頑固なしつこさ - 都会のコヨーテ

コヨーテは静かに都市部アメリカを征服している

木を切りまわす雪に覆われた小道の上に、飼い犬によってつけられたように見える足跡のきちんとした線がついている。しかし、マックス・マクグラウ野生動物財団の研究科学者ハイジ・ガルべは、それらが特殊な犬によってつけられたものだということができる。コヨーテだ。どの家で飼われているペットと比べても、その足跡はもっと卵型で、線形に連なっている。

約2,000頭のコヨーテがシカゴとその郊外に生活していると計算され、その動物はその国の多くの他の建てこんだ部分でも成長していそうだ。かつては合衆国の南西部に限られていたそれは、20世紀の間にその大陸中に広がり、より最近には、ロサンゼルス、ボストン、そしてニューヨークすらも、といった大都市部に入り込んでいる。2010年に、特に勇猛な標本が、マンハッタンの先端地のトライベッカの駐車場で捕まった。

シカゴでは、クック郡コヨーテ計画が、いかにその種が大都市を征服しているかを理解しようとしている。その答えの一部は、コヨーテが、賢く、とても適応力があり、速く子供を産むということだ。彼らは日和見主義的に食べ、ウサギ、野鼠、カナダグース、果物、昆虫、そして家庭用ペットを好んで食べる。彼らはまた、かつては狼によって占められていた最上位捕食者の座を持占めているかもしれない。

その計画の科学者はまた、いかにその都会の動物がその田舎の親類と違っているかも調査しようとしている。例えば、都会っ子はより小さな縄張りしか持たず、高い密度で生活し、田舎の親類よりも長生きする。そのような発見は、コヨーテがアメリカの端に取りすがっているよりもむしろ、たぶんそこの町で繁栄していることを示唆する。

田舎部アメリカでは、いくらかはそれが家畜を攻撃するために、強く嫌われたままで、しばしば狩られたり罠にかけられたりする。対照的に、都市部アメリカは、動物に対してかなりの愛情を発展させている。2月のカリフォルニアのモドック郡での狩猟コンテストは、当局への何千もの不平を惹きつけた(いずれにしてもそれは進んだ)。

コヨーテはめったに人を襲わない。1960-2006年の間に、北アメリカ中でたった159件しかかみつかれたという報告はない。対照的に、2012年にシカゴを含むクック郡だけで飼い犬による噛みつきは5,000件報告されている。にもかかわらず、2009年にノバスコシアを散策中の若い女性がコヨーテに殺された。科学者には理由がわからない。一つの示唆は、東部アメリカで見つかるその動物は、より頻繁に群で狩りをしより大きな獲物をとることのできるコヨーテと狼の雑種だということだ。

アメリカの町でのコヨーテの成功のカギは、それが事実上目に入らず、最近の発情期の間にその動物が目に入ることは、ニュースになるのに十分なほど普通ではないことだということだ。これは事故ではない。その動物を見る人々は、コヨーテが野生にいる時よりも町に住んでいるときの方が夜行性であり、それは疑いもなくその都市部アメリカの一部の静かなる征服を助けている。

ほとんどの人々は、近くにコヨーテが住んでいるとは実際には知らず、ある個体が問題になった時にのみ持ち上がる。たぶん、家庭ごみへの好みを発展させた時や猫を育てた時に。かつては「平原の幽霊」として知られたコヨーテは、ますます「町の幽霊」として知られるようになっている。しかし、彼らが影にこだわる限りは、彼らの将来は安全なようだ。
 

発行日: 
2013-03-09
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加