離、速度、そして加速を記録する。

冷たい固い数字は新鮮な見方を提供する。昨季目立ったEPLの選手ガレス・ベイルを例にとる。そのウェールズ人選手は見つけるのが簡単なようだ。彼は強く、ドリブルが早く、たくさんのロングシュートを決める。しかし、データをかみ砕くと、彼のクラブトッテナム・ホットスパーにとって同じように重要なほかの属性も示唆する。ベイル氏は相手のパスをきちんとカットし、自身は多くのパスを成功させる。彼がボールを取ってキープするのが上手だという事実は、彼のチームのディフェンスにたくさん貢献する。それは、彼のゴールと同じくらいスパーズに役立つ。

同じ属性を持った選手を下部リーグで探すことで、クラブはより安い才能を見つけたいと思っている(ベイル氏の議論された販売価格は8,500万ポンドだ)。最終的な賞は粗野なより小さなリーグの中でのダイヤモンドである安売りのベイルを見つけることだ。そのためにも、別のトップクラブのチェルシーは、世界中の15のリーグのすべての選手のデータを準備している。

アメリカのスポーツは、このやり方がうまく行くことを示す。1990年代の終わりに、みすぼらしい野球チームのオークランド・アスレチックスは、ひどい成績だった。しかし、それから、彼らは、過小評価の選手を見つけるために野球で利用できる巨大なデータセットの分析を始め、彼らを格安で手に入れた。それはうまく行った。2002年に、アスレチックスは新記録となる20連勝を楽しんだ。たくさんの新データが利用できるようになり、EPLのクラブは気づいている。去年、リヴァプールは生物物理学でphDをもったデータ科学者を採用した。

依然として、コンピューターはスカウトを完全に追い出すところではない。オプタのアナリスト、サム・グリーンは、人間の観察者はコンピューターはしない文脈上の詳細を考慮に入れると指摘する。例えば、低い技術のチームでプレイするあるディフェンダーはしばしばどんな時でも前線にボールをけりこむ。それは思慮がないようだが、この「農業的」やり方は才能の欠如を意味しないかもしれない。彼のチームメイトは単にパスする価値がないだけかもしれない。技術を文脈をほどくことは、コンピューターがまだできないことなのだ。
 

発行日: 
2013-08-17
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加