社会主義インターナショナル – アレックス・ファーガソン卿

アレックス・ファーガソン卿は世界を抱きしめ、それを征服した。彼の左翼のファンは注目すべきだ

英国の歴史は、政治的偉大さのウィンストン・チャーチルによる定義では、「天気を作った」男女によってちりばめられている。しかし、マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソン卿だけは時を作ると信じられる。

泣く子も黙る意思の力で、26年間赤い悪魔を監督しているアレックス卿は、彼のチームがひどくゴールを必要としているときはいつでも、数分を付け加えるよう審判を脅したと言われる。彼のとりこになったサポーターや気分を害したライヴァルはそれを「ファギー・タイム」と呼ぶ。その存在を論ずる者もいる。しかし、世界で最も豊かで人気のあるスポーツクラブの一つのほぼ1,500試合の責任者を務めた後で、5月8日に差し迫った引退を発表したアレックス卿の偉大さは、疑いがない。いかなる分野でも、ここ最近で、彼ほど成功を収めた英国人はほとんどいない。

彼の長期政権ぶりがこの印だ。去年1年間で、イングランドプレミアリーグの20のクラブのうち8つがその監督の首を切っている。その他の多くも、どこかの時点で、その噂に直面した。71歳のグラスゴー人アレックス卿だけが、完全に安全だった。彼が最後にそのような推測に直面したのは1990年で、それはどのサッカー監督もなしえそうもない記録である、ユナイテッドでの38のトロフィーの最初の一つをとる前のことだった。

彼はいかにしてそれをしたのか?きつい仕事が一つの答えだ。オールド・トラフォードでの彼の任期中にわたって、イングランドのサッカーはすっかり変わった。不器用に争われた、時に暴力的に追われた国民の試合から、マンチェスター・ユナイテッドが最も認知されたブランドである地球規模の産業へだ。サッカー監督の仕事は、その間に変わっている。最近ではしばしばスペイン人やイタリア人であるエリート監督は、社長というよりもむしろ経営コンサルタントの、渡り鳥の専門家だ。アレックス卿はより勇気のあるタイプだ。彼は、ブランド管理から才能の発見、そして選手のお茶まで、彼のクラブについてすべてを支配する。

しかしながら、彼の偉大な技能は、世界でもっとも豊かなスポーツマンの何人かによって今週払われた驚くほど控えめな賛辞が示唆するように、人事管理だ。デヴィッド・ベッカムは、彼を「父親代わり」と認めた。アレックス卿がかつて靴をけってベッカム氏の顔にぶつけ、それから彼のセレブなやり方に困ってクラブから追い出したことを考えると、それはたぶん不快なほど本当だろう。アレックス卿の選手たちは、彼が彼らのようなので、彼を尊敬する。労働者階級で誇り高いが、ひどく野心的なのだ。急に殺さんばかりの怒りを爆発させるという彼の癖も、別の要素だ。「彼の選手たちは、大金持ちだが、彼を恐れている。」ゴールドマン・サックスのより太鼓腹のお天気屋に慣れているかつてユナイテッドの経営陣だったジム・オニールは語る。ゴール上のドラマにもかかわらず、サッカー経営は給与に対してさらに多くの成績を絞り出すということだ。これを、毎シーズン、アレックス卿はしているのだ。ユナイテッドは、他のどのプレミアリーグのクラブと比べても、繰り返しその収入のより低い割合を賃金に費やしているのだ。

抜け目ない自己利益が役立っている。スコットランドのサッカー監督のより地味な場所からマンチェスターに到着したアレックス卿は、イングランドで最も尊ぶべき、そして悲劇的なクラブの一つに彼自身を浸した。第二次世界大戦の間、オールド・トラフォードはドイツ軍爆撃機によって爆撃された。別の労働者階級スコットランド人マット・バスビーの下で、そのチームは、1958年に飛行機事故で7人の選手を失う前に、選手権の常連挑戦者になった。アレックス卿は、この神聖な伝統の管理人として彼自身を表現した。「寺の番」と彼は自分を呼んだ。過程の中で、彼はそれを擬人化するようになった。

彼の成功と同様に、その優れた指導力のスタイルは、彼をサッカーをはるかに超えた魅力的な人物にしている。事業家や政治家は彼の方法を研究している。特に、アレックス卿が部族的に紐帯を持ち、気前の良い後援者でもある、労働党の内部でそうだ。その男くさいニューレイバーの取り巻きがサッカー狂だったトニー・ブレア体制の初期の間、彼の見方はしばしば求められた。「アレックス・Fが電話してきて、イラクについて本当に心配していた…。」ブレア氏のスポークスマンのアラステイアー・キャンベルの日記の中のある一節は始まる。労働党は依然として彼から学ぶことができた。
 

赤いアレックスよりもより鉄の男

自称社会主義者で元組合職場代表のアレックス卿は、中道主義者のブレア氏と妙にあった。しかし、彼は勝者を賞賛した。彼は、ブレア氏の混乱した後継者ゴードン・ブラウンにはそれほど印象を受けなかった。彼もまたグラスゴー生まれで生涯にわたるサッカーファンだったのだが。アレックス卿はまた、ニューレイバーの市場の取入れともけんかしなかった。イングランドのサッカーは、最も支払いが良いので、世界最高になっている。プレミアリーグの平均週給は、1992-2010年の間に1,500%上がった。アレックス卿もよい報酬を受けている。彼は自分の邸宅を父親がかつて働いていた造船所にちなんでフェアフィールドと名付けた。

アレックス卿の成功は、あまりに多くの労働党員が依然として不快に思っている、グローバリゼーションを熱狂的に取り入れたことに基づいていた。彼は、二人のデンマーク人、4人のアイルランド人、そして18人の英国人を含んだチームを受け継いだ。彼は、セルビア、エクアドル、日本を含んだ1ダースの国々からの選手から成るチームを去る。公共政策的な意味では、ユナイテッドは優れた国内教育制度を自由な移民政策の両方を運営する。これが、彼のニューレイバーの先祖があまりに多くの外国人を入れたことにあいまいだが困惑するようなやり方で後悔を表している労働党の現在の指導者エド・ミリバンドが、ひどく学ぶ必要のある教訓だ。

奇妙なことに、たぶんアレックス卿が最も似ている政治家は、労働党員では全くなく、むしろ保守党の天敵マーガレット・サッチャーだ。彼は、もちろん、徹頭徹尾赤くなって、彼女を嫌いだと主張した。しかし、彼らは似ている。どちらも、単純な真実と容赦ない迫力の結びつきを通して、地球規模の成功を勝ち取った。どちらも熱意と機会を崇拝した。どちらも英国を偉大にした。

アレックス卿はいま、サッチャー女史最大の失敗をうまく避けるだろう。彼の勝利の光景にいつまでも残ることによって。彼はユナイテッドに理事として、そして多分彼の後継者の有能な監督で労働者階級スコットランド人であるデヴィッド・モイーズの相談役としてとどまることを計画している。しかし、そのような手筈はめったにうまく行かない。そのような輝かしい経歴の後で、もし彼がファギーの時代は今終わったのだと認めるならば、もっとよいだろう。

Bagehot欄より
 

発行日: 
2013-05-11
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加