Financial Times

炭素捕獲は開発のために熟した機会だ - エネルギーと環境技術

1月
07

その過程は機能するが、公的な動機づけはほとんどない

数年前、温室効果ガスの管理に反対する合衆国のテレビで放映される広告は、次の言葉で結ばれた。「二酸化炭素。彼らはそれを汚染と呼ぶ。我々はそれを生命と呼ぶ。」

その広告は、なぜ誰かがCO2に懸念を持っているかもしれないのかの理由のその皮肉な困惑のために、環境運動家たちによってあざ笑われた。だが、それは、気候変動の脅威を解決するもっとも見通しのあるやり方の一つであるようにいま見えるものを指し示す。二酸化炭素を解決されるべき問題ではなく、利用すべき機会としてみるのだ。

もし世界が大気中の温室効果ガスの長期的な上限を持っているのならば、燃焼する化石燃料からの排出を捕らえ貯蔵することは重要なことのように見える。

石油、ガス、そして石炭は世界のエネルギーの約80%を供給し、いかに今後数十年間でそれが必要不可欠ではあり続けないようにするかを見極めるのは難しい。

しかしながら、彼らの温室効果ガス排出の管理を管理するのは、極度に難しい。1時間当たりのメガワットの電気ごとの排出をほぼ半分にした石炭から天然ガスへの発電方法の交替は合衆国でいくらかの印象的な影響があったが、どれだけ進歩ができるかについては制限がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

電機ごみ分別への答えを追い求める会社 - 電化製品の環境問題

1月
07

その問題を分別する経済的価値がある

カタリン・ウィクラーにちょうど起こったことだが、EMCが電機ごみの廃棄をいかに改善するかを考えた時、その情報技術グループの持続可能性最高責任者は、偶像破壊者についての本を読んでいた。彼女にとって、確立した因習を破壊するその考えは、その会社がその問題にいかに接近すべきか彼女が考えていることと完全に合っていた。

これが、マサチューセッツのEMCが、環境防衛基金(EDF)と開放革新会社のイノセンティヴとともに働くオンラインのエコ=チャレンジを始めると決めた理由の一部だ。

「経験と認識の多様性は、革新を生み出す助けになる。」ウィンクラー女史は語る。「そして私は、他の産業の革新者に手を伸ばすことができるという考えをつかんだ。」

そのエコ=チャレンジを通して、EMCは責任を果たすことができるよう使用済み電機部品とサブシステムの発送の後を追う制度を見つけたいと思っていた。

ウィンクラー女史は語る。「電機ごみは社会的、経済的、そして環境的問題だ。それは最後には埋め立てゴミ処理場か発展途上世界に行き、その原料を抽出した非公式経済の人々を傷つける。」

「そして、そこに固定された真の経済的価値がある。だから、これをまとめて解決することには意味がある。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新鮮な目がジレンマを解決するかもしれない - 環境技術の革新

1月
07

企業とNGOは専門的な助けを見つけるためにネットワークの力を利用する

セミナーやネットワークイヴェントに参加するのと同様に、今週のサンフランシスコでのグリーンビルドエキスポへの訪問者は、フランスの建築素材グループ、サンゴバンからの重役が10分間の売り込みの強さに基づいて3つの良い考えを選ぶ間の「スピード・デーティング」セッションを見ることができた。

その会社が「アウトヴェーション」と呼ばれるやり方の一部であるそのセッションは、環境技術を見つけるために使われている多くの開放的革新方法の一つだ。

「まったく単純に、新鮮な目は答えを提案する。」合衆国の環境グループである環境防衛基金(EDF)で法人提携計画を指揮するグウェン・ルタは語る。

去年、EDFは、事業での環境革新の速度を上げるためにオンライン開放革新会社のイノセンティヴとの提携を始めた。ルタ女史は語る。「もし内部で行っている手に負えない環境問題があるのならば、それを外に開くことによってもしかしたらより進歩できるかもしれない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

技能のシェアは成功の見込みを強める - 環境での協力

1月
07

合同計画は利益をもたらす

大学と非営利組織は、共通目標を達成するために長い間環境技術での協力の利益を説明してきたが、企業間計画の拡大はそれほど広がっていない。

インドの情報技術コンサルタント、インフォシスの取締役共同会長クリス・ゴパラクリシュナンは語る。「会社はお互い教育し、資金供給し、供給網の拡大を助け、その目標に向かった計画を後押しすることができる。」

