地位が上昇しそうだ - アフリカの革新

ケニアの技術新興市場シーンは離陸するところだ

ケニアの首都への訪問者は、マタトゥと呼ばれる殺人ミニバスにより、しばしば怖がらされる。彼らはくぼみの周りをそれ、滅多に方向指示灯を出さず、土壇場になったときしか不確かなブレーキを使わない。彼らはそれ故に、ヴィデオゲームの理想的な主題で、それがナイロビの新興企業のプラネット・ラックスが去年「Ma3Racer」を発表した理由だ。それぞれのプレーヤーは携帯電話を使って道を走るマタトゥを操縦する。その(現実的でない)目標は、歩行者を避けることだ。1ヶ月以内に、169の国々の25万人の人々がそのゲームをダウンロードした。

プラネット・ラックスは、過去数年間にナイロビで立ち上がった多数の新興企業の一つだ。彼らは、コーヒーとサファリでよく知られた国であるケニアの静かなるテクブームの一部だ。2002年にケニアの技術関連サーヴィスの輸出は取るに足らない1,600万ドルだった。2010年には、それは3.6億ドルに爆発した。その推進者にとって、ナイロビは「シリコン・サヴァンナ」だ。

しかしながら、それはそのシリコンの姉妹たちと一つの重要な点で違っている。はじめから、そのテク企業は彼らの製品をコンピューターのためというよりもむしろ携帯電話のために設計している。ケニアは依然として貧しい国だ。その国民のほとんどがラップトップを持っていない。しかし、100人のケニア人に74台の携帯電話があり、アフリカの平均の65よりもかなり上だ。そして、ケニアでは99%近くのインターネットの講読は携帯電話でされている。

投資家は積み重なっている。技術専門家のための作業場であるナイラブが2011年にナイロビのンゴング・ロードで開業した。道を下ると、今年の初めに開業したシードファンドとインキュベーターの88mphがある。似たような組織のイノヴェーション4アフリカが場所を分け合っている。サヴァンナ・ファンドとグロウスハブという別の二つが5月に営業開始した。ケニア最大の銀行エクイティ・バンクは行動の一片を欲している。それもまた、今年の終わりまでに「革新センター」を開く。これらの基金のほとんどは、携帯技術に焦点を当てている。携帯電話事業者の世界的組織GSMAは、同じくンゴング・ロードにアフリカ事務所を開くところだ。
 

あなたの考えのための1シリング

インキュベーターは新興企業に助言と安い作業場を与え、代わりに株を得る。ナイロビでは、選ぶのにたくさんの才能がいる。6月25日に若い男女のチームが、基金を探す新興企業のための年次コンテストであるピヴォット・イーストで投資家パネルに彼らの考えを投げた。

三つの要素が、ナイロビがアフリカの技術ハブになるのに役立っている。一つ目は協力的な政府だ。2005年にビタンジェ・ンデモが情報通信技術(ICT)省の常任理事に任命された時、ケニアは技術的によどんでいた。インターネットへのアクセスは、衛星通信を通してのみ利用でき、財布を吸い尽くすように高価だった。2009年にンデモ氏は、ケニアの沿岸への4本の海中インターネットケーブルの一つ目をもたらした。価格は急落し、バンド幅は激増した。その国のだいたい4,000万の人々のうち1,200万を少し下回る人々が今インターネットを使っており、その数は2009年以来3倍になった。

二番目に、電話会社のサファリコムによって運営される携帯支払制度であるM-PESAが立ち上げられた2007年以来、ケニアは革命を経験している。ピヴォット・イーストの多くの新興企業は、それを彼らの基盤として使っている。一つのチームは機関と両親が次のそして前の預金の情報を知らせ続けるのを助けることによって、そのサーヴィスを通して学費の支払いを合理化する。ケニアの人気のある非公式貯蓄集団の電子版を提供した。M-PESAはまた、ほかのものに霊感を与えている。5月に、グーグルはナイロビの地元バスを使う通勤者のための前払いカードであるベバを立ち上げた。内部者は、これがより大きな現金を使わない支払制度のための試験運用だと語る。

三つ目に、2010年以来、ナイロビは地元の技術屋が一緒にやり考えを交換するiハブと呼ばれる場所を持っている。iハブは、コンサルティング部門、調査局、そしてm:labと呼ばれる携帯アプリを開発する新興企業を支援する孵化場所を含むよう拡大している。iハブを立ち上げたエリック・ハースマンは、サヴァンナ・ファンドの提携者でもある。

投資家だけがナイロビの新興企業に資金を入れる人々ではない。その町は、シリングを支払うことに熱心な援助機関、開発基金、そして外国NGOsで満ちている。多くの若い起業家にとって、見た目上無料の資金が、ヴェンチャー・キャピタリストへの会社の株をあきらめなければならなくしている。しかし、贈与からの現金は、しばしば抽象的な「目標」という形で、ひも付きでやってくる。

ピヴォット・イーストでは、ハイテクを擁護する政府機関であるケニアのICT委員会の委員長ポール・ククボが、聴衆により多くのリスクを取るよう嘆願した。「もしわれわれがその部門を贈与依存にし続ければ、我々は起業家を止める。」彼は語った。インキュベーターは、新興企業が彼らの提供した連絡先と訓練の公正な価格として株を明け渡すよう望んでいる。

ナイロビはそれからバンガロールやテルアヴィヴといった新興技術ハブと競うのだろうか?一度にではない、とケニアのグーグルの社長ジョー・ムチェルは語る。ナイロビは二つの注目に値する革新を輸出している。(ロンドンで人生を始めた)M-PESAと、災害中のクラウドソーシングのための非営利プラットフォームであるウシャヒディだ。しかし、ほとんどのケニアの技術会社は地元の問題の解決法とともにやってくる。ピヴォット・イーストでのチームの一つは、自分の鶏を見回るのに時間を費やす養鶏農家に、テキストメッセージの警告で彼らのひなについて知らせ続けるのを助けるサーヴィスを打ち立てている。「我々は核心部分を最初に解決する必要があり、それから新しいことを発明できる。」ムチェル氏は語る。

しかし、これは最終的にはケニアの成功の鍵かもしれない。「我々は機会にもなりうるとても多くの問題を抱えている。」ンデモ氏は語る。テキストメッセージの費用で農家に市場価格への接続を与えグループでものの売買ができるようにするサーヴィスのM-Farmは、いくらかの支持者と賞を勝ち得ている。それは、ケニアがほかの貧しい国に輸出できる種類のことだ。「あなたは世界のどこからでも携帯アプリを作り出すことができる。」GSMAのクリス・ロックは、フィンランドの現象であるアングリーバーズの成功を引用して語る。怒れるマタトゥ運転手は次になりうる。
 

発行日: 
2012-08-25
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加