The Economist

風が吹くとき - ヨーロッパの再生可能エネルギー

2月
09

今年の6月16日日曜日は、明るい日差しとかなりの海上の海風で、暑すぎないことではなく寒すぎないことでドイツ中で「3びきのくま」に出てくるようなちょうど良い日だった。ドイツの太陽光パネルと風力発電にはちょうどよく、そのピークでゆっくりとした週末にドイツの電力の記録的な60%を発電した。しかし、フランスとベルギーもまた、簡単に止めることのできない原子力発電をたくさん持っていた。だから、数時間の間、電力会社はその余剰電力を受け取るよう消費者に支払わなければならなかった。

負の卸売価格は、特にEnergiewendeとして知られる過程で原子力発電から去る強制行進中のドイツを中心にヨーロッパ諸国が再生可能エネルギーに向かうにつれて、より一般的になっている。時にはドイツは多すぎるほどに発電し、またある時にはそれは国境をまたいだフランスの原子力発電所から電力を吸い取らなければならない。そしてドイツの大臣たちは、気候が涼しく、日差しがなく、風が吹かないときに、停電の危険について依然として心配している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈黙の音 - 技術と社会

1月
31

デザイナーは、エネルギーを節約し売上を上げることができる、少ししか雑音を出さない製品の考案に、より注意を払っている

気を散らせる雑音の迷惑を規制する努力は、シュバリスのギリシャ植民地が血の気の多い男どもと一緒に板金工と陶工は騒音を出すので町の外に住まなければならないと命じた、少なくとも紀元前6世紀にまでさかのぼる。25世紀程度後に、コンピューター研究の先祖の一人として思い出される英国の数学者チャールズ・バベッジは、手回しオルガン奏者などのストリートミュージックに対する一連の運動を行った。デザイナーが雑音を少なくする製品を考案するのに最近より注意を払い始めたことを、どちらも確かに認めるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

まず手を洗いなさい - 生物医学

1月
31

賢い消毒剤取り出し機は、医療職員に手をより頻繁に洗うよう巧妙に勧めることにより、命を救うことを約束するかもしれない

1800年代には誕生は危険な事業だった。多くの女性がそのあとすぐに亡くなったのだ。当時ウィーン総合病院で働いていた産科医のセンメルヴェイス・イグナーツは、患者に触る前に漂白剤で手を洗うことによって、死亡率を90%減らすことができた、と観察した。これはルイ・パスツールが細菌論を打ち立てるよりも前で、センメルヴェイスはその関連を説明することができなかった。けれども、彼がその発見を公開した後で、多くのその同僚はその手がきれいではないという示唆に立腹した。結局医者は紳士で、別の産科医のチャールズ・メイグスがいうように、「紳士の手はきれい」なのだ。くじかれたセンメルヴェイスは鬱になり、最後には精神病院に送られた。彼は看守に残忍にたたかれた後で14日後に亡くなった。

病院での衛生は、センメルヴェイスの時から大きく進歩している。しかし、まだ改善の余地がある。毎年、アメリカだけで10万人近くの人々が、病院での防ぐことのできた感染で亡くなる。英国のスキンケア会社デブ・グループのポール・アルパーによって考え出された発明が、これを変える役に立つかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

審判はロボットだ - 技術とスポーツ

1月
31

サッカーの審判を助けるためのゴールライン技術の展開は、将来のさらなる決定補助のための道を開くかもしれない

2014年7月13日。最終ホイッスルの数分前に、イングランドのウェイン・ルーニーはドイツディフェンスの裏にけりこみ、サッカーワールドカップ決勝の唯一のゴールを決める。しかし、リオのマラカナ競技場のイングランドサポーターの歓喜は、線審がその旗を揚げると掻き消える。映像がそうではないことを示しているのにもかかわらず、そのゴールはオフサイドで認められない。ドイツチームがPK戦で勝つ。

イングランドがワールドカップの決勝に進むという考えがこのシナリオを幾分奇抜なものにしているけれども、間違ったオフサイド判定はむしろより頻繁に起こりそうだ。前回のワールドカップでの明らかな誤審が、ゲームのルールを決める国際サッカー評議会(IFAB)にこの夏にゴールライン技術の導入を容認するよう説得した。これは、ミスを犯しがちな審判を助けるために技術をより広く利用することに向けた単なる第一歩かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それを正しくやる - ガーナの最高裁

1月
19

判事が遅ればせながら去年の選挙で資格を認めた。それは待つ価値があった

大統領選挙の9か月後に、運動の看板が依然としてガーナの田舎に飾られている。いま、最高裁がその結果を保証したので、それはついに下げられるかもしれない。8月29日に、その裁判所は敗れた候補者のナナ・アクフォ=アドによる訴えを拒絶し、ジョン・マハマを大統領として確認した。その法的闘争は、アフリカの民主主義の新たの地平を描いた。20年以上公平な政府を経験し、ガーナはその大陸のモデルとみなされる。それは、1992年に民政移管されてから6回連続の平和的選挙を経験している。大統領は2度暴力なしに変わっている。にもかかわらず、アクフォ=アド氏の陣営は不正を叫び、1,100万人の投票の40%を無効にするよう求めた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

うわべだけの成功 - リベリア

1月
19

大統領は平和を保っているが、汚職を減らすのに失敗している

サングラスをかけた小さな白人の男、そのアフリカ系アメリカ人同伴女性、そしてワシントンの有力者一団が、リベリアの首都モンロヴィアのロイヤル・グランド・ホテルの大理石風のロビーをさっと通り抜けるとき、ガードマンはあからさまに肩をすくめる。野心的な友人たちは、しばしばその国のノーベル賞受賞大統領エレン・ジョンソン=サーリーフに会うために突然訪れる。今回、8月26日に、かつてリベリアを野蛮さの決まり文句にした内戦終結10周年を祝うためにやってきたのは、慈善家に変わったアイルランド人歌手のボノ、アメリカの元国務大臣コンドリーザ・ライス、そして7人ものアメリカの上院議員だった。