「協力と様々な産業にわたっての民間部門からの技能、革新と資源の共有を通して、環境技術の開発はより速く成長する。どんな新製品も、そうして新しい収益の流れになりうる。」

しかし、2つかそれ以上の会社が環境技術計画に彼らの運命を一緒に投げると決める時、プライヴァシー、知的財産権、そして商業的実現可能性への妥協についての懸念はすべて取り組まれなければならない。

しかしながら、英国のエネルギー会社SSEが西ヨークシャーでのフェリーブリッジ発電所での炭素捕獲計画で証明したように、これらの問題は克服でき、そしてされている。

去年の遅くに始められたその計画は、5メガワットの石炭火力発電所から排出される1日当たり100トンの二酸化炭素を捕獲するためにはじめられた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

北京は再生可能エネルギーを増加する一押しを始めている - 中国の環境対応

1月
06

より多くの動力源を開発することが戦略目標だ

デンマークの酵素メーカー、ノヴォザイムスがトウモロコシの穂軸から化学品を作る提携相手を探したとき、それは中国から来た。

そしてドイツの太陽光パネルメーカーQセルズが、薄型フィルム太陽光パネルの記録を破った技術を持つ子会社を売ろうとした時、それは中国で買い手を見つけた。

その世界最大のエネルギー消費者は、一定の国の支援とほとんど並ぶもののない新技術への商業的熱狂で、環境エネルギー技術のメッカのように見える。過去10年間の政策のおかげで世界最大の石炭消費国になっているその国は、今では世界最大の太陽光パネル、風力発電機、そして電池の生産者だ。

2015年までに、北京は中国の発電能力の30%を非化石燃料からのものにすることを目指している、と先月発行された政府白書は言う。輸入エネルギー源への依存を減らし、炭素排出を減らすのにも貢献するので、中国では環境技術は賞賛される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

最高のことは小さな包みで来るだろう - リサイクル

1月
06

原料の削減、改善、再利用は作り手と買い手に利益を供給する

来春、合衆国の買い物客はトリガーノズル付の3種洗浄液分配機を買うことができる。それは3つの液体を切り替えるねじれ機構を持っており、一方で詰め替え可能のハンドルには使うときにそれらを薄めるための水が入っている。

顧客は、グラス、キッチン、バスルーム、家具、そして絨毯のためのカートリッジから3つの洗浄剤を選ぶことができる。

「この試作では、最初の問題はそれが使うのが難しかったりうまく動かなかったりするかもしれないという疑念を克服することだった。」そのスマートツイストを作るウィスコンシンのSCジョンソンの、最高持続可能性責任者ケリー・M・セムラウは語る。「しかし、最後には、人々はそれを返品したいとは思わなかった。」

その放送をより持続可能にするというジョンソンの努力と調和して、スマートツイストは1本の26ozトリガーボトルよりも64%少ないプラスティックしか使っておらず、個別カートリッジはその非濃縮型の同等物よりも80%軽い。

SCジョンソンはまた、プレッジ、ショウト、ウィンデックスといった製品の濃縮詰め替え袋を発売しようとした時、消費者の懐疑にも合わせた。その袋はうまく注げるよう設計されていたが、人々はそれを信じなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

きれいな考えのために頭を集めろ - 環境技術インキュベーター

1月
06

革新を駆動するために力を合わせる部門

モドレットと呼ばれる装置を電源につないだ後で、家やオフィスにいる人々は、ウェブを通して遠隔操作で使っていない電化製品の管理をして無駄なエネルギーを削減することができる。モデレットを開発したシンクエコは、環境技術事業の発展に捧げられた増加するインキュベーターの一つであるNYCエーカーの壁の中からそうした。

NYCエーカー(ニューヨーク市環境再生可能経済推進者)のポートフォリオの中の新興企業にとって、強く注目しているのは、都市環境の中でエネルギー使用を解決する技術開発だ。「我々は大規模に革新を駆り立てるのを助けたいと思っており、ニューヨークはその100万件の建物で巨大市場だ。」運営部長のミカー・コッチは語る。

