The Economist

アフリカの民間資本 – パイプの詰まりをとって資本を使えるようにする

1月
25

アフリカはたくさんの資本を必要としている。民間資本はそこでそれをいかにして得るかの教訓を提供する

アフリカの公的資本市場はほとんどが小さく流動性が低いが、それだけが企業家が資本調達が難しいと考える理由ではない。他のところで長期資本を提供する年金制度は、多くの国々で略奪されるか抑えられており、故にめったに成長できる投資家ではない。そして現地の銀行は利用できる融資の需要に応えることができていない。銀行の浸透率は低く、ほとんどの家庭がその貯蓄をベッドの下に隠しているので、銀行は預金を融資に回すことができない。更に、多くは1970年代に国有化され、それ以来経営がまずく、しばしば政治家たちによって貯金箱として扱われた。

アフリカは、国内、国際的どちらの投資家からも絶望的に投資が不足している。他の事業は考えずに社会資本だけで年にあと900億ドルが必要なのだ。これは発展を抑えている。社会資本の隘路だけでも、サブサハラアフリカの成長を年に2ポイント減らしていると考えられる。しかし、資本が経済に入ってゆく普通の経路の多くはアフリカでは詰まっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ナイジェリアとボコ・ハラム – アフリカの黒い旗

1月
25

政府が悪政と不正の蔓延に取組みさえすれば、ジハーディスト集団を打ち破ることができるだろう

ボコ・ハラムはアフリカのイスラム国(IS)になっているのか?その残忍さと領域を持つことへの野望で、それは確かにイラクとシリアのジハーディストに似ている。ボコ・ハラムは、貧困に苦しむナイジェリア北東部でベルギーと同じくらいの大きさの「カリフ国」を築いている。そして、ISのように、それは植民地解放後の国境線を越えて聖戦を輸出している。

ラディカルだがほとんどが政治的な活動として2002年に始まったそれは、特に2009年の強硬な取り締まり以来、年々暴力的になるジハーディストの反乱に変わった。2014年4月に、それはチボクの町から276人の少女を誘拐した。脱出した子もおり、亡くなった子もいるが、多くは奴隷として売られるか、戦士たちと「結婚」することを強いられた。今、その反乱は他の国に広がっている。1週間前、80人のカメルーン人が誘拐された。チャドはカメルーンを助けるために軍隊を送っている。ニジェールとベナンもまた脅かされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

教育と階級 – アメリカの新たな貴族政治

1月
25

知的資本の重要性が増すにつれ、特権はますます遺伝性になっている

8月に共和党大統領候補者の最初の討論会が開かれるとき、そのうちの3人は父親も大統領に立候補した人になるかもしれない。誰が勝ったにしても、その次の年には空いては元大統領の妻になるかもしれない。相続される地位に敵対する原則で設立された国がこれほどまでに王朝に寛容なのは奇妙だ。アメリカは一度も王や君主を持っていないので、エリートが固定化するという兆候について、ときどきそれほど気にしないように見える。

トーマス・ジェファーソンは、国にとって有益な有徳で才能のある自然の貴族政治と、国をゆっくりと窒息死させるだろう富と出生によって成し遂げられた人工のそれとを区別した。ジェファーソン自身は、義理の父から11,000エーカーの土地と135人の奴隷を相続したすばらしい弁護士であり、その両者の雑種だが、その区別は耐久力があるとわかった。

今、それがわかり始めている。現在の金持ちはますますその子供たちに、数晩カジノで遊んだくらいでは使い切れない資産を残しているからだ。それは富よりも遙かに有益なもので、相続税に傷つけられないもの、つまり頭脳だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月17日Middle East and Africa

1月
25
  • アフリカにおける中国 – 中国はアフリカで大きくなっている。さて、次は反動だ

アフリカ中で、リスナー参加型のラジオ番組が、普通男性のアフリカ人が金持ち中国人にその配偶者や交際相手を失ったと嘆く話であふれている。真実にしろ作り話にしろ、そのような物語は中国人事業化のアフリカでの経済力の認知のされ方と、彼等に対する反動が増していると言うことについて、雄弁に語る。

中国は、年に約1600億ドル相当のものを取引してアフリカでダントツの貿易相手になっており、100万人以上の、ほとんどが労働者か商人である中国人が、過去10年間でその大陸に渡ってきている。政府間での相互の熱愛は続いており、かつてないほど多くのアフリカの道路と鉱山が中国企業によって開発されている。しかし、あるアメリカの書籍がそのタイトルにするような、「中国の二番目の大陸」とかアフリカが中国になりつつあるといった話は、言い過ぎだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月17日China

