三つの間違いが正解を作る - がんを放射性バクテリアで治療する

腫瘍を殺す驚くべき新方法

すい臓がんは恐ろしい病気だ。先進国でさえも、それを診断された人の5年後の生存率は約5%だ。アメリカでは、それは、女性のがんで、肺がん、乳がんに続いて3番目に多いがんの死因で、男性では、肺がん、前立腺がん、大腸がんに続いて4番目だ。落胆させることに、それは4半世紀以上にわたって治療がほとんど進歩していない。

すい臓がんがそれほどにも命とりである理由は、それが素早く体中に広がるためだ。この二次がんの体中への広がりは、他の組織を傷つけ、止めるのが不可能だとわかっている。しかし、ニューヨークのアルベルト・アインシュタイン医学校のクラウディア・グレーヴカンプに率いられた研究者グループは、それを変える興味ある考えを持っている。米国科学アカデミー紀要に掲載した論文で彼らが書くように、彼らは人々に放射性バクテリアに感染させることによって、そうすることを計画している。

グレーヴカンプ博士は、腫瘍のできたマウスでほかの目的のために彼女が使い、数日間で免疫制度によりその体のほとんどからいなくなった、(特にリステリアの修正された形態である)弱められたバクテリアが、がんの中に残っていたことを発見した後に、その考えを思いついた。これは、がん細胞がその活動範囲で免疫制度の活動を抑えるよう進化する能力のおかげだ。その能力なしには、がんは自分たちが免疫制度からの致死的な攻撃にさらされているとわかるだろう。

グレーヴカンプ博士とその同僚は、それ故に、それらのバクテリアが腫瘍に狙いを定めた抗がん物質を届けるのに使えるかもしれないと考えた。最初に、彼らは薬を使うことを考えた。しかし、放射線学者でその論文の著者の一人でもあるエカテリーナ・ダダチョワの助言で、彼らは最後にはレニウムの放射性同位元素をそのバクテリアにくっつけることを選んだ。

放射性レニウムは、伝統的な放射線治療で一般的に使われている。グレーヴカンプ博士は、そのバクテリアががんの周りにくっついているので、それらが放射線治療の最大の問題を解決する新しい方法を提供するだろう。それは、腫瘍自身を激しく攻撃し、一方健康な組織の周りに当たる放射線の量を最小化することだ。

そしてそれが、多かれ少なかれ、起こったことだ。そのバクテリアは、放射線の荷重にほとんど不平を言わず寛大だった。すい臓がんを持ったマウスでは、それらを使った連続の治療がだいたい90%の体中に広がった腫瘍を殺し、もともとの腫瘍も著しくへこました。確かに、その技術の狙いは完璧ではなかった。その動物の肝臓や腎臓は、特に、高い放射線を受けた。実際には、腫瘍によって耐えられたものよりも高かったのだ。ダダチョワ博士は、これは、免疫制度がリステリアを殺すにつれて、バクテリアの放射性の死骸は分解再利用のために肝臓に運ばれ、一方、使えないものは排泄のために人造に集められたためだと考える。

幸運なことに、肝臓と腎臓の受け取った高い放射線量は、それらを大きく傷つけたようには見えないので、これは問題ではないかもしれない。対照的に、腫瘍は致命的に苦しんだ。その不均衡は、たぶん放射線が殺すやり方のためだろう。その主要な効果はDNA分子を壊すことだ。細胞がそのDNAを修復する能力を、これらの破壊が十分に超えれば、それが死ぬ原因となる。細胞分裂が早ければ、それはこの種の損害により敏感で、がんはどの細胞の塊よりも早く分裂しそれは管理できない。

その研究者たちが見抜くことができた限りでは、彼らの提案した治療はほとんど副作用を起こさない。他の文脈での医療試験で、実験的に非放射性のリステリアに感染された人々は、ほんの穏やかで束の間の症状を報告しただけだった。弱めていない暗闇の輝き版のそのバクテリアに感染させたダダチョワ博士のマウスも、同じように煩わされなかったようだ。

もちろん、マウスでの有効性は人での有効性と同じわけではない。一つの難癖は、それぞれの異なる治療を受けたマウスの数が(たった5体と)少ないということだが、その研究者たちは、彼らが観察した効果の強さは、そのようなサンプルサイズについての心配を克服するのには十分だと論ずる。

グレーヴカンプ博士とその同僚は、いま、マウスの治療を改善しようとしており、人々で試験をするスポンサーを求めている。もしそれがうまく行けば、三つの負の要素(感染性バクテリア、放射性同位元素、そしてたちの悪いがん)は一緒になって正の結果を生み出すだろう。伝統的な数学をものともしない医学的な代数のかけらだ。
 

発行日: 
2013-04-27
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加