The Economist

ボコ・ハラムとの戦い - アフリカのイスラム国

2月
11

ナイジェリアでのジハーディストの反乱が地域紛争に変わっている

非難をそらすことは、世界中で政治家に尊ばれる技能だ。しかしながら、多くの人は、ナイジェリア北東部の危険な反乱集団であるボコ・ハラムへのスケープゴートを終わることなく見つける、そのアフリカでもっとも人口稠密な国の大統領グッドラック・ジョナサンから、依然として一つや二つのことは学ぶことができるだろう。ジョナサン氏のもっともありふれた言い抜けは、ボコ・ハラムがナイジェリアだけでは解決できない地域的な問題だ、というものだ。

彼のいいわけは、不幸なことに、事実に変わっている。ボコ・ハラムは今、その毒を隣接諸国に振りまいている。ナイジェリア国境近くのカメルーンの村から約80人のカメルーン人が誘拐されたのは、チャド湖周辺の諸国でそれが影響力を増していることに光を当てた。

更に北のニジェールでは、かつては退屈な漁村だったキリキリで、意訳すれば「西洋の教育は禁止」となるボコ・ハラムから逃れた難民たちが当座のハットに詰め込まれている。毎日数十人が、その数少ない所有物を頭の上に載せてボートからおりて歩いてくる。治安は急速に悪化している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

コンゴとルワンダ – アフリカのもっとも悪名高い殺し屋たちをいくらかやっつけるための長く待たれた一押し

2月
11

ルワンダの1994年の大虐殺では、3ヶ月間でほとんどがツチ族の80万人が殺害され、隣のコンゴで二つの連続する内戦の引き金を引いた。これらは多かれ少なかれ2003年には終わったが、その大虐殺の副次的影響は、依然として暴力をかき立て、軍隊を鼓舞している。今月、国連安全保障理事会は、3,000人強の他国籍介入部隊が、権力を失ってから東コンゴの離れた森林地帯に逃げこんだルワンダ大虐殺実行者たちによって20年前に作られた民兵に対する軍事攻撃を承認した。彼等は以前の敵を倒そうとして、それから残虐な悪事を働いている。

ルワンダ解放民主軍(FDLR)は、キヴ湖周辺の国境地域で、強姦、略奪、そして市民の殺害を非難されており、それらの悪事は彼等がやってきて以来コンゴに広がる政治的混沌に寄与している。国連は、長い間、その湖周辺の他の十を超える民兵とFDLRを排除しようと努めている。6ヶ月前、それはFDLRに武器を放棄する期限として1月2日を提示した。それにしたがったのは、主としてルワンダに送還されることを恐れていないほんの少しだけで、残りはその猶予期間を再武装と戦争準備のために使った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国とジハーディスト – 中国と西側を結びつける代わりに、ジハーディストの暴力は彼等を更に分断するリスクがある

2月
11

理屈としては中国と西側が協力することのできる一つの外交政策上の問題は、ジハーディストのテロとの戦いだ。中国と西側の指導者が会うとき、彼等の声明は普通「全ての形態の」テロリズムを非難し、それに対抗するためのさらなる協力を約束する。しかし、パリでのシャルリー・エブドへの凶行と最近の国内での成功した対テロ作戦に対する中国の反応は、大きな認識の差を明らかにしている。

中国は、パリの攻撃を無条件に批判した。しかし、その報道機関はまたシャルリー・エブドもムスリムを攻撃したとして非難した。「表現の自由マニア」だというのだ。

西側の中国国内のテロに対する反応は、更に問題だと見なされる。「テロとの戦いと宗教的過激派の黙認という二重基準は、誰にとっても良いことではない。」中国の公式新聞チャイナデイリーは今週激しく非難した。その新聞は、ウイグル人ムスリムが中国の新疆から出て、まずはトルコに、それからシリアかどこかの過激派に参加するのを助ける密出国のネットワークを破壊したことを祝った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国の都市化 – 大スプロール現象

