Time

強い男 - ルワンダ/ポール・カガメ

10月
05

ルワンダの戦いなれた大統領ポール・カガメは西側の攻撃にさらされている。彼は戦いの準備ができている

アフリカの真ん中に位置するルワンダで、キガリはその真ん中に位置し、そしてその町を二等分する木製の棟には一層の政府合同庁舎があり、そこでほぼ毎日ほとんどの時間、大統領のポール・カガメが机に向かっている。しかし、地理と勤労だけがカガメをアフリカでかつてないほどの中心的な人物にしているわけではない。1994年に世界が躊躇した時にジェノサイドからその国を救った反乱軍司令官は、それ以来大統領としてルワンダを素晴らしい再生に導いている。過去10年間で、ルワンダの経済成長は平均8.2%で、国家予算における援助の割合は85%から41%に下がっており、幼児死亡率は半分になっており、小学校への入学は3倍になっている。その記録は彼を突然成長と機会が爆発している新しいアフリカの化身にしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジェットグリーン - 新エネルギー

10月
03

飛行機会社が安く大量にあるバイオ燃料を必要とするので、その産業に規模拡大を強いている

8月のワシントンでの会議で、合衆国を含んだ17の国々は、2020年までに炭素中立的な成長を成し遂げるという航空産業の目標を再確認した。それは、飛行機旅行で炭素排出の問題を解決する今までのところもっとも野心的な努力だった。その目標に合わせるためには、エネルギー効率的な飛行機だけでは十分ではない。その産業はジェット機のためのバイオ燃料の新しくて安い素をより多く必要とするだろう。

ユナイテッド航空は、ヒューストンからシカゴに向かうコンチネンタルの運航するボーイング737-800で、バイオ燃料を使った最初の商業飛行を始めた11月に、その関与を示した。「一つの会社は年間に40億ガロンを超えるジェット燃料を使っているので、我々は指導的な消費者で、バイオ燃料市場を離陸させることに興味がある。ユナイテッドの持続可能性部門長ジミー・サマーティスは語る。「もし彼らがそれを生産できれば、我々はそれを使うことができる。それに価格競争力がある限りは。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

変化の種 - 事業のための考え

10月
03

いかに小さな革新が農産物保険を貧しい農民の手に届くところに置いたか

北エチオピアの岩が散らばった高地のティグレ地方は、革新的な金融製品を見つけることが期待できるような場所のタイプではない。そこの住民はほとんどが、絶え間ない旱魃の結果として貧しくて不作に脆弱な農民だ。それがまさに、貧しい国々が気候変動に対処するよう助けることができる新種の保険の試験地域として、その地域が選ばれた理由だ。

その考えは単純だ。旱魃が襲った後に農民を助けるのに食糧援助に頼る代わりに、援助機関は災害が襲う前に彼らのために農産物保険に契約することができる。雨が降らなかったとき、農民たちは次の種まきに必要な資産に手を突っ込むことなしに食料を買うための農産物保険支払いを使うことができる。「それは、所得とは関係なくできる。」その計画を調整しているオックスファム・アメリカの気候変動部長デヴィッド・ワスコウは語る。「さもなければ、あなたは崖から落ちてしまう。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ハイ、もっと多くのソリンドラ - 新エネルギー

10月
01

その太陽光会社は失敗したが、それに投資するという決定は、正しいものだった

合衆国では、ソリンドラ「スキャンダル」は、共和党の環境政府投資に対する議論の中心だが、それは今も過去もスキャンダルではなかった。その悪名高い太陽光パネルメーカーも一部であった連邦のクリーンエネルギー融資計画は、危険の高いヴェンチャーに資金を出すために設計され、ソリンドラはほどほどのリスクだった。巨大な民間支援と産業を変える機会を持った革新的な製造業者だ。しかし、その産業は、それ自身が最初に変わった。シリコン価格は上がり、ソリンドラの利点は消え、その会社は破産した。よくあることだ。ブッシュ、オバマ両政権は、その計画の最初の融資への143の申請者からソリンドラを選び、調査人はそれが起こるようにした政治的介入の証拠は何も見つけられなかった。そう、ホワイトハウスの高官は、その5,35億ドルの破産について聞いた時、電子メールに「うえっ!」と書いたのだ。彼女は何と書くべきだったのか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

持続可能性 - 合衆国農業

9月
25

旱魃が合衆国農産物をしおれさせている。スーパーシーズはその日を救うことができるのか?

すべての農民は、彼らが時折の乾季に耐えなければならないことを知っているが、アメリカの中西部で今夏に起こっていることは、実際的に聖書の中の世界だ。7月の終わりまでに、合衆国の60%以上が何らかの形の旱魃を経験している。それはこの50年以上で最も多い。トウモロコシの収穫は、少なくとも16%下がり、農民がほこりっぽい畑に直面するにつれ、価格は記録的な高さに上がった。すべての中で最も恐ろしいのは、最後には180億ドルもの費用がかかりうる2012年の旱魃が、より暑く乾燥した未来に何が来るかのただの一口かもしれないということだ。

農家と農産物会社は、厳しい旱魃に対処する方法を見つけようと苦労している。気候を変えることは、依然として手の届かないところにあるが、水をより効率的に使うことができ、旱魃時でも育つ作物を育てる方法があったらどうだろう?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来に帰る - 非同盟運動