1月
25
  • 少数民族 – ウイグル人とチベット人は中国の経済的公共から取り残されていると感じている。民族差別は役立たない

中国は急速に都市化している。2000年にはその住民の2/3近くが田舎に住んでいたが、今では半分以下でしかない。しかし、中国支配にしばしばいらだっている二つの民族は、この傾向に抵抗している。ウイグル人とチベット人は、都市部での彼等にタイする差別のために職を見つけるのが難しいので、農場にとどまっているのだ。民族的な不平が高まるにつれ、差別もひどくなり、悪循環を作り出している。

チベット人もウイグル人も、その自治区外に済んでいる割合は極度に低く、また自発的に域外に出る率もかなり下がっている。問題の一部は言語にある。これらの自治区では中国語教育に抵抗があり、新疆南部では多くの学校がそれを教えていない。しかし、差別も大きな要素だ。最高の教育を受けたウイグル人やチベット人でさえも、職を見つけるのに苦労している。北京での少数民族の求職者は平均して漢族よりも良い教育を受けているが、低給与の職しか得られないという。別の調査では、名前や風貌で区別の付きやすいウイグル人やチベット人は面接への電話がかかる回数が遙かに少ないという。

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月17日Asia

1月
22
  • スリランカの選挙 – 新大統領は政治に新たな1枚を約束する

スリランカの選挙後の見通しについての記事

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月17日The Americas

1月
22
  • ハイチ - 不幸せな記念日

いらだたしい5年間のあとで、地震で引き裂かれた国は安定を探っている

2010年1月12日にハイチを襲った地震から5年がたった。100億ドルの救助復興支援が善意のシャワーの中で行われたが、その仕事は半分しか終わっていないようだ。8.5万人しか「テント街」には残っていないが、新しい寝床を見つけた人の多くは、丘の麓に林立した今にも倒れそうな仮設の団地に住んでいる。その首都の新しい飛行場はしっかり機能しているが、町の中心部では新しい構想の政府庁舎は空っぽのままだ。政治も混沌としたままで、国際公約にもかかわらず地方と議会の選挙は3年も遅れている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月17日United States

1月
22
  • 合衆国各州の状況 – 共和党に責任がある

共和党は1920年代以来どの時期よりも各州で影響力を持っている

共和党は今30の州の立法府で両院を握っており、一方民主党は11の州で支配、残りの8は両党で分け合っている。24の州では共和党は立法府と知事を握っており、その権力はノーチェックだ。1920年代以来、これほどまでの影響力を共和党が持ったことはない。

 

  • 2016年の激戦 – ロムニーの復活

可能性のある共和党の候補者のリストは長くなり、よりなじみのあるものになっている

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月17日Briefing

1月
22
  • テロとイスラム – 暴虐のあとで

シャルリー・エブドとユダヤ食材スーパーマーケットへの襲撃はフランス人をまとめたが、それは長続きしないかもしれない

テロ事件の概略、フランス社会の背景、ル・ペンを中心とした今後の見通しについての記事。

 

  • フランスの反ユダヤ感情 – フランスのユダヤ人が直面する危険への遅ればせながらの注意

2014年12月の始めに、パリ南東部のクレテイユのアパートに武装した3人の男が押し入り、若い女性とそのボーイフレンドを縛り上げ、女性を強姦し、二人から金品を奪った。「ユダヤ人め、金もってんだろ。」彼等はそのカップルにいった。数日後、内務大臣は1000人かそこらの人々に混じって反ユダヤのデモに参加し、大統領八草の攻撃を「我慢できない」と表現した。しかし、その事件はより広い無関心に受け流された。

4人のユダヤ人男性が殺された最近のスーパーマーケットへの攻撃のずっと前から、フランスのユダヤ人は、反ユダヤの平凡化と呼ぶ人もいるものについて懸念されていた。ユダヤ人を狙った事件が頻発しているのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2015年1月17日Leaders

1月
22
  • エネルギー – 時をつかむ

石油とガスの価格下落は、ひどいエネルギー政策を直すための世代に一度の機会を提供する

たいていの場合、経済政策立案は、端っこでちょこちょこいじくり回すことだ。しかしながら、たまに重大な変化が可能だ。その世代に一度の機会が今だ。石油価格の下落に、クリーンエネルギーと環境保護の進展が相まって、世界中の政治家はエネルギー政策を合理化する機会を得ている。彼等は特に化石燃料において市場をゆがめている多額の補助金をなくし、一方で税制を炭素使用に対しての物に変えることができる。より安く、環境に優しく、信頼できるエネルギーの未来が手に届くところにあるのだ。メッセージは一つ、時をつかめ、ということだ。

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

The Economist を購読