2月
11

中国の都市をどうすべきか

古代には、北京は守れないような広がりを防ぐためにそびえ立つ城壁を建設した。この頃では、それは環状道路を建設し、かつてないほど外に市街地を広げている。首都北京とそのとなりの大都市天津との真ん中にある廊坊では、次の環状高速道路が舗装されている。これができあがれば、900kmの7号環状線が北京を取り囲み、そのほとんどはとなりの河北省を走ることになる。その一部は北京の中心部から175km離れたところになる。

その7号環状線(本当は6号だが、1号線がない理由はよくわからない) 、巨大で、広がり、自動車専用という点で、現代の中国の都市を象徴するものだ。その国の都市計画における成功はそれほど明白ではない。

暴走する都市の成長は、過去30年間の中国の勃興を駆り立てている。田舎からの人口流入は、都市人口が5億人になるまで拡大するのを助けている。そのような短期間での地球上の人の動きとしては最大のものだ。人口の半分以上が今都市部に住んでいる。しかし、中国の都市はほとんどが多くの発展途上国のようなむさ苦しさを避けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

南シナ海 – トラブルを抱える水域での石油

2月
11

紛争中の海での二つのケーススタディ

その小さな隣国たちには迷惑なことに中国の領海主張がますます独断的になっている南シナ海での操業で、二つの中国の石油会社が対照的なやり方を示している。一つの会社の行動はその地域での緊張を高めており、一方もう一つはそれを緩和するやり方の兆候かもしれない。

去年の7月、香港に上場しており本土の有力者とつながりを持っているブライトオイル(光進石油)は、アメリカの会社ハーヴェスト・ナチュラル・リソーシズから620万エーカー(250万ヘクタール)の海底採掘権を買った。その区画には、議論を呼ぶ歴史がある。それは650海里(約1,200km)以上中国の沿岸から離れており、ヴェトナムからは発った200海里しか離れていないが、中国はWBA-21と呼ばれるその地域に「歴史的権利」があると主張する。それは、北京の曖昧なその海域での領有権主張を示すU字型の「九段線」の南西の端にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本とジハード – 砂の嵐

2月
11

離れた列島が、テロとの戦いから離れたままでいることに苦労している

中東歴訪中の日本首相安倍晋三は、イラクとシリアの過激派ジハーディスト集団イスラム国(IS)が22億ドルの身代金をすぐに支払わなければ二人の日本人人質を殺すと脅したニュースで、横から殴られた。その要求金額は、数日前に安倍氏がエジプトでISと戦う国々に与えると約束した金額と同じだ。

日本は中東の石油とガスにとても依存しているので、その地域での安定を育てる欲求が促されている。いかにその人質機器を扱うかは今、安倍氏のもっともきつい外交政策への挑戦だ。彼はその二人の開放のためにあらゆる手段を用いると誓った。しかし、身代金の支払いは、日本の同盟国アメリカの怒りを買うだろう一方で、日本は救出作戦自体を始める技術も、そして平和憲法のためにその法的裏付けも、持っていない。ISとのいかなる交渉でも、日本はテロとの戦いに屈しない姿勢を保持しなければならない、とある政府高官は語るが、人質解放の方法を探らなければならない。過去には、日本は身代金を支払った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

合衆国とカナダの関係 – アラスカから本土48州への海路上での孤立

1月
27

合衆国のアラスカ海洋高速道路は、本当の意味での高速道路ではない。それは、アラスカのアリューシャン列島からワシントン州ベリンガムをつなぐ5,600kmの港の鎖だ。その多くが観光客である31万人程度の乗客が、毎年、少なくともそのフェリーの旅の一部を楽しんでいる。それはアラスカの沿岸共同体をお互いに、そして本土48州と結びつけたが、その一部はカナダにある。この二重国籍の性質から、貿易論争が起こっている。

アラスカ州は最初1963年にそのターミナルを借り、2013年にはカナダに330万ドルを支払い、それを50年更新した。しかし、その衰えた停泊地、橋、そして自動車ランプの取り替え契約を誰が結ぶのかについての、カナダと合衆国との間でのけんかが今勃発している。その港がカナダのものであることに誰も異存はないが、果たしてアメリカの法律は適用されるのか?

