ツイートするかしないか

ソーシャル・メディア・サイトは大流行だ。しかし経済に対する付加価値はなんだろう?

経済は苦しんでいるかもしれない。しかし一つの分野は成長している:ソーシャルメディアだ。それはFacebookで始まり、5年前にはほとんど存 在しなかったくらくらするような一連の会社によって拡大した:Twitter, LinkedIn, Groupon, Yammer, Yelp, Flicker, Ning, Digg-そしてリストは続く。それらの会社はほとんど非公開だが、ウォールストリートや投資家から熱烈な関心を受けた。Facebookは750億ドル の価値があるとされ、Grouponは250億ドルに近い評価をされている。

それらの会社が創業者や投資家を豊かにしているかということに関しては疑いはほとんどないだろう。しかし彼らは経済活動全体に対して何か付加したの だろうか?ソーシャルメディアでの仕事は増えている一方で、それは去年の春の数字でわずか21000に過ぎず、1億5千万のアメリカの労働市場のほんのわ ずかである。では、ソーシャルメディアは生産性を上げたり、富の偏在を克服する助けになったりしたのだろうか?それとも彼らは単に社会的―娯楽として楽し ませるだけで、国民経済の面では差し引きゼロなのだろうか?

その答えは大変重要だ。なぜなら何十億ドルものお金がそれらの事業に投資され、もし私たちが生産的な将来の経済を持つつもりならば、それらの資本は 経済のパイを広げる必要がある-それは単にシリコンヴァレーやウォールストリートのエリートの間だけであってはならない。アメリカは革新の能力において競 争力を保っている。しかしもしその革新が職・成長・繁栄に結びつかないサーヴィスを生み出すのならば、それは私たちにとって大して重要ではない。

問題は、それらのツールがとても新しいので、正確にその質問に答えるのはとても難しいことである。私はこのコラムを書こうとしていたとき、空港でこ んな短い会話が携帯電話で交わされるのを漏れ聞いた。“その会社じゃソーシャルメディアを使っているといっていたが、それがどんな効果があるのか誰も知ら ない。”約20年前に戻って、最初のインターネットの波に対して同じ質問が発せられていたのがよみがえった。NetscapeとWebはわれわれの経済を 強くしたのだろうか、それとも仕事中にESPN.comをチェックする時間が増えただけなのだろうか?公式統計はその利益を把握するようには作られておら ず、連邦準備銀行の統計専門家たちがAlan Greenspanにせきたてられるまで、生産性をはかる方法は洗練されていなかった。それらのいくぶん論争的な革新の結果として、1990年代の後半は 潜在的な技術主導成長の時期になった。

こんにち、同じギャップが生じている可能性はある。ソーシャルメディアは実は新しい産業や仕事の基礎となっているが、まだ統計には引っかかってこな いということだ。多くの会社は、ソーシャルメディアは彼らをより競争的にすると信じている。例えば、FordとZapposは商品の宣伝と苦情処理に Twitterを使っている。多くの会社は社員のために内部でFacebookのページとYammerのアカウントを持って組織や地域を越えての情報伝達 に使っている。技術者、医者、人事専門家などの産業グループでは同じことをして、時たまの会議のかわりに継続的な場として新しい考えや解決策を分け合って いる。人材会社は特にソーシャルメディアに熱心だ:Manpowerの上級役員はソーシャルメディアは今の時代の電話だと考えるべきだと語っている。しか しそれらは軽薄な、そしてあらゆる非経済的な活動(友達とチャットしたり、時間つぶししたり)に使われている。しかしそれらはもっと効率よく情報交換する ようにも使うことができる。

一つの大きな疑問はその利益のどれだけの割合が、消費者と企業の関係で経済的に把握されるかということである。確かにソーシャルメディアは人々に価 格や品質を比べることができるようにし、どの会社が働くのに良く、どこに仕事があるか調べることができるようにする。それらはまた、教育や考えの分かち合 いを増やす。ただし、それらのツールを使う人たちは高い教育と技術に費やすことのできる収入を持っており、現代の世界では彼らの多くの地位はひどくは壊さ れない。最近のPew Foundationの調査では、3万ドル以下の収入の大人のわずか45%だけしか、コンテンツが豊富にあるソーシャルメディアを効果的に使うのに必要な ブロードバンドに接続していない。

そしてそれは障害だ。いまどきの多くのことのように、ソーシャルメディアは経済の分岐点の役割をしている。利益はある数字として確かめることが難し いとはしても、活動的な会社はこれらのツールから利益を得ている。多くの個人も、LinkedInで仕事を見つけたり、Grouponで掘り出し物を見つ けたりして利益を得ている。しかし今では、皮肉なことに、ソーシャルメディアはそれを持っていない人を導くことを難しくすることによって社会の分裂を広げ ている。それらは、仕事を持つ人々がより効率的に仕事をできるようにし、設けている会社がよりも受けることができるようにする。しかし今までのところそれ らは取り残された人にはほとんど助けを出さない。それらは、平たく言えば、例によってビジネスなのである。

発行日: 
2011-04-11
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加