ライアン・ロードショー - 共和党候補

新副大統領候補はアイオワの拠点を活性化させる

珍しく、アメリカは理想によって設立された国だ、と、ポール・ライアンは8月13日にミット・ロムニーの副大統領候補として初めて一人で現れたアイオワ・ステート・フェアで、群衆に語りかけた。武闘派野次将軍のその若い議員はさらに説明した。アメリカ人はその権利が自然と上から来ており、政府からではないと信じているので、彼らはヨーロッパ型の福祉国家ではなく、勤労に報いる自由な社会を欲している、と彼は語る。

あいにく、ライアン氏もまた理想を具現化しているので、普通ではない副大統領候補だ。彼は妊娠中絶から環境規制に至る問題で頼もしく保守的な見方を持っているけれども、彼が42歳にして全国的に目立つようになったのは、彼が一つの議論の名人であることによる。アメリカが、課税と支出をあまりにしすぎる政府によって、債務危機に直面している、というものだ。ライアン氏は代替案の作者としてもっともよく知られている。下院の仲間の共和党議員の多くによって好意を持って取り入れられた、抜本的に小さい連邦予算案だ。

副大統領候補の重要性は、誇張されうる(そして普通そうだ)。ほとんど、彼らの仕事は、失言を避け、相手を大統領候補として認められないとしておいしそうに攻撃し、故郷の州で勝ち、軍司令官の代わりとして妥当に見られることだ。しかし、ライアン氏はさらに多くを提供する。ますます取るに足らない選挙で、彼の選択は希少な知的明快さの一考察を導入した。ライアン氏がデモインで言ったように、共和党員と民主党員はどういう種類の国をアメリカ人が望んでいるかの選択肢を提供している。

最初に現れた時、ライアン氏によって具体化された考えは、新しいボスのロムニー氏をいつも売り込むわけではないアイオワの保守派を安心させたようだ。公平な発言をする共和党員は、ロムニー氏がライアン氏を選んで救われた。その若い男は、「財政の常識」を示す、と退職した農民のドン・スティーヴンソンが熱狂した。退職した郵便局員のラリー・ボーシェートは、ライアン氏のローマカトリックの信仰が「大きな得点」で、彼が「キリスト教徒ではない」と呼ぶロムニー氏のモルモン信仰についての懸念を消した、と付け加えた。

アイオワの経済は、失業率がだいたい5%と全国平均よりもかなり下で、程よい形だ。その州のトウモロコシの農産品に激しく損害を与えた厳しい旱魃でさえも、多くの農家がかけていた連邦補助付の農産物保険により相殺されている。信頼できる一つの調査では、そのステート・フェアでのぜいたくな屋外風呂桶の売上はうまく上がった、とショーが終わるまでに平均1個8,000ドルのそれを3ダース売ることを予想している会社の営業マンジェイソン・ラウンズは語った。

だが、財政緊急事態の感覚は、依然として、50州のどこよりも1人当たりクレジットカードの負債が少ないつましい場所であるアイオワでの選挙運動で継続している。この選挙での一番の問題を聞かれると、ほとんどの共和党有権者は、負債、欠損、そして政府支出を抜本的に削る必要を引用する。(民主党は、より多くの、そしてより良い仕事の必要を信頼して引用する。)

さらに押すと、政府支出についての共和党の草の根の不安は、たいていの場合、バラク・オバマの元で、その国は、勤労納税者からより怠惰な下層階級へ、アメリカ的ではない再分配水準に陥っているという信念だ。長い一連のアイオワのフェア参加者は、福祉受給者は他人がその「怠惰さ」のために支払うのを待って施し物で家に座っていると話した。

それに直面して、ライアン氏の財政規律についての大きな考えが、彼を完全にそのような怒りを利用する場所に置いた。州に柔軟な福祉から労働計画の運営を提供する新たな連邦ルールが、ビル・クリントンのもとで最初に導入された労働要件をオバマ氏に廃止させたという、偏向したロムニー氏の選挙運動の主張を繰り返す前に、ライアン氏は歓迎するフェア参加者に、我々は我々の持っていない金を支出するのを止めなければならない、と語った。実際には、州は依然として福祉受給者を雇用に押すのにそれを示すことを必要としている。

しかし、議会予算委員会委員長として、ライアン氏は自分の大きな考えを、メディケアのような敏感な分野での削減や抜本的な改革を含んだ、歳出削減の詳細な計画で補強している。そしてアイオワでさえも、あまりに詳細に踏み込むことは危険になりうる。ステート・フェアの適切に名づけられたアイオワ・ポーク・テントで昼食に列を作る農民たちは、彼らが政府にその人生から出て行ってほしいと思っていると宣言したが、断固として農産物保険の補助金は弁護した。トウモロコシをエタノールに変えるのに納税者の資金を使うことを弁護したものもいた。

オバマ氏は、ある時はライアン氏にそのフェアでほんの数時間の差ですれ違ってアイオワでおこなった3日間のツアーの時に、そのような二重基準に気づいていることを示した。彼の黒い装甲バスが田舎道に沿ってごろごろ進むにつれ、現在の旱魃の間に、彼の政府が価格を維持するために1.7億ドルもの価値がある羊、鶏、豚、そしてナマズを買い上げるだろうと発表した。オスカルーサ郊外の農業博物館で演説した大統領は、ロムニー氏とライアン氏を、アイオワで何千人も雇っている風力発電所への税控除を終わらせることを提案しているとして非難した。オバマ氏も、国の財政を立て直すことについて話した。しかし、彼へのもっとも大きな喝采の中には、彼がそれを終わらせるためにもっとも豊かな2%が「もう少しだけ」税金を払うべきだ、といった時に起こった。

ライアン氏の勇敢な考えが選挙運動長たちを神経質にしているという証拠もある。全国的な政治家としての彼の初めての遠出で、ライアン氏はもともとの彼のように見えた。チェックのシャツ、ジーンズ、そしてカウボーイブーツを身に着けて群衆を魅了する筋骨たくましい温和な人物だ。しかし彼は、警告的なロムニー氏のようにより聞こえた。政治演説での彼の最初の試みで、債務削減はより多くの職を創造する必要の下に来て、ライアン氏の論点のはるか下に来た。福祉への非難は、アメリカが必要な人に「安全網」を提供するだろうという約束によってバランスを取られた。彼は、メディケアをヴァウチャー制に変えるという改革に彼がサインしたということについて何も言及しなかった。

有権者は特に政府支出について心配している。これらの心配は、オバマ氏が財政規律に注意深くなびいていることと同様に、ライアン氏の全国の舞台へのロケットのような上昇を説明する。しかしもしつましく振れる州のアイオワが通り過ぎる何かならば、これらの同じ有権者は自分たちのベルトを引き締めるはるか前にほかの人々が勘定を払うという考えを好む。その点で、おそらくこの選挙は普通ではないものでは全くないだろう。
 

発行日: 
2012-08-18
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加