未来へのフラック - ヨーロッパの非在来型ガス

ヨーロッパのシェールガスとオイルと抽出することはゆっくりで難しい仕事だろう

シェールガスとオイルは、アメリカをエネルギー自給に進ませ、その経済を手際よく押し上げる。ヨーロッパのシェールガス埋蔵は、大西洋をまたいだところにほぼ匹敵すると言われる。旧大陸はすぐに同じ利益を享受するのだろうか?

ヨーロッパのシェールガスへの望みと現実との不適合は、ウクライナでシェルが非在来型ガスを調べることをできるようにした1月24日に締結された契約にきちんと要約された。ウクライナの政治家は100億ドルの投資だと話した。シェルはより慎重な線を取る。その会社は確かにウクライナ東部でたくさんのガスを見つけたいと思っている。しかし、それは最初に地震テストをし、15本の試掘をする。その結果が失望するものだったら、ポーランドでエクソンモービルがしたように、それは立ち去るだろう。

ヨーロッパの頁岩層が本当にアメリカほど豊富だと証明されるかを言うのはまだ早い。ほんのわずかな試掘しか行われていない。エクソンは探査が最も進んでいたポーランドを諦めるかもしれないが、ほかの会社はより楽しんでいる。どの国が安いガスの富鉱帯を持っているかもしれないか決めるのは、かなり投機的だ、とドイツバンクの最近の報告は指摘する。抽出技術や生産率といった多くのことは流動的だ。

あてずっぽうへの継ぎ足しは、特に西ヨーロッパでは地上でのたくさんの問題だ。最近試掘の猶予を解除した英国を例外として、過程はゆったりだ。フランスはなだめられないほどシェールガスに反対している。フランスの環境主義者は、化学品、砂、そして高圧の水を使って岩層からガスを取り出す技術である「フラッキング」を特に嫌っている。フランス大統領のフランソワ・オランドは、彼の前任者によって課されたフラッキングの禁止を彼の全任期の5年間続けるだろうと約束した。

オランダとルクセンブルグもまた、シェールガスの採掘を保留している。ドイツで同じことをする試みは、12月に議会で否決された。しかし、その国でシェールガスの見通しが最も高いノルトラインヴェストファーレンは、去年9月に関わるリスクの調査を保留してフラッキングを差し止めた。オーストリアでは、環境規制に従う費用がシェールガスを非経済的にしている。

更に東では、チェコ共和国が最近モラトリアムを導入し、ブルガリアがそれを実行中で、ルーマニアだけが最近それを解除したが、公的不承認はそれほど厳しくない。シェールガスは職と収入の約束を提供する。さらに重要なのは、それがロシアからのガス輸入に大きく依存しているのを緩和しうることだ。実は、その国はシェルとウクライナの契約が調印されるとすぐに不承認のサインを出し、エネルギーのいじめっ子としてのその評判を宣伝した。ロシアはその隣国に契約上払わなければならないと言って、未使用のガスに70億ドルの請求書を送った。

石油会社は、簡単に乗れ、契約が最もおいしいところに人や設備を送り、それがなぜヨーロッパで採掘が少ないかを説明する。1,200本近くがアメリカのシェール岩層に走り出している。ポーランドではその数はたったの半ダースだ。しかし、たとえ歓迎のじゅうたんが今広げられていても、ヨーロッパがアメリカに追いつくことができるようになるには長くかかるだろう。シェールガスが商業ベースに乗る量あるかどうかの調査に5年、生産が始まるまでにもう5年、そして供給に影響を与えるほどの量になるまでさらにもう数年かかるかもしれない。つまり、長い間フラッキングするのだ。
 

発行日: 
2013-02-02
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加