大西洋貿易 - 大西洋横断自由貿易協定

なぜアメリカとヨーロッパは自由貿易協定を必要とし、それを得るのに失敗するかもしれないのか?

長く続いた大西洋をまたいだ牛肉戦争の銃声は収まった。去年、EUは(ホルモン処理されていない限りは)アメリカの牛肉輸入の割り当てを倍以上にし、アメリカはロックフォールチーズの輸入への懲罰関税を外した。アメリカは、狂牛病の拡大を防ぐために1997年に課された牛肉輸入の禁止を間もなく緩和してしかるべきだ。11月にEUは肉を乳酸で除染するというアメリカのやり方を受け入れた。アメリカの牛肉脂肪についての最後の小論争は、(化粧品のためではなく)バイオ燃料のための獣脂の輸入を許すという計画を通して間もなく解決されるだろう。

何十年にもわたる貿易紛争と訴訟の後で、その停戦は野心的な大西洋横断自由貿易協定への雰囲気をきれいにするつもりだ。EUの高官は「大西洋横断統一財市場に近づく何か」を作り出すことを話す。それほど大きくない協定でさえも、大西洋の両側で苦労する経済を再活性化する助けになりうる。それはまた、アメリカとヨーロッパが急速の勃興する中国に直面して国際的貿易ルールを決める役に立ちうる。

大企業は協定を求めている。労働組合と環境主義者はもはやそれほど底への競争について心配していない。ずっと保護主義的だったフランスとイタリアは話に乗っている。だがしかし、特にアメリカの側に真の心配がある。交渉の開始を推薦することを期待されるハイレヴェルからの報告は遅れている。たぶん、いくらかは、バラク・オバマ大統領がヨーロッパから譲歩を搾り取ろうとしており、またはヨーロッパ人が心配するのは彼がより環太平洋の協定に注意しているか、彼が2期目の政権を立ち上げるのに忙しいか、彼が例えば2月12日の一般教書演説のような発表の正しい時を待っているか?

アメリカの高官は、彼らがどんな交渉も異常なほど野心的で異常なほど速くなることを保証したいと思っていると語る。その協定は、今後2年間を意味する「ガスのタンク一つの上で」なされなければならない、と彼らは語る。

アメリカとEUは、世界のGDPの約半分と貿易の1/3を占めて、世界最大でもっとも豊かな貿易関係を構成している。彼らはお互いの経済にとって最大の投資家である。しかし、このとても近いことが前進をより難しくしている。簡単な協定はほとんどなされており、残っているのは複雑なものだ。関税は低い(農産品ではより高いが、平均して3%以下)が、非関税障壁はたくさんある。多くが消費者、公衆衛生、環境、または国家安全保障に関係する。政府はふつうそのような問題に妥協するために選ばれていない。

ひとつのヨーロッパの狙いは、理由の一つとして連邦政府が州に外国人へ開放された入札を強いることができないということがあり、ヨーロッパよりも保護されている、アメリカの政府調達市場を開くことだ。他には、産出の大部分を占めているが輸出に置いては比較的少ししか占めていないサーヴィスでの制限をほぐすことだ。ヨーロッパの飛行機会社はアメリカの飛行機会社を買収したりアメリカの都市間で乗客を運んだりできない。似たような制限は、1920年のジョーンズ法の下で、沿岸海運にも適用される。しかし、サーヴィスのヨーロッパ市場も分断化されたままだ。大西洋横断協定は更なる統合を促進しうる。他の困難には、フランス語の音声映像製品を守るための「文化的例外」へのフランスの主張と、パルメザンチーズからフランスのワインまで、すべてのものへのたくさんの「地理的表示」の尊重をアメリカが守るということへのEUの望みがある。

何人かの高官にとって、最大の報償と最も困難な問題は、より大きな「規制の収斂」、すなわち両側が共通のルール、または少なくともお互いが相手のものを受け入れることができるのに十分なほど近い規制に向かって動くことだろう。もし、例えば製薬会社が二組の安全試験のために新薬を提出する必要がなければ、大きな利益があるだろう。EUは、何十年にもわたって、しばしばとげとげしく、超国家機関に頼ることにより、世界標準を追い求めようとしている。しかし大西洋をまたぐと、規制者間での継続的な対話はほとんど結実していない。大西洋横断経済評議会は、政治的圧力を増すために2007年に作られた。過去のルールを再設計しようとするよりもむしろ、注意は電気自動車やナノ技術のような新技術に移っている。そうだとしても、電気自動車についての1年間の交渉の後で、あるアメリカの絶望した高官は、「我々はプラグについて共通の標準を持っている。」と嘆いた。

どんな貿易協定も、ありうるトレードオフを最大化するために広がっていなければならない。そしてそれは、小さいが議論のある農業問題を解決することが避けられない。アメリカの議会指導者たちは、ヨーロッパの高官がそれを殺す最高の方法はアメリカがホルモン処理された肉や遺伝子組み換え作物といった「フランケンフーズ」への消費者の恐れを無視することだろうと言い返す、農業を除外した協定は支持しないだろう。答えの一部ははっきりとした表示をし、消費者が買いたいものを選ぶようにすることだ。
 

失敗が選択肢だ

つまり、指導者は貿易協定がほしいというかもしれないが、依然としてそれに到達できないということだ。それは、両側にとって大きな失われた機会だろう。ヨーロッパ人はより熱心だが、その手は弱い。彼らの経済は。ユーロ危機のためだけではなく、悪い形をしている。地政学的意味で、EUは、大きな貿易協定が、軸足をアジアに移している時でさえも、オバマ氏に古い西側の提携を続ける良い理由を与えることを望んでいる。

そしてまた、新しく、口には出されない目的がある。EUそれ自身を固めることだ。今英国は2017年にその加盟についての国民投票を行うことを話しているので、アメリカとの成功した協定は英国人にEUを通しての集合的交渉が1か国よりも良いことを示しうる。オバマ氏はそれを認識していないかもしれないが、多くのヨーロッパ人は彼の一般教書演説に乗ることを望んでいる。西側の分かち合われた繁栄、自由貿易ルールの運命、太平洋横断同盟の健康、そしてEUのその加盟国のいくつかへの適切性さえも。

Charlemagne欄より
 

発行日: 
2013-02-02
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加