「私は、ここで徐々に明らかになっている成功を理解し始めている。」ボノは語った。たぶん彼は、行政官が入試制度を賄賂や家族のコネではなく本当の点数に基づいての公正なものに変えた後の今年の入試で、その国の2.5万人の受験者が誰も合格しなかったことを聞かなかったのだろう。リベリアでの教育は、混乱している。悲しいことに、その大統領の最善の努力にもかかわらず、他のことの多くがそうだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

さあ、ショータイムだ - ケニアと国際法廷

1月
19

ケニアの大統領ウフル・ケニヤッタとその副大統領ウィリアム・ルトの審理は、国内と国外での司法と政治的安定に影響しうる

ケニアを内戦の間際に導いた暴力的な選挙の5年後に、申し立てられた指導的犯罪者の何人かがついに審理にかけられている。9月10日の、その最初のものは、3月に副大統領に選ばれたカレンジン族の指導者であるウィリアム・ルトだ。1か月か2か月後に、彼の上司であり、別に審理にかけられる、キクユ族の指導者であるウフル・ケニヤッタ大統領の番が来るだろう。

その二人の男たちは、たっぷり1,300人の死者を出した2008年初めのお互いの共同体を民族浄化と殺人の活動で対抗したことで、告訴されて裁判を受ける。しかし、彼らは、幾分かは審理されているハーグの国際刑事裁判所(ICC)に対して民族的そして部族的感情をかきたてることによって、この3月に行われた議会と大統領選挙に勝つために、去年手を組んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

送金者 - 中央アジアとそのロシア依存

1月
18

ロシアはタジキスタンとキルギスがその衛星国に戻るよう試みている

元ソ連の二つの最貧で弱い継承国家のタジキスタンかキルギスのどちらかで一つの村を取りあげると、そこで多くの男を見つける可能性はない。それは、彼らが作業場で忙しいからではない。むしろ、彼らはロシアに去っているのだ。

世界銀行によれば、タジキスタンは世界中のどの国よりも海外送金に依存しているという。去年、移民労働者はタジキスタンのGDPの47%に相当するものを故郷に送った。たぶん、労働年齢の男性の半分は外国、そのほとんどがロシアにいるだろう。キルギスは、リベリアに次いで、その世界銀行のランキングで3番目だ。1/5の労働力が移民労働者だ。

これら二つの国々の経済的依存は、そのかつての帝国主義の主人に大きな影響力を与えている。外国の軍事基地への好ましい契約をうまく手に入れることができなかったり、母国での愛国主義を強調したいと思うときはいつでも、ロシアは中央アジア諸国にヴィザを導入すると脅す。そして、ロシアは安い労働力を必要とするけれども、タジキスタンとキルギスはそれよりも多く職を必要としている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

魚にやさしい? - メコンをせき止める

1月
18

ダムが具体化するが、厳しい反対は続く

ラオスのメコン川の岸に沿って、森林が裸になり山麓は削られている。メコン下流で最初のものとなるサヤブリダムの建設は、真っ盛りだ。35億ドルかかるそのダムは、タイの建設会社チョー・カンチャーンによって建設されており、タイの4大銀行から融資を受けている。その1,300メガワットのダムからの電気の9割がタイに供給される。しかし、環境NGOのWWFは、そのダムが絶滅危惧種のメコンオオナマズの絶滅に寄与し、他の多くの魚の種を危険にさらすと警告する。

サヤブリの後に、カンボジア国境にある壮大なコーンの滝の近くへの魚の移動のためのたった一つの水路をふさぐだろうドン・サホンのものを含んださらに8つのダムがラオスでメコン川に計画されている。

その川の豊かな生物多様性と巨大な内陸漁業への、すべてのダムの累積的な影響は、科学者、活動家、そして隣国政府を怯えさせている。しかし、その川の管理を調整する政府間機関であるメコン川委員会は、どちらも委員会加盟国で魚と洪水の季節に農地に広がる豊かな堆積物に頼っているカンボジアとヴェトナムの強い抵抗にもかかわらず、ラオスによる一方的な押しを防ぐには無力だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

一から始める - 都市の夢のような情景

1月
18

未来の都市を建設することは、費用がかかり難しい

マスダール・シティを建設する計画が2006年に発表された時、その計画は、SF古典の「デューン/砂の惑星」から出てきたもののように感じられた。その惑星最大の化石燃料の埋蔵の上のアブダビの砂漠の中に、世界最大の炭素中立で廃棄物ゼロの町が立ち上がるだろう。しかし、それは直接砂から立ち上がるわけではない。すべてのその建物は、高架式プラットフォームの上に立つだろう。下では、市民たちは自動運転のポッドでブンブン走り回り、上では、砂漠の風を冷却することによって掃除されうるような方法へと向けられた日陰の狭い道のような主に賢い都市計画によって、焦がすような気温にもかかわらず、彼らは快適に感じるだろう。

6年以上後には、その未来はそれほど幻想的ではなく見える。英国の建築家ノーマン・フォスターの管轄下で設計されたマスダールのほとんどは、土台の上には立たない。自動運転ポッドの模型は博物館に居場所を見つけるかもしれないが、そのポッド自身はメニューから外されたのだ。伝統的な車か、せいぜい電気自動車が、代わりに道をさまよう。さまようための道がある時には、そういうことだ。その都市は2016年までに完成するよう想定されていたが、その日付は2020-25年に延ばされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

The Economist を購読