宇宙人へのスペクトル - 民間宇宙産業

アメリカの通信規制者は、商業的ロケット技師に支援を与えることを狙う

アメリカの主たる通信監視機関の連邦通信委員会(FCC)は、地表から離れられない会社の間に音波を割り当てていたものだ。それはまた、衛星のいくつかへの周波数も監視している。今、それはさらに宇宙に向かっている。その委員長のジュリアス・ゲナチョウスキは、民間ロケット発射に使うことができる特別なラジオ周波数を作り出す計画を間もなく発表することが期待される。

この事業は今、離陸し始めている。そのドラゴン宇宙船が国際宇宙ステーションに再補給しているスペースXはすでに、そのファルコン9ロケットの5基の発射を準備している。そして来月、別のアメリカ企業オービタル・サイエンスが、そのアンタレスロケットの試験発射をする予定だ。民間宇宙産業が発展するにつれ、その支持者は、それが天空に宇宙飛行士からその遺物を宇宙に託したいと思う人々の灰まですべてを運ぶだろうことを望んでいる。

モノを宇宙に送るには、たくさんの洗練された技術が必要になる。それはまた、宇宙船の後を追うことから何か間違ったことが起きた時に自己破壊命令を送ることまで、すべてのことにラジオ周波数を必要とする。FCCは、民間打ち上げのために一時的に使われる周波数を確保するために、軍隊やNASAを含んだ様々な組織と調整している。それはすでに、急いでまとめられた周波数を伴ったいくつかの一度きりの承認を発している。

一人の産業内部者は、このその場限りのやり方は、会社が発射の時にあわせて周波数を得ることができるかどうか確かではないので、場合によっては「いくらかの胸焼け」に原因となっているという。さらに、その周波数が有害な干渉を受けないという法的な保証は何もない。だから、専用の周波数のための公式免許過程と、その周波数がロケット技師にとって安全だと保障する法を安置するための基礎を敷く、FCCからやってくる次の動きなのだ。

FCCの委員長として、ゲナチョウスキ氏は、ブロードバンド展開の奨励や合併の管理を含んだ複数の責任を持っている。(3月12日に、その委員会は2つのワイヤレス会社のTモバイルUSAとメトロPCSの間の提案された提携を承認した。)しかし、FCCの影響力を新たな産業を育てるために使うことは、以前のインターネットの行政官にとって特に訴えるかもしれない。ゲナチョウスキ氏がほぼ4年その職を務めた後で間もなくやめるかもしれないという噂が広まっている。宇宙はFCCでの彼の最後の前線になりうる。
 

発行日: 
2013-03-16
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加