地球規模の野望vs環境の懸念 - フランスの都市計画

計画されたローランギャロスの拡大についてのけんか

全仏オープンの決勝進出者が6月8日と9日にそのクレーコートで対戦するとき、彼らはローランギャロス競技場の時代の終わりを目撃するかもしれない。そのグランドスラム大会を組織するフランステニス連盟(FFT)は、その場所を拡大することができるかどうかの裁判所裁定を待っている。しかし、その計画は大きな現地のけんかを巻き起こし、金持ちの現地の人々、環境活動家、職業スポーツ家、そしてパリを世界的な町にしたいと思っている人々の敵対する念願を露出している。

他のグランドスラムの会場は、すでに更新している。メルボルンとウィンブルドンは、それぞれセンターコートに開閉可能の屋根を持っている。全米オープンは、フラッシング・メドウズに巨大なアーサー・アッシュ競技場を持っている。その首都の地味な16区の縁にあるローランギャロスは、パリの入り口で魅力を放っているが、狭苦しい場所にある。1928年に建てられたそのセンターコートは、屋根がない。ラファエル・ナダルが勝った去年の決勝は、雨のために2日にわたって行われた。

全仏オープンの地位を世界最高の大会の一つとして保つことを心配して、FFTはしばらくより良い建物を探っている。前回の拡張計画は拒絶された。連盟は、当時首都の外に動かすという無理な提案を裁定された。2011年に最初にパリ市役所によって承認され、それから今年の3月に裁判所によって拒絶された現在の計画は、ローランギャロスの場所を50%拡大して12.8ヘクタールにし、植物園の隣に新しいコートと既存のセンターコートの上に開閉可能な屋根をつけるものだった。もし承認されれば、建設作業は来年はじまり、大会の度に建設をやめ、2018年に完成するはずだった。それは3.4億ユーロ(4.44億ドル)かかるだろう。

立腹した現地住民団体は、交通、混雑、そして雑音の悪化を恐れている。彼らは、その首都の緑地の一つであるブローニュの森の端に居座っている、歴史的な場所への「更なるコンクリート」の見通しを嘆いている。彼らは、1898年の温室を持ったその植物園が、「スポーツ事業の新たな殿堂」によって「破壊される」だろうという。パリの社会主義者市長ベルトラン・ドラノエはその計画を支持しているが、その首都の影響力のある環境主義者たちは、裁判所がその計画を妨害した時、喜んだ。

FFTは、その歴史的な温室が、その庭園のほとんどのように、触れられないだろうと繰り返す。オリンピック誘致でロンドンに負けたことで心を痛めたドラノエ氏は、パリをスポーツの地図上に保つことに熱心だ。高官たちはその首都がフランスの素晴らしさのショーケースであり続けることの必要を強調することによって、より広い公的支援を勝ち取りたいと思っている。「この国でうまく行っていることはそれほど多くない。」全仏オープンの理事ジルベール・イセーンは、歪んだ笑みを浮かべて言う。「そして、この大会は我が国の積極的なイメージを世界に送る。」
 

発行日: 
2013-06-08
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加