その海路を管理するアラスカ州は、1,000-2,000万ドル相当の計画をあるブリティッシュコロンビアの企業と契約を結ぶことを計画していた。国の外れで他の業者を雇うことにほとんど意味はない。しかし、合衆国の「バイ・アメリカ」法の条項の下で、契約業者はアメリカ人を雇用する供給者からの鉄鋼や他の素材を使わなければならない。そしてまた、アメリカ製の工具を使わなければならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スパイを捕まえる – ジェームス・ボンドのボディランゲージ

1月
27

いかにしてスパイを特定するか

あなたの国にいるどの外国人外交官がスパイなのか?あなたのスパイの内誰が二重スパイなのか?そしてどの外国指導者がその隣国を爆撃しようとしているのか?全ての政府はそのような質問に答えようと苦労している。アメリカのスパイは、ボディランゲージを学ぶことが役立つかもしれないと考えている。

スパイはそんなに簡単に特定できるものではない。腕のある対スパイエージェントは、体の動きの変化で検知ができるという。何か重要なことを隠している人々は、無意識のうちにそのドレス、顔の表情、仕草、そして足どりを変える。彼等はまた、たばこの吸い方や腕時計の見方、そして店のウインドウにどれだけ近づくかも変える。これらのトリックは今でもスパイを見分けるのに使われている。

批判者は、動きは間違いを誘うように練習できる、と警告する。しかし、1/25秒以上続かない無意識の「ミクロ表現」は、しばしば潜在的な感情を表わす、と専門家は語る。しかしながら、全てのミクロ表現の意味するところがいつでも明らかなわけではない。だから、文脈が重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

一般教書演説 - 「中産階級経済」

1月
26

バラク・オバマは2016年への基調を整えようとする

大統領の年次一般教書演説はある規則の下での儀式だ。例えば、連合はいつでも「強い」。大統領与党はいつでも彼を応援し、野党はそうしない。しかし、主要な規則は、大統領は彼の議題が他の人たちを説得することによってのみ実行することができる、とは決して認めないことだ。1月20日のバラク・オバマの6回目の演説も例外ではなかった。実際には、それは世界でもっとも力のある男の弱さをかつてないほど示した。

オバマ氏の演説は楽天的だった。アメリカは今、金融危機の「ページをめくることができる」と彼は語った。失業率が下がり、赤字が縮小し、燃料が安くなったことを受けて、彼は「我々は、地球上の他のどの国よりも我々自身の未来を自由に書くよう、景気後退から回復している。」と結論づけた。卒業率の上昇を指し示して、彼は政府が「我々の子供たちがより競争の激しい世界に準備する」為の応分のつとめを果たしている、と論じた。彼は「中産階級経済」を主張した。これは、明らかに、「勤労家庭が絶え間なく変わる世界の中でより安心を感じられるよう助けることを意味する。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

海洋 – いかにしてとりすぎの男たちを捕えるか

1月
25

ビッグデータによりさかなはかつてないほどに保護できるようになっている

海洋資源保護の困難さは、いくらかはコモンズの悲劇にある。共有地での違法な漁獲が後を絶たないのだ。しかし、それは「ビッグデータ」の利用により変わっている。無線応答機や衛星観察といったものからの情報を、全ての船の後を追うために組み合わせることができるのだ。この見通しのある仕組みは、政府が既存の規則を施行しさえすれば機能する。

多くの政府の特に自国の船が他国の水域で漁をするときの規則適用についての複雑な対応を考えると、その新技術は企業がその供給網を守るのにも役立つだろう。警備技術の存在はまた、魚が卵を産むことができる海洋保護区を立ち上げるのを簡単にするだろう。この発展にはうまい皮肉がある。過漁は、人間の強欲さだけではなく、技術の産物でもある。技術が今、魚だけでなく違法漁獲を捕える仕事の為にもあるというのは、祝福すべきことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

The Economist を購読