シェアリング経済の繁栄

インターネットでは、すべてが借りられる

昨夜、192の国の3万の町で25万の部屋を提供するサーヴィスから、4万の人々が部屋を借りた。彼らはその部屋を選び、すべてをオンラインで支払った。しかし、彼らのベッドは、ホテルの部屋よりもむしろ、民間の個人により提供された。ホストとゲストは、サンフランシスコの企業のAirbnbによって組み合わされた。2008年にそれが始まって以来、400万以上の人々がそれを利用している。2012年だけでそのうち250万人だ。それは、人々がベッド、車、ボートなどの資産をインターネットを通して調整して直接お互いに借りる新しい「シェアリング経済」のもっとも目覚ましい例だ。

これは、ベッド&ブレックファストを経営し、タイムシェアを所有し、またはカープールに参加するのと何の違いもないと考えるかもしれない。しかし、技術が取引費用を減らしており、資産を分かち合うことがかつてないほどに安くやさしくなっている。そして、それ故により大きな規模で可能なのだ。大きな変化は、物理的資産を脱集計しサーヴィスとして消費できるようにした、人々やモノについてのより多くのデータが利用できるようになったことだ。インターネット以前には、サーフボード、動力工具、または駐車スペースを他の人から借りることは可能だったが、ふつうその勝よりも多くの困難があった。今では、Airbnb、リレーライズ、そしてスナップグッズといったウェブサイトが、持ち主と借り手を組み合わせる。GPS付のスマートフォンで人々はどこに最も近い借りられる車が止まっているかを見ることができ、ソーシャルネットワークは人々を吟味し信頼を作る方法を提供し、オンライン支払システムが請求を処理する。
 

私のものはあなたのもの、有料で

イーベイのようなP2P事業が誰でも小売業者になれるようにしたように、シェアリングサイトは、それが合うときに合うように、個人がその場限りのタクシーサーヴィス、レンタカー会社、そして豪華ホテルになる。そのモデルは、買うのには高価で、それを完全に活用しているわけではない人々によって広く所有されているものについてうまくいく。ベッドルームと車がもっとも明白な例だが、スウェーデンでキャンプスペースを、オーストラリアで畑を、そしてフランスで洗濯機を借りることもできる。シェアリング経済の提唱者が言うのを好むように、アクセスは所有に勝つのだ。

その主題についての本の著者レイチェル・ボッツマンは、消費者P2Pレンタル市場だけでも260億ドルの価値があるという。シェアリング経済のより広い定義には、P2P賃借(現金はほとんど予備の固定資産ではないけれども)や、屋根に太陽電池をつけ電線に電力を売る(それは少し電力会社になるように見えるが)ことが含まれる。そしてそれは個人に限られたことではない。ウェブは会社が予備の事務所や遊休機械を貸すことも簡単にしている。しかし、シェアリング経済の核は、人々がお互いに物を借りることだ。

そのような「協力的消費」は、いくつかの理由でよいことだ。所有者は未利用の資産から金を得ることができる。Airbnbは、家を貸しているサンフランシスコのホストは、年に平均58晩そうして、9,300ドル稼ぐ。リレーライズを使って他の人に車を貸す車の所有者は、月に平均250ドル稼ぐ。1,000ドル以上稼ぐものもいる。一方、借り手はそれを自分で買ったり、ホテルやレンタカー会社といった伝統的な供給者から借りるときに支払うだろう物よりも、半分以下しか支払わない(多くのシェアリング会社が金融危機の間になくなったのは驚くべきことではない)。そして、環境的な利益もある。車を所有するよりも必要な時にそれを借りることは、必要な車の数が少なくそれを作るためにより少しの資源しか捧げる必要がないことを意味する。

社交的な人々にとっては、新しい人々の家にとどまってそういう人々に会うことは、魅力の一部だ。すべての借り手がノーマン・ベイツだと想像する意地の悪い人は、依然として伝統的なホテルにとどまることができる。他の人々にとって、ウェブが信頼を育てる。プラットフォームの所有者によって行われた背景チェックと同様に、オンラインのレヴューとレーティングが、ふつう両者によってそれぞれの取引に投稿され、いやな運転手、バスローブのコソ泥、そしてサーフボードを壊す人を特定するのを簡単にする。フェイスブックなどのソーシャルネットワークを使うことによって、参加者はお互いの様子を確かめることができ、友達(や友達の友達)を見つけることができる。あるAirbnbの利用者が2011年にそのアパートを壊された。しかし、特筆すべきことは、いかにその制度が普通うまく機能するかだ。
 

将来をすかす

シェアリング経済は、アメリカで15年前に始まったオンラインショッピングに少し似ている。最初、人々は安全について心配した。しかし、例えばアマゾンからうまく買い物をすると、彼らはどこからでも買うことを安全だと感じた。似たように、Airbnbやレンタカーサーヴィスを最初に使うことは、人々がほかの提案を試すことを奨励する。次にイーベイを考える。P2Pの市場として始まったそれは、今では専門的な「強力な売り手」によって占められている(その多くは普通のイーベイ利用者として始まった)。同じことは、また事業に新しい機会を供給するシェアリング経済にも起こるかもしれない。例えば、貸すためだけに車を買う人々もいる。

在来業者も関わっている。レンタカー会社のエイヴィスは、シェアリングのライヴァルの間でシェアを持っている。二つの自動車会社のGMとダイムラーもそうだ。将来的には会社はハイブリッドモデルを開発し、(車、設備、事務所空間かを問わず)余剰の能力をP2Pレンタルサイトに並べるかもしれない。過去には、オンラインで何かをする新しい方法は、古いやり方に完全にとってかわることはなかった。しかし、新しいものはしばしば古いものを変えた。インターネットショッピングがウォルマートやテスコに順応するよう強いたように、オンラインショッピングは交通、観光、設備賃借などを揺さぶるだろう。

主要な心配は、規制の不確実性だ。例えば、部屋の貸し手はホテル税を支払わなければならないのか?アムステルダムでは、役人が無免許のホテルを追い詰めるためにAirbnbのリストを使っている。いくつかのアメリカの町では、伝統的なタクシー会社によるロビー活動の後でP2Pのタクシーサーヴィスは禁止されている。危険なのは、消費者を外から守るためにいくつかのルールは更新される必要があるけれども、在来業界が競争を破壊しようとするだろうということだ。部屋を貸し出そうとする人々は、もちろん税を支払わなければならないが、それらはリッツカールトンホテルのように規制されるべきではない。一般的にB&Bを支配するようなより軽いルールが適切に余りある。

シェアリング経済は、消費者へのインターネットの価値の最新の例だ。その表れてくる例は、規制者や会社がそれに目覚めるのに十分なほど、今では大きく破壊的だ。それは、その巨大な潜在力の兆候だ。シェアリングについて注意し始める時だ。
 

発行日: 
2013-03-09
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加