海洋 – いかにしてとりすぎの男たちを捕えるか

ビッグデータによりさかなはかつてないほどに保護できるようになっている

海洋資源保護の困難さは、いくらかはコモンズの悲劇にある。共有地での違法な漁獲が後を絶たないのだ。しかし、それは「ビッグデータ」の利用により変わっている。無線応答機や衛星観察といったものからの情報を、全ての船の後を追うために組み合わせることができるのだ。この見通しのある仕組みは、政府が既存の規則を施行しさえすれば機能する。

多くの政府の特に自国の船が他国の水域で漁をするときの規則適用についての複雑な対応を考えると、その新技術は企業がその供給網を守るのにも役立つだろう。警備技術の存在はまた、魚が卵を産むことができる海洋保護区を立ち上げるのを簡単にするだろう。この発展にはうまい皮肉がある。過漁は、人間の強欲さだけではなく、技術の産物でもある。技術が今、魚だけでなく違法漁獲を捕える仕事の為にもあるというのは、祝福すべきことだ。

レヴュー: 
期待して読み始めたが、たいした情報のない記事だった。そもそも取り締まりができないのは、技術の問題というよりも、まさに法施行する意思能力があるかの問題なのに、それさえすれば、などと言われても何も変化はないだろう。企業への応用についても、違法操業しているかどうかの明白な確証なく、例えば取引停止にするとかそういったことはなかなか難しいだろう。 全体として、ビッグデータの応用可能性を示しただけであり、実用的な示唆は特にない記事だといえる。
発行日: 
2015-01-24
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加