大学の挑戦

 

ぜい肉を落とし、集中し、技術を採用する:アメリカの大学はよりビジネスライクになる必要がある
 
バラク・オバマは12月5日に困惑させる人々をホワイトハウスに招待した。大学の学長たちだ。何がこれらの奇妙な生物たちにしたのだろうか?彼らは最高責任者なのか、それとも労働者の指導者なのか?産業化以前のギルドのかしらなのか、アメリカで最も成功した産業の一つなのか?文明の守護者なのか、情け容赦のない法外な中抜き屋なのか。
 
彼らがなんであるにしても、彼らは政治的爆発の中心にいる。大学の費用への怒りは上流の親たちから劣った占拠者たちまで広がっている。オバマ氏は、それに横から殴られないように、怒りに水路を開こうとしている。ホワイトハウスの招待状は、費用が過去30年で3倍になったと不平を言う。教育大臣のアーン・ダンカンは、「より高い緊急性で」費用について解決するよう大学を急き立てている。
 
緊急の感覚は正当化される。卒業生は1兆ドルに近づく債務を抱えている。しかし、落ち着いた反応も必要とされている。アメリカの大学は費用以外に多くの病気にかかっている。そして費用を上げることは、しばしばより深い問題の症状だ。問題は豊かな時期にもイライラさせてきたが、耐乏の時期には悪質で破壊的だ。
 
最初の問題は「ノー」と言えないことだ。何十年もの間、アメリカの大学はすべてについて多くを提供してきた。学部生により多くのコースを、教授により多くの研究生を、そしてみんなにより多くの岩の壁をだ。それらすべてに支払うには常により多くの金が必要だろうというのはわくわくさせるような仮定だ。アメリカの大学の大部分は、学問の階層をあがっていくことに取りつかれており、なるべく田舎の大学ではなく、イェールのようになりたいと思っている。
 
アイヴィーリーグへの羨望は研究への執念につながる。これは最高の大学ですらも問題になりうる。学生は、虫眼鏡でのぞいた知識の最先端に沿って這いまわることに固着した教授に騙されたと感じる。低いレヴェルでの大学では、これは機能不全の原因となる。アメリカの文学教授は、1959年には年に13,757冊の学術論文を読んでいたのが、今では7万冊読む。その多くは単に朽ちるのだ。
 
エモリー大学のマーク・バウアーレインは、かなり典型的な組織であるヴァーモント大学の文学部が2004年に発表した16の調査論文のうち11本が0から2の引用しか受けていないと指摘する。決して読まれない記事を書くために費やされた時間は教えることには使うことができない。「学問の漂流」の中で、リチャード・アラムとジョシパ・ロクサは、1/3以上のアメリカの学生が4年間の大学生活の後で批判的な考えや分析的論法について何の改善も示さないと論ずる。
 
大学の費用についての一般的な怒りは、技術が大学をその基盤から揺るがしているのと同じように燃え上っている。インターネットがルールを変えている。スター教員は、わずかな人数を選ぶよりもむしろオンラインで何百万にも教えることができる。試験や成績は自動化できる。そして利益のためには、フェニックス大学のような会社は、インターネットの完全利用とともに人気のある少数のコースに集中することによって費用を削減している。スローン財団は、2010年に入学者の数は教育部門全体で2%しか伸びなかったのに対してオンライン入学は10%伸びたと報告する。
 
多くの大学の最初の本能は、ハッチを閉じてこの嵐が過ぎ去るのを待つことだろう。しかし嵐は過ぎ去らない。高等教育産業は厳しい選択に直面している。素早く変化する世界に適応するか、価値のないものという未来に直面するか、だ。教職員の経歴構造をしおれさせるよりも、それを考え直す方が確かに良い。(4年制の大学で終身の職を持っている教授の割合は1997年の50%から10年後には39%に下がった。)そして、敵対的な政治家によって破産管理下に置かれるよりも、自分自身を改革した方が良いことも確かだ。
 
これを認識し始めている大学の数は増えている。彼らは、学界での英知の始まりは、ビジネス一般のように、何をしないのかを選ぶことだ。彼らはそのアイヴィーリーグへの羨望から回復途中にある。彼らはまた、民間部門の組織との関係に向かっている。そしてカウフマン財団のように、ますます多くの財団が、改革と刷新の福音を広げるために全力を尽くしている。
 
 
 
学びの席
 
ソルトレイクシティのウエスタン・ガヴァナーズ大学(WGU)は、危機がやってくるのを見た19の州知事によって1996年に設立された。費用を絞るために、それはその教育をすべてオンラインで行っている。それはまた、伝統的な大学では組み込まれているたくさんのことを分離する。教授は彼らが何を学生に知ってほしいかを決め、彼らがそれを学んだかどうかを見るためのテストを作る。しかし、彼らは教育素材を独立した出版社から買い、学生に教えるために「メンター」を雇う。WGUの学長がホワイトハウスに招かれた9人の学長のうちの一人だったことは注目すべきだ。
 
BYU-アイダホは、学部生を教えることに集中するのが進むべき道だと決めた。それは、運動競技やPhDプログラムのような高価な外殻を取り除き、1年間のコースを導入した。コーネル大学は、その多くが社会人である1万人の学生をオンラインで毎年教えている。南ニューハンプシャー大学は学生が就学期間中に家に簡単に住むことができるように5つのサテライトカレッジを持っている。南カリフォルニア大学のロシャー教育校は、民間企業の2torと連携し、45の州と13の国からの学生のためにコースを設計している。
 
ほぼ100年前、アメリカの大学は、費用の増加と一般社会からの分離という似たような心配に直面した。ハーヴァードの学長のローレンス・ローウェルは、「組織はめったに殺されることはない。それは自殺によって終わりを迎えるのだ…。それは長生きしすぎてその有用性を失うか、世界がしてほしいと思っている仕事ができなくて死ぬのだ。」と論じた。アメリカの大学は、素早く「世界がしてほしい仕事」をし始め、高等教育での1世紀にわたるアメリカの優越を始めたのだ。彼らは、もしその世紀が失敗のもとに終わらないのならば、その芸当をもう一度する必要がある。
 
 
発行日: 
2011-12-10
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加