しかしながら、環境技術インキュベーターが市場の力をよりきれいな経済を駆り立てるために使うことを狙っている一方で、炭素排出、水消費、そして廃棄物といった問題を解決する方法の開発は、それが広範囲の部門や組織からの入力を必要とするという点で情報技術やバイオテックの革新を育てることと違っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

会社を組み合わせることは、廃棄物なしの世界への動きだ - セメント産業の環境技術

1月
05

ひとつの産業のくずはほかのものの原料だ

石灰岩を熱するのには超高温が必要なので、セメントは大きな炭素排出を伴う製品だ。しかしながら、セメント生産で会社がより多くの産業廃棄物と再生可能エネルギーを使い始めるにつれて、その部門が(一つの産業のくずがほかのものの原料にする)「産業共益関係」の主導者になりうり、廃棄物ゼロ世界への進歩を加速する、と信じる者もいる。

従来からセメントの約90%を構成する燃えがら〈クリンカー〉を生産することは、その製品のもっともエネルギー集約的な部分だ。これは、幾分かは、石灰岩をクリンカーに変えるのには1,500度にもなる温度が必要で、それは大量の燃料を燃やす必要があることを意味するからだ。セメントの炭素排出を減らす重要な一歩は、セメント工場のエネルギー効率を上げ、炉の代替燃料を見つけることだ。

しかしながら、排出の2番目の潜在的な素は、炭化カルシウムが石灰岩から抽出される間の化学変換過程そのものであり、大量の二酸化炭素を発生させる。

「化学的見地からは、その過程は燃料を燃やすことに加えてCO2を発生させる。」持続可能な開発のための世界ビジネス評議会(WBCSD)のセメント持続可能性計画の元部長で顧問のハワード・クリーは説明する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

目標達成のためにより強い政治的意思が必要とされる - 環境技術と政治的意思

1月
05

世界の環境問題を反転させるつもりならば、政府、事業、そしてNGOは協力しなければならない

合衆国国民と機関がハリケーンサンデーの後の破壊によって損害を受けた社会資本の再建に乗り出すにつれて、将来の嵐に対してどのように守るのが最善なのかという議論が浮かび上がるのは疑いないだろう。しかし、電力、交通、そしてほかの制度の改良がその答えの一部である一方で、片づけもまた政策立案者が気候の回復力を打ち立てる中で環境技術の役割を考えるのを刺激するかもしれない。

サンデーに対する気候変動の責任の程度ははっきりしない。気候要素の集中は、地球温暖化がなくても、そのような嵐を作り出し得た。しかし、海水面の上昇は、特に海岸地域で、嵐の影響を増加させるだろう。

世界の気候傾向の変化のより強い傾向があらわれるにつれ、温室効果ガス排出の削減によって気候変動を妨げる役に立つだけでなく、気候温暖化と極端な天候事件の影響をも最小化する、環境技術への投資をこれが駆動するだろうと、多くが望んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

真実の土地への旅 - シャンパン

1月
04

栽培生産者は特に豊かな風味を提供する

RM(レコルタン・マニピュラン)をラベルに記載するワインである栽培者のシャンパンは、全シャンパン市場の小さな部分しか占めておらず、輸出の7%以下だ。シャンパーニュの15,000の生産者が原産地表示できるブドウ畑の90%を所有しているにもかかわらず、多くが輸出を支配している主要な醸造業者に単にブドウを供給しているだけだ。ほんの少しだけが自分のワインを作って売っている。

結果として、ほとんどの醸造シャンパンは、その地域にわたって広がる多くの異なった生育地からの複数のブドウのブレンドである。しかし、栽培生産者はある特定の村とその周りで土地を持つ傾向にあり、彼らのワインはそれらが育った土壌と、よりはっきりと定義されたつながりを持っている。栽培者のシャンパンは、その地の本当の土地から出てきたワインなのだ。

最高のそのようなワインは、興味をそそられ、ほとんどの国際的なブランドのような味ではない。それらはしばしばより明白ではっきりとした風味、より低い服用量水準をもち、そしてしばしばそれを飲まない時よりもよく食事に作用する。それらは、つまり、ほとんどの消費者のシャンパンの経験の外にあり、興奮する例はその原産地中で生産されているのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Financial Times を購読