9月
25

非同盟運動は時代錯誤的に見えるかもしれない。そうではない理由がある

今年の初めに、私の家族と私は、高齢の門番が近づいてきたとき、メキシコ市人類博物館で恐ろしいアステカのフリーズを見つめていた。彼は、我々がどこから来たのか知りたかった。「インドだ」我々は言った。すぐに、彼の唇は笑みで歪んだ。インドは導いた、と彼は解説した。それは社会主義の過去を持ち、帝国主義に持ちこたえ、反植民地運動の望みを提供した。私の初歩のスペイン語では残りについていけなかったが、彼は初代インド首相のジャワハルラール・ネルーの名前を言うとき、胸をたたいた。ネルーの娘で首相でもある、インディラ・ガンジーは「私の母親」のようだ、と彼は言った。

我々は非常に驚かされているが。彼の感情はそれほど驚くべきことではない。最近のほとんどのメキシコ人がガンジーをその母親だと参照するのを想像するのは難しい一方で、その門番のインドへの愛情は異常ではなかった。実に、そのような夢見るようなまなざしの団結はかつて北の国々の外に住んでいた前の世代の全世界観を形作った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

政府にはもったいない - 新エネルギー

9月
24

二人の官僚が制度と戦い、費用を払った

クレア・ブロイド・ジョンソンは、連邦機関の中間管理職で見ることは期待できない民間部門のやり手の部類に入った。ハーヴァードとハーヴァード・ビジネス・スクールを卒業した後で、主要銀行やほかの会社のためのエネルギー取引を組み立て、彼女は道を切り開く太陽光会社サンエジソンの設立を助けた。しかし、2009年に、オバマ大統領の希望のある変化を求めたレトリックに感銘を受けて、彼女はエネルギー局に参加した。耐候化と政府間計画事務所(OWIP)が動かなくなった2010年に、彼女はそれを除細動するために選任された。

公務員を解雇することはほとんど不可能なので、ブッシュ政権のエネルギー役人は、OWIPに融通の利かない男たちを蓄積し、トルコ農場と呼ばれたものをつぶすかその3億ドルの予算を削減することによって、彼らを全部取り除くことを望んだ。しかし、オバマの刺激法は、OWIPに、低所得の家の耐候化やほかのエネルギー効率化計画のために、その機関が扱うことのできなかった肝がつぶれるような金額である113億ドルを与えた。その結果は麻痺だった。カリフォルニアは住民の電気とお金を節約するために月に2,500軒を耐候化するよう想定していた。2009年にそれは12軒を終えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きな考えの男 - ポール・ライアンの政府観

9月
17

いかにしてある小説家、ある経済学者、ある大統領、そしてある聖人がポール・ライアンの政府についての見方を形作る助けをしたか

ポール・ライアンはアメリカでもっとも有名な予算オタクかもしれない。しかし、彼は数をかみ砕く人以上のものだ。ライアンの予算数学は、彼の多くの知的アイドルからの政治的そして経済的理論から引き出されている。ミット・ロムニーがポール・ライアンと同じくらい保守運動の大きな考えを愛するということはありうるが、彼は確かに彼の副大統領候補の趣を持ったすでに亡き作家や経済学者の名前をチェックしていないだろう。ロムニーよりも「彼は一層行動保守で、より保守運動の産物だ。」と、保守的なヘリテージ財団の総裁エドウィン・フュルナーは語る。

ライアンは、彼のキリスト教の価値の理想を保持する一方で、政府の大きさと範囲を削減し、権利付与を徹底見直しし、アメリカ人をワシントン依存から一般的に引き離して、少なくとも政府を変えることを望んでいる。ここに、ライアンが実践に移したいと思っている大きな考えを持った人々の何人かがいる。
 

作家:アイン・ランド

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ポール・ライアンのグランドヴィジョン

9月
09

共和党の副大統領候補は豊かな人のための計画を持っているかもしれないが、そうでない人はどうなるのだろう?

共和党員と民主党員は大統領になるための仕事に取り組むのに違った方法でやる傾向にある。ジョン・ケネディ以来、民主党は、ビル・クリントン、バラク・オバマ、そして私が思うにはジミー・カーターも、といった、派手な若い男に弱点を持っている。彼らはその候補者を高齢の政治家によってバランスを取る。リンドン・ジョンソン、ジョー・バイデン、ウォルター・モンデールだ。(アル・ゴアは若かったが昔からやっていた。)共和党は逆をやる。ブッシュ=チェイニーは例外だが、彼らは高齢の政治家を大統領候補に選び、精力的で若く、そしてしばしばイデオロギー的なタイプをNo,2に選ぶ。ドワイト・アイゼンハワーが副大統領候補に選んだ時、リチャード・ニクソンは熟した39歳で、ダン・クエールは41、サラ・ペイリンは44、そして今42歳のポール・ライアンは伝統的な共和党副大統領の完全な絵だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼の脇にいる女性:ジェナ・ライアン

9月
09

時折、副大統領候補のソウルメイトはスポットライトのただ外側に漂いうる。しかし、おそらく、43歳の弁護士でロビイストが主婦になり、次のセカンドレディになるかもしれない興味深いジェナ・クリスティン・ライアンは違うだろう。

オクラホマ州マディルの裕福で政治的コネを持った家庭に生まれた小さなジェナは、ウェルズレーをスペイン語の学位で優等で卒業した。次に、彼女はワシントンのジョージ・ワシントン大学の法学部へ向かった。

オクラホマでの家族の深い民主党とのつながりを抱きしめて(彼女の叔父は元上院議員のデヴィッド・ボーレンで、いとこのダン・ボーレンは今議員だ。)、ジェナ・ライアンは議会での南中部民主党のための記者に登録した。そこから、彼女は、OpenSeacret.orgによれば、ブルークロス/ブルーシールドからコノコ・インクまでの顧客を代表するロビーイングに転じた。ジェナはプライスウォーターハウスクーパーズで働いている間に、共通の友人が彼女を当時1期目の議員でキャピトルヒルのもっとも適格な独身者だったライアンに紹介した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Time を購読