一から始める - 都市の夢のような情景

未来の都市を建設することは、費用がかかり難しい

マスダール・シティを建設する計画が2006年に発表された時、その計画は、SF古典の「デューン/砂の惑星」から出てきたもののように感じられた。その惑星最大の化石燃料の埋蔵の上のアブダビの砂漠の中に、世界最大の炭素中立で廃棄物ゼロの町が立ち上がるだろう。しかし、それは直接砂から立ち上がるわけではない。すべてのその建物は、高架式プラットフォームの上に立つだろう。下では、市民たちは自動運転のポッドでブンブン走り回り、上では、砂漠の風を冷却することによって掃除されうるような方法へと向けられた日陰の狭い道のような主に賢い都市計画によって、焦がすような気温にもかかわらず、彼らは快適に感じるだろう。

6年以上後には、その未来はそれほど幻想的ではなく見える。英国の建築家ノーマン・フォスターの管轄下で設計されたマスダールのほとんどは、土台の上には立たない。自動運転ポッドの模型は博物館に居場所を見つけるかもしれないが、そのポッド自身はメニューから外されたのだ。伝統的な車か、せいぜい電気自動車が、代わりに道をさまよう。さまようための道がある時には、そういうことだ。その都市は2016年までに完成するよう想定されていたが、その日付は2020-25年に延ばされている。

他の、より宣伝された「一からのスマート」都市も、同じようにほとんど成功の兆しを見せていない。ソウルのそばのソンドは、特にヴィデオ会議システムのような備え付けの電機ハードウェアを詰め込んだフラットや事務所を自慢するが、人々ではない。そこに引っ越したいと思う人はほとんどいないのだ。ポルトガルのプランITヴァレーは、洗練されたセンサーを詰め込んだ素晴らしいものになると約束する。しかし、2009年から議題に上っているが、建設はまだ始まっていない。

金融危機がポルトガルの問題にたくさん関わり、アブダビのものもそうだ。アブダビの豊富な資金を持った開発会社ムバダラがマスダールを立ち上げた時には、資金は問題ではなかった。「建設しろ、そうすれば彼らはやって来る。」がスローガンだった。危機後の現実主義が社長に殺到したことが、その町を運営する会社を「少し減速させ、計画を見直すこと」につながった、とその社長のスルタン・アハメド・アル=ジャベールは語る。

全てが失われたわけではない。マスダールはもともと、環境技術の「生きた研究所」だと褒めちぎられていた。いま、その教訓の中には、いかに少ししかそうしないようにするか、と言うものがある。そして、その都市のすぐ外では、研究者たちがいかにして太陽エネルギーを直接冷却に使えるか、どの太陽光パネルが砂漠に最も合っているかについて研究している。

ホワイトプランITヴァレーは停滞しており、その技術のいくつかはロンドンのグリニッジ半島で使われるだろう。そしていつか、たぶん、誰かがソンドに散らかっているハードウェアを人々がそこに住みたいと思うように利用する方法を見つけるだろう。
 

発行日: 
2013-09